IWiaItem2 インターフェイス

IWiaItem2 インターフェイスは、IWiaItem インターフェイスと同じ機能 (デバイスにクエリを実行して機能を検出し、データ転送インターフェイスと項目のプロパティにアクセスし、デバイスを制御する機能) をアプリケーションに提供します。 また、Windows Vista で提供される Windows Image Acquisition (WIA) 2.0 デバイス ドライバーの拡張機能として提供されるイメージ処理フィルターを動的に作成して使用する機能もアプリケーションに提供されます。

メンバー

IWiaItem2 インターフェイスは、IUnknown インターフェイスから継承します。 IWiaItem2 には、次の種類のメンバーもあります。

メソッド

IWiaItem2 インターフェイスには、これらのメソッドがあります。

Method 説明
CheckExtension 指定した拡張機能がコンピューターで使用できるかどうかを確認し、 IWiaItem2::GetExtension メソッドで使用できます。
CreateChildItem 新しい子項目を作成します。 IWiaItem2 オブジェクトをデバイスの IWiaItem2 ツリーに追加します。
Deleteitem デバイスのオブジェクト ツリーから現在の IWiaItem2 オブジェクトを削除します。
DeviceCommand WIA 2.0 ハードウェア デバイスにコマンドを発行します。
DeviceDlg イメージの取得を準備するためのダイアログ ボックスをユーザーに表示します。
Diagnostic 現在サポートされていません。
EnumChildItems 列挙子オブジェクトを作成し、WIA 2.0 デバイスの IWiaItem2 ツリー内の項目を含むフォルダーの IEnumWiaItem2 インターフェイスへのポインターを返します。
EnumDeviceCapabilities WIA 2.0 デバイスでサポートされているコマンドとイベントを確認するために使用される列挙子を作成します。
EnumRegisterEventInfo IWiaItem2::EnumRegisterEventInfo メソッドは、アプリケーションが登録されているイベントに関する情報を取得するために使用される列挙子を作成します。
FindItemByName 検索キーとして名前を使用して、サブ項目の項目のツリーを検索します。
GetExtension WIA 2.0 デバイス ドライバーに付属している可能性がある拡張機能インターフェイスを取得します。
GetItemCategory 項目のカテゴリ情報を取得します。
GetItemType 項目の型情報を取得します。
GetParentItem WIA 2.0 ハードウェア デバイスを表すツリー内の親項目を取得します。
GetPreviewComponent WIA 2.0 プレビュー コンポーネントを取得します。
GetRootItem WIA 2.0 ハードウェア デバイスを表すために使用される項目オブジェクトのツリーのルート項目を取得します。

 

解説

アプリケーションが表示できる WIA 2.0 項目ツリーは、WIA 2.0 ミニドライバーによって作成および管理されるツリーとは別です。 ミニドライバーが項目のツリーを作成すると、WIA 2.0 サービスでは、この WIA 2.0 項目ツリーをガイドとして使用して、イメージング アプリケーションで表示できる同じコピーを作成します。 コピーしたツリー内の項目は、アプリケーション項目と呼ばれます。 ミニドライバーによって作成されたツリー内の項目は、ドライバー項目と呼ばれます。 Windows Vista では、WIA 2.0 項目ツリーは IWiaItem2 オブジェクトで構築されており、それぞれに IWiaItem2 インターフェイスが実装されています)。

IWiaItem2 インターフェイスは、すべてのコンポーネント オブジェクト モデル (COM) インターフェイスと同様に、IUnknown インターフェイス メソッドを継承します。

IUnknown の各種メソッド 説明
IUnknown::QueryInterface サポートされるインターフェイスへのポインターを返します。
IUnknown::AddRef 参照カウントをインクリメントします。
IUnknown::Release 参照カウントをデクリメントします。

 

必要条件

要件
サポートされている最小のクライアント
Windows Vista [デスクトップ アプリのみ]
サポートされている最小のサーバー
Windows Server 2008 [デスクトップ アプリのみ]
ヘッダー
Wia.h
IDL
Wia.idl