VBScript を使用したオブジェクトの作成

WMI に接続し、CreateObject を呼び出すことによって、Visual Basic Scripting Edition (VBScript) で WMI のオブジェクトを作成できます。 次の表に、オブジェクトの作成をサポートする WMI 用のスクリプト API のメソッドの一覧を示します。

インターフェイス ProgID
SWbemDateTime "WbemScripting.SwbemDateTime"
SWbemLocator "WbemScripting.SWbemLocator"
SWbemLastError "WbemScripting.SWbem.LastError"
SWbemObjectPath "WbemScripting.SWbemObjectPath"
SWbemNamedValueSet "WbemScripting.SWbemNamedValueSet"
SWbemRefresher "WbemScripting.SWbemRefresher"
SWbemSink "WbemScripting.SWbemSink"

 

次の手順では、VBScript を使用して WMI オブジェクトを作成する方法について説明します。

VBScript を使用して WMI オブジェクトを作成するには

  1. モニカーまたは SWbemLocator オブジェクトを使用して WMI に接続します。

    詳細については、「WMI スクリプトの作成」を参照してください。

  2. VBScript の CreateObject メソッドを呼び出します。

    次のコード例では、オブジェクトの作成方法が示されています。

    Set locator = CreateObject("WbemScripting.SWbemLocator")
    

    手順 1 でモニカーを使用する場合、CreateObject を再度呼び出す必要はありません。