IMsRdpClientAdvancedSettings::D oubleClickDetect プロパティ

クライアントがサーバーのダブルクリックを識別するかどうかを指定します。

このプロパティは読み取り/書き込み可能です。

構文

HRESULT put_DoubleClickDetect(
  [in]  LONG doubleClickDetect
);

HRESULT get_DoubleClickDetect(
  [out] LONG *pdoubleClickDetect
);

プロパティ値

機能を無効にするにはこのパラメーターを 0 に設定し、機能を有効にするには 0 以外の値を設定します。

エラー コード

成功した場合 はS_OK を返します。

注釈

リモート デスクトップ Web 接続の詳細については、「 リモート デスクトップ Web 接続の要件」を参照してください。

要件

要件
サポートされている最小のクライアント
Windows Vista
サポートされている最小のサーバー
Windows Server 2008
タイプ ライブラリ
MsTscAx.dll
[DLL]
MsTscAx.dll
IID
IID_IMsRdpClientAdvancedSettingsは 3c65b4ab-12b3-465b-acd4-b8dad3bff9e2 と定義されます

こちらもご覧ください

IMsRdpClientAdvancedSettings2

IMsRdpClientAdvancedSettings3

IMsRdpClientAdvancedSettings4

IMsRdpClientAdvancedSettings5

IMsRdpClientAdvancedSettings6

IMsRdpClientAdvancedSettings7

IMsRdpClientAdvancedSettings8

IMsRdpClientAdvancedSettings