Web Services on Devices コード ジェネレーター

Web Services on Devices コード ジェネレーター WsdCodeGen は、サービスの説明からプログラム コードを生成するコマンド ライン ユーティリティです。 サービスの説明は WSDL ファイルまたは XSD ファイルに格納されます。 WsdCodeGen は、C++ および IDL (インターフェイス定義言語) ファイルを作成します。 開発者は WsdCodeGen を使用して、データがどのようにマーシャリングされ、ネットワーク上で表現されるかを気にせずに WSDAPI アプリケーションを作成できます。

WsdCodeGen を使用して、サービス、クライアント、またはその両方のコードを生成できます。 このユーティリティは、サービスのスタブ コード、クライアントのプロキシ コード、両方のインターフェイスと型コードを生成します。

このツールは、Microsoft Windows ソフトウェア開発キット (SDK) と Windows ドライバー キット (WDK) で使用できます。 SDK ツールは、次のディレクトリにあります:<Windows SDK Install Folder>\Bin。

Windows SDK には、WsdCodeGen によって生成されたサンプル コードが含まれています。 詳細については、 WSDAPI サンプルを参照してください。

WsdCodeGen について

WsdCodeGen の使用

WsdCodeGen リファレンス

Windowsでの WSD アプリケーション開発