IWinHttpRequest::StatusText プロパティ

StatusText プロパティは、HTTP 状態テキストを取得します。

このプロパティは読み取り専用です。

構文

HRESULT get_StatusText(
  [out, retval] BSTR *Status
);

StatusText = WinHttpRequest.StatusText

プロパティ値

HTTP 状態テキストを受け取る BSTR

エラー コード

戻り値は成功 時にS_OK 。それ以外の場合はエラー値です。

解説

サーバー応答行のテキスト部分を取得し、数値 HTTP 状態コードと同等の "ユーザー フレンドリ" を使用できるようにします。 このプロパティの結果は、 Send メソッドが正常に完了した後にのみ有効です。

注意

Windows XP および Windows 2000 については、WinHTTP スタート ページの「ランタイム要件」セクションを参照してください。

使用例

次の例は、HTTP 接続を開き、HTTP 要求を送信し、 StatusStatusText を表示し、応答テキストを読み取る方法を示しています。 この例は、コマンド プロンプトから実行する必要があります。

#include <windows.h>
#include <stdio.h>
#include <objbase.h>

#include "httprequest.h"

#pragma comment(lib, "ole32.lib")
#pragma comment(lib, "oleaut32.lib")

// IID for IWinHttpRequest.
const IID IID_IWinHttpRequest =
{
  0x06f29373,
  0x5c5a,
  0x4b54,
  {0xb0, 0x25, 0x6e, 0xf1, 0xbf, 0x8a, 0xbf, 0x0e}
};

int main()
{
    // Variable for return value
    HRESULT    hr;

    // Initialize COM.
    hr = CoInitialize( NULL );

    IWinHttpRequest *  pIWinHttpRequest = NULL;

    BSTR            bstrResponse = NULL;
    VARIANT         varFalse;
    VARIANT         varEmpty;
    LONG            lStatus = 0;
    BSTR            bstrStatusText = NULL;

    CLSID           clsid;

    VariantInit(&varFalse);
    V_VT(&varFalse)   = VT_BOOL;
    V_BOOL(&varFalse) = VARIANT_FALSE;

    VariantInit(&varEmpty);
    V_VT(&varEmpty) = VT_ERROR;

    hr = CLSIDFromProgID(L"WinHttp.WinHttpRequest.5.1", &clsid);

    if (SUCCEEDED(hr))
    {
        hr = CoCreateInstance(clsid, NULL,
                              CLSCTX_INPROC_SERVER,
                              IID_IWinHttpRequest,
                              (void **)&pIWinHttpRequest);
    }
    if (SUCCEEDED(hr))
    {    // Open WinHttpRequest.
        BSTR bstrMethod  = SysAllocString(L"GET");
        BSTR bstrUrl = SysAllocString(L"https://microsoft.com");
        hr = pIWinHttpRequest->Open(bstrMethod, bstrUrl, varFalse);
        SysFreeString(bstrMethod);
        SysFreeString(bstrUrl);
    }
    if (SUCCEEDED(hr))
    {    // Send Request.
        hr = pIWinHttpRequest->Send(varEmpty);
    }
    if (SUCCEEDED(hr))
    {    // Send Request.
        hr = pIWinHttpRequest->get_Status(&lStatus);
        hr = pIWinHttpRequest->get_StatusText(&bstrStatusText);
    }
    if (SUCCEEDED(hr))
    {    // Get Response text.
        hr = pIWinHttpRequest->GetAllResponseHeaders(&bstrResponse);
    }
    if (SUCCEEDED(hr))
    {    // Print response to console.
        wprintf(L"%s\n\n", bstrResponse);
        wprintf(L"%u - %s\n\n", lStatus, bstrStatusText);
    }

    // Release memory.
    if (pIWinHttpRequest)
        pIWinHttpRequest->Release();
    if (bstrStatusText)
        SysFreeString(bstrStatusText);
    if (bstrResponse)
        SysFreeString(bstrResponse);

    CoUninitialize();
    return 0;
}

次のスクリプトの例は、HTTP 接続を開き、HTTP 要求を送信し、 StatusStatusText を表示し、応答ヘッダーを読み取る方法を示しています。

// Instantiate a WinHttpRequest object.
var WinHttpReq = new ActiveXObject("WinHttp.WinHttpRequest.5.1");

// Initialize an HTTP request.  
WinHttpReq.Open("GET", "https://www.microsoft.com", false);

// Send the HTTP request.
WinHttpReq.Send(); 

// Display the status.
WScript.Echo( WinHttpReq.Status + " - " + WinHttpReq.StatusText);

// Display the date header.
WScript.Echo( WinHttpReq.GetAllResponseHeaders());

必要条件

要件
サポートされている最小のクライアント
Windows XP、SP3 Windows 2000 Professional [デスクトップ アプリのみ]
サポートされている最小のサーバー
Windows Server 2003、Windows 2000 Server sp3 [デスクトップ アプリのみ]
再頒布可能パッケージ
Windows XP および Windows 2000 の WinHTTP 5.0 および Internet Explorer 5.01 以降。
IDL
HttpRequest.idl
ライブラリ
Winhttp.lib
[DLL]
Winhttp.dll

関連項目

IWinHttpRequest

WinHttpRequest

状態

WinHTTP バージョン