WMI 修飾子

WMI には、いくつかの種類のクラス修飾子とプロパティ 修飾子があります。 修飾子には、変更 フレーバーを含めることもできます。 WMI では、次の種類の修飾子とフレーバーが使用されます。

各修飾子の名前は、そのデータ型と、修飾子をクラス、インスタンス、プロパティ、またはメソッドに適用できるかどうかを示すインジケーターと共に表示されます。 Association (メタ修飾子で説明) などの修飾子の場合、メタ修飾子も存在する必要がある暗黙的な使用規則があります。 たとえば、 集計 修飾子の暗黙的な使用規則は、 関連付け 修飾子も存在する必要があります。

修飾子の種類 説明
メタ クラスまたはプロパティ宣言の実際の使用方法を明確にすることで、メタコンストラクトの定義を絞り込みます。
Optional CIM 準拠のすべての実装に共通しない状況に対処します。
修飾子のフレーバー 派生クラスまたはインスタンスが修飾子の元の値をオーバーライドできるかどうかなど、修飾子に関する詳細情報を提供します。
Standard CIM 準拠のすべての実装で処理する必要がある説明をサポートします。
WMI 固有 パフォーマンス カウンター クラス修飾子など、WMI に固有の修飾子について説明します。

 

WMI クラスに修飾子を適用する方法の詳細については、「修飾子の 追加」を参照してください。 既存の WMI クラスの修飾子を調べる方法については、次のコード例を参照してください。

TechNet ギャラリーから取得した次の PowerShell コードでは、WMI クラスから修飾子を取得する方法について説明します。

Function Get-WMIClassesWithQualifiers 
{ 
 Param([string]$qualifier = "dynamic", 
  [string]$namespace = "root\cimv2") 
 $classes = Gwmi -list -namespace $namespace 
 foreach($class in $classes) 
 { 
  $query = "select * from meta_class where __this isa ""$($class.name)"" " 
  $a = gwmi -Query $query -Namespace $namespace |  
  select -Property __class, qualifiers 
   if($a.qualifiers | % { $_ | ? { $_.name -match "$qualifier" }}) 
    { $a.__class } 
  } #end foreach $class 
}