コンポーネントの種類

コンポーネントは、型によって表されるデータの並べ替えを示します。

現時点では、コンポーネントの種類 ( VSS_COMPONENT_TYPEを参照) は次に制限されています。

  • データベース コンポーネント
  • ファイル グループ

コンポーネントの種類の設定に関する実装情報については、「 ライターによるコンポーネントの定義」を参照してください。

ライターには、使用法を示すデータ型指定があります ( VSS_SOURCE_TYPEを参照)。

  • トランザクション データベース (SQL サーバーなど)
  • 非トランザクション データベース (スプレッドシート クライアントなど)
  • ファイル グループ (その他)

コンポーネントの種類をデータベースとして指定すると、コンテンツの識別が容易になり、ログ ファイルとデータ ファイルの個別の処理が可能になります (詳細については、 IVssCreateWriterMetadataIVssExamineWriterMetadata を参照してください)、再帰的なファイルの選択を許可しないか 、代替パス を使用してファイルの選択をより厳密にします ( IVssCreateWriterMetadata::AddDatabaseFilesIVssCreateWriterMetadata::AddDatabaseLogFiles を参照)。

一方、ファイル グループ コンポーネントでは、含まれるデータがわからない代わりに、再帰的な指定と代替パスを使用できるため、ファイルの挿入方法に関する自由度が高くなります。

コンポーネントの種類は今後追加される可能性があります。