Windows 7 および Windows Server 2008 R2 のAppInit_DLLs

プラットフォーム

クライアント - Windows 7
サーバー - Windows Server 2008 R2

機能への影響

重大度 - 低
Frequency - Low

説明

AppInit_DLLsは、システム上の各ユーザー モード プロセスに DLL の任意のリストを読み込むメカニズムです。 Microsoft は、新しいコード署名要件を追加するために、Windows 7 および Windows Server 2008 R2 の AppInit DLL 機能を変更しています。 これにより、システムの信頼性とパフォーマンスが向上し、ソフトウェアの起源の可視性が向上します。

構成

レジストリの HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion \Windows キーに格納されている値によって、AppInit_DLLs インフラストラクチャの動作が決まります。 次の表では、これらのレジストリ値について説明します。

説明 サンプルの値
LoadAppInit_DLLs (REG_DWORD)${REMOVE}$
AppInit_DLLsをグローバルに有効または無効にします。${REMOVE}$
0x0 – AppInit_DLLsは無効になっています。
0x1 – AppInit_DLLsが有効になっています。
AppInit_DLLs (REG_SZ) 読み込む DLL のスペースまたはコンマ区切りのリスト。 DLL への完全なパスは、短い名前を使用して指定する必要があります。 C:\PROGRA~1\WID288~1\MICROS~1.DLL
RequireSignedAppInit_DLLs (REG_DWORD)${REMOVE}$
コード署名付き DLL のみを読み込みます。${REMOVE}$
0x0 – DLL を読み込みます。
0x1 – コード署名付き DLL のみを読み込みます。

 

Windows 7

AppInit_DLLs インフラストラクチャによって読み込まれるすべての DLL は、コード署名されている必要があります。 アプリケーションの互換性のために、Windows 7 オペレーティング システムはすべての AppInit DLL を読み込みます。 ただし、Microsoft では、Windowsの信頼性を向上させ、将来のバージョンのWindowsでコード署名の適用に備えるために、すべてのアプリケーション開発者が DLL にコード署名を行うことをお勧めします。 RequireSignedAppInit_DLLs レジストリ キーはこの動作を制御し、Windows 7 の値は既定で 0 に設定されています。

Windows Server 2008 R2

AppInit_DLLs インフラストラクチャによって読み込まれるすべての DLL は、コード署名されている必要があります。 RequireSignedAppInit_DLLs レジストリ キーによってこの動作が制御され、Windows Server 2008 R2 の値は既定で 1 に設定されます。

Windows 7 および Windows Server 2008 R2 の AppInit DLL