スタイル コントロール パターン

プロパティとメソッドに関する情報など、 IStylesProvider を実装するためのガイドラインと規則について説明します。 Styles コントロール パターンは、特定のスタイル、塗りつぶしの色、塗りつぶしパターン、または図形を持つ UI 要素を記述するために使用されます。

Styles コントロール パターンは、このようなスタイルが頻繁に含まれるドキュメント内の要素を記述する場合に特に便利です。 通常、スタイルには障穣をお持ちのお客様に役立つ情報が含まれます。たとえば、スタイルでは、特定の文字列を文書のタイトルとして記述したり、特定のフローチャート オブジェクトをひし形や円として記述したりできます。 このコントロール パターンを実装するコントロールの例については、「 コントロールの種類とサポートされるコントロール パターン」を参照してください。

このトピックは、次のセクションで構成されています。

実装のガイドラインと規則

Styles コントロール パターンを実装する場合は、次のガイドラインと規則に注意してください。

  • UIAutomationClient.h ヘッダー ファイルは、いくつかの一般的なスタイルを識別するために使用される名前付き定数値のセットを定義します。 詳細については、「 スタイル識別子」を参照してください。
  • StyleId_Customを使用する場合は、IStylesProvider::StyleName プロパティを実装して、クライアントがスタイルの名前を検出できるようにする必要があります。 Microsoft UI オートメーション では既定の名前が提供されるため、標準スタイルの StyleName プロパティを実装する必要はありませんが、既定の名前をオーバーライドする必要がある場合は実装できます。
  • スタイル パターンの他のプロパティは省略可能です。プロバイダーは、サポートされていないプロパティのUIA_E_NOTSUPPORTEDを返すことができます。
  • テキスト範囲内のスタイルは、次のテキスト属性を使用して表すことができます。
    • StyleId テキスト属性の要求に応答する場合、テキスト範囲は、「スタイル識別子」で説明されているスタイル識別子のいずれかを返す必要があります。
    • StyleId_Custom使用する場合、テキスト範囲は StyleName テキスト属性の文字列値を返して、クライアントがスタイル名を検出できるようにする必要があります。
    • 見出しと通常のテキストの両方など、複数のスタイルを持つテキスト範囲は、StyleId プロパティと StyleName プロパティの両方の ReservedMixedAttributeValue プロパティUI オートメーションを返す必要があります。 この応答を受け取るクライアントは、テキスト範囲を分割して、スタイルの開始位置と終了位置を見つけることができます。
  • アプリケーションではさまざまなスタイルを使用してオブジェクトを記述できますが、UI オートメーションは最も一般的なスタイルのみを表します。 罫線の色などの追加のスタイル属性を表すために、プロバイダーは ExtendedProperties プロパティ内の追加の属性の一覧を返すことができます。 これは基本的に、"BorderColor=0xFF0000; などの拡張プロパティのセットを含むプロパティ バッグです。BorderStyle=dotted"。 拡張プロパティの値には、アプリケーション固有の値を指定できます。

IStylesProvider の必須メンバー

IStylesProvider インターフェイスの実装には、次のプロパティが必要です。

必須メンバー メンバーの型 メモ
ExtendedProperties プロパティ なし
FillColor プロパティ なし
FillPatternColor プロパティ なし
FillPatternStyle プロパティ なし
形状 プロパティ なし
StyleId プロパティ なし
StyleName プロパティ なし

 

このコントロール パターンに関連するメソッドまたはイベントはありません。

コントロール型とそのサポートされているコントロール パターン

UI オートメーション コントロール パターンの概要

UI オートメーション ツリーの概要