メディア サービス プロバイダー インターフェイス (MSPI)

Media Service Provider Interface (MSPI) は、通信セッション中に TAPI 3 アプリケーションがメディア トランスポートを制御できるように、MSP によって実装される一連のインターフェイスとメソッドです。 MSP は、これらのコントロールを適用するために必要なデバイス固有およびプロトコル固有のメカニズムを処理し、MSPI で提供されるメソッドを使用して、ペアの TSP またはアプリケーションと通信します。

次のセクション ( メディア サービス プロバイダー インターフェイス (MSPI) リファレンス) では、Microsoft テレフォニー環境と対話するために MSP が公開するインターフェイスについて詳しく説明します。

さらに、MSP は、メディア制御をさらに支援するために、プロバイダー固有のプライベート インターフェイスとメソッドを公開する場合があります。 たとえば、 IP Conference MSP では、参加者制御を提供するインターフェイスが公開されます。 IPConf のリファレンス リストについては、プライベート オブジェクトの動作方法と IPConf MSP インターフェイスの詳細については、プロバイダー固有のインターフェイスを参照してください。

MSP を作成する際のプログラミング作業の大部分は、特定のプラットフォーム、デバイス、トランスポート プロトコルに非常に固有であり、このドキュメントの範囲外です。 ただし、Microsoft は一連の MSP 基本クラスを提供しています。これは、ほとんどの MSP 作成者に役立ちます。 これらのクラスの使用については、 TAPI 3 MSP 基本クラス を参照してください。

ITMSPAddress インターフェイスは、TAPI DLL へのメディア サービス プロバイダーを表します。 このインターフェイスは、エンドユーザー アプリケーションによって使用されたり、公開されたりしません。 TAPI 3 DLL は、メイン MSP オブジェクトを作成するために、このインターフェイスで CoCreateInstance を呼び出します。 このオブジェクトのメソッドを使用すると、アプリケーションは MSP を読み込んでアンロードし、TSP から情報を受信し、呼び出しオブジェクトで公開される ITStreamControl インターフェイスを作成できます。

ITSubStreamControl インターフェイスと ITSubStream インターフェイスは、サブストリームに関して並列メソッドを提供します。 サブストリームのサポートは省略可能です。 その他のすべてのインターフェイスは、MSP によって実装する必要があります。

Note

TSP/MSP ペアによって実装される操作は、ユーザーがシステムを再起動せずにサービス プロバイダーを更新できるように、1 つの DLL に配置する必要があります。