通話コントロールとメディア コントロールについて

TAPI 3 の呼び出しとメディア コントロールは、2 つ以上のコンピューター間で呼び出しを行う COM オブジェクト、インターフェイス、およびメソッドの汎用セットです。 TAPI 3 のコンテキストでは、 通話 とは、公衆交換電話網 (PSTN) 経由の音声送信だけでなく、サービス プロバイダーが存在するメディアおよびトランスポート メカニズム (企業イントラネットで実行されているマルチメディア マルチキャスト会議など) を指します。

TAPI 3 呼び出しおよびメディア制御アーキテクチャの 5 つの主要なオブジェクトは、 TAPIAddressTerminalCallCallHub です。 さらに、 プロバイダー固有のインターフェイスに対してプロビジョニングが行われました。

次の図は、これらのオブジェクトの相互作用を示しています。

interactions among tapi 3.0 call and media control objects

機能

  • 呼び出しとメディアの両方の機能を抽象化して、異なる通信プロトコルと一見互換性のない通信プロトコルが共通のインターフェイスをアプリケーションに公開できるようにします。
  • コンポーネント オブジェクト モデル (COM) に基づいて、ほぼすべての言語でアプリケーションを記述できます。 COM に関する追加情報が必要な場合は、プラットフォーム ソフトウェア開発キット (SDK) を参照してください。
  • テレフォニー サービス プロバイダー (TSP) によって提供される通話制御。トランスポート固有のメカニズムを実装します。
  • Media Service プロバイダー (MSP) によって提供されるメディア コントロール。 現在の MSP では、DirectShowが使用されます。 DirectShowは、フィルターグラフと呼ばれる構成に配置された、フィルターと呼ばれるプラグ可能なコンポーネントのモジュラー システムです。 フィルター グラフ マネージャーは、これらのフィルターの接続を監視し、ストリームのデータ フローを制御します。 DirectShowに関する追加情報が必要な場合は、Platform SDK を参照してください。