Share via


複数の言語に共通する Factoid

多くの factoid は、すべての言語認識エンジンに共通の入力を記述しており、言語ごとに異なる形式を持つ必要はありません。 次の表に、すべての言語に共通する factoid の一覧を示します。

ファクトイド 定義
Digit 1 桁のバイアスを設定します。 認識エンジンは、この factoid が設定されている場合、1 桁の数字のみを返すように偏ります。
0-9
電子メール メール アドレスのバイアスを設定します。
someone@example.com
Web さまざまな URL 形式のバイアスを設定します。
注: 認識エンジンの既定の設定には、Web factoid が含まれます。 このため、Web factoid と既定の設定の間に大きな違いがあることに気付かない場合があります。 ただし、 Web factoid は、URL 内の単語間のスペースをなくすのに役立ちます。
http://microsoft.net
https://microsoft.us/
https://www.microsoft.au
https://microsoft.com
www.microsoft_world.com
www.microsoft.us
http://www.microsoft.com/myfile.htm
http://www.microsoft.com/myfile.html
http://www.microsoft.com/myfile.asp
http://www.microsoft.uk
http://www.microsoft.info
www.microsoft.biz
既定値 認識エンジンを既定の設定に戻します。
西洋言語の factoid の既定の設定には、システム辞書、ユーザー辞書、さまざまな句読点、Web および数値の factoid が含まれます。
東アジア言語の factoid の既定の設定には、認識エンジンでサポートされているすべての文字が含まれます。
なし すべての factoid、辞書、言語モデルを無効にします。
この factoid は、認識エンジンでシステム辞書を含む文法規則または辞書を使用しない場合にのみ使用する必要があります。 この factoid は、製品コードなどのランダムな文字列の入力に役立ちます。 この factoid では、Coerce フラグを使用しないでください。