WIA 2.0 アイテム カテゴリ GUID

Windowsイメージ取得 (WIA) 2.0 項目は、IWiaItem2 の処理方法または使用方法を定義するカテゴリにグループ化されます。 たとえば、アイテムがフィーダーを表す場合、アプリケーションでは、必要なドキュメント フィーダープロパティが含まれていることを想定し、ドキュメント フィーダーのように動作する必要があります。 項目が完成したファイルを表す場合、WIA 2.0 アプリケーションは、データが静的であり、デバイス上にあると仮定して、そのように処理する必要があります。 (各項目のルールは、個々の仕様ドキュメントで定義されます)。各カテゴリには GUID 型定数があります。

常時 説明
WIA_CATEGORY_AUTO
自動構成スキャンをサポートする WIA 2.0 スキャナー デバイスの自動構成設定を表す項目。
WIA_CATEGORY_FEEDER
プログラミング可能なデータ ソースであり、ドキュメント フィーダーをサポートするために必要な標準のルールとプロパティ セットに従うフィーダー項目。
WIA_CATEGORY_FEEDER_BACK
双方向基本フィーダー項目の背面データ ソースを記述するプログラミング可能なデータ ソース。
WIA_CATEGORY_FEEDER_FRONT
双方向基本フィーダー項目の前面データ ソースを記述するプログラミング可能なデータ ソース。
WIA_CATEGORY_FILM
プログラム可能なデータ ソースであり、フィルム スキャン ユニットをサポートするために必要な標準ルールとプロパティ セットに従うフィルムアイテム。
WIA_CATEGORY_FINISHED_FILE
プログラム可能なデータ ソースではない項目、完成したファイル形式でデータを提供する項目、または完成したファイル形式の項目を含むフォルダーアイテム。
WIA_CATEGORY_FLATBED
プログラム可能なデータ ソースであり、フラットベッド プラテン スキャンをサポートするために必要な標準のルールとプロパティ セットに従うフラットベッド項目。
WIA_CATEGORY_FOLDER
他のフォルダー項目または完成したファイルまたはその両方を含むフォルダー ストレージ項目 (プログラム可能なデータ ソースではありません)。
WIA_CATEGORY_ROOT
デバイスのルート項目。

要件

要件
サポートされている最小のクライアント
Windows Vista [デスクトップ アプリのみ]
サポートされている最小のサーバー
Windows Server 2008 [デスクトップ アプリのみ]
Header
Wiadef.h