WM_HELP メッセージ

ユーザーが F1 キーを押したことを示します。 F1 キーを押したときにメニューがアクティブな場合は、メニューに関連付けられているウィンドウに WM_HELP が送信されます。それ以外の場合は、 キーボード フォーカスがあるウィンドウにWM_HELPが送信されます。 キーボード フォーカスを持つウィンドウがない場合、 WM_HELP は現在アクティブなウィンドウに送信されます。

パラメーター

wParam

ゼロを指定してください。

lphi

ヘルプが要求されるメニュー項目、コントロール、ダイアログ ボックス、またはウィンドウに関する情報を含む HELPINFO 構造体のアドレス。

戻り値

TRUE を返 します

注釈

DefWindowProc 関数は子ウィンドウの親ウィンドウまたは最上位ウィンドウの所有者にWM_HELPを渡します。

要件

要件
サポートされている最小のクライアント
Windows XP [デスクトップ アプリのみ]
サポートされている最小のサーバー
Windows 2000 Server [デスクトップ アプリのみ]
ヘッダー
Winuser.h