Xamarin.Android Designer

この記事では、Xamarin.Android Designer の機能について説明します。 デザイナーの基本について説明し、デザイナーを使用してウィジェットを視覚的にレイアウトし、プロパティを編集する方法を示します。 また、デザイナーを使用して、テーマ、言語、デバイス構成などのさまざまな構成でユーザー インターフェイスとリソースを使用する方法と、横長や縦長などの代替ビュー用に設計する方法も示します。

概要

Xamarin.Android では、XML ファイルに基づくユーザー インターフェイス設計の宣言型スタイルと、コードでのプログラムによるユーザー インターフェイスの作成の両方がサポートされています。 宣言型の方法を使用する場合、Xamarin.Android Designer を使用して XML ファイルを視覚的に編集または変更できます。 デザイナーを使用すると、UI の作成時にすぐにフィードバックを受け取り、開発を高速化し、UI の作成プロセスの手間を省きます。

この記事では、Xamarin.Android Designer の多くの機能について説明します。 次の内容について説明します。

  1. デザイナーの使用の基本。
  2. デザイナーを構成するさまざまなパーツ。
  3. デザイナーに Android レイアウトを読み込む方法。
  4. ウィジェットを追加する方法。
  5. プロパティを編集する方法。
  6. さまざまなリソースとデバイス構成を使用する方法。
  7. 横長や縦長などの代替ビューのユーザー インターフェイスを変更する方法。
  8. 代替ビューを操作するときに発生する可能性がある競合を処理する方法。
  9. Material デザイン ツールを使用して、Material Design に準拠したアプリを構築する方法。

セクション

Android Designer の使用

Designer の基本

リソース修飾子と視覚化のオプション

代替レイアウト ビュー

素材のデザイン機能

Android レイアウト診断

Android Designer診断アナライザー

まとめ

この記事では、Xamarin.Android Designer の機能セットについて説明しました。 デザイナーの使用を開始する方法を示し、そのさまざまな部分について説明しました。 デザイナー 画面とソース ビューの両方を使用して、レイアウトを読み込む方法と、ウィジェットを追加および変更する方法について説明しました。 また、さまざまなリソースとデバイス構成を使用する方法も説明しました。 最後に、デザイナーを使用して、横長や縦長などの代替ビュー専用に構築されたユーザー インターフェイスを開発する方法と、そのようなビュー間で発生する可能性のある競合を解決する方法について説明しました。