タスク スケジューラ 2.0 列挙型

タスク スケジューラ 2.0 API で使用される定数を定義する列挙型について説明します。

タスク スケジューラ 2.0 では、次の列挙型が導入されています。

列挙 説明
TASK_ACTION_TYPE タスクで実行できるアクションの種類を定義します。
TASK_COMPATIBILITY タスク スケジューラまたはタスクが互換性のある AT コマンドのバージョンを定義します。
TASK_CREATION タスク スケジューラ サービスがタスクを作成、更新、または無効にする方法を定義します。
TASK_ENUM_FLAGS タスク スケジューラが登録済みタスクを列挙する方法を定義します。
TASK_INSTANCES_POLICY タスクの新しいインスタンスを開始するときに、タスク スケジューラがタスクの既存のインスタンスを処理する方法を定義します。
TASK_LOGONの種類 タスクを実行するために必要なログオン手法を定義します。
TASK_PROCESSTOKENSID_TYPE タスクで使用できるプロセス SID の種類を定義します。
TASK_RUN_FLAGS タスクの実行方法を定義します。
TASK_RUNLEVEL_TYPE タスクを実行する特権レベルを指定する LUA 昇格フラグを定義します。
TASK_SESSION_STATE_CHANGE_TYPE 開始するタスクをトリガーするために使用できるターミナル サーバー セッション状態の変更の種類を定義します。
TASK_STATE 登録済みタスクに含めることができるさまざまな状態を定義します。
TASK_TRIGGER_TYPE2 タスクで使用できるトリガーの種類を定義します。

 

タスク スケジューラ

タスク スケジューラ リファレンス