Microsoft Teams PowerShell リリース ノート

このページでは、一般提供リリースとパブリック プレビュー リリースの両方に関する最新の Teams PowerShell 変更ログを提供します。

リリース ノート

注意

次のバージョン列の -preview は、Teams PowerShell パブリック プレビューの更新を表します。

日付 バージョン 更新
2023 年 1 月 4.9.2-preview
  • プライベート プレビューGet-CsSdgBulkSignInRequestStatus & New-CsSdgBulkSignInRequestコマンドレットをリリースします。
  • Connect-MicrosoftTeams に Certificate パラメーターを追加します。
  • WelcomeTextToSpeechPrompt パラメーターを [新規] に追加します|Set]-CsCallQueue。
  • Test-CsEffectiveTenantDialPlan Test-CsVoiceNormalizationRule & コマンドレットのパイプライン入力に関する問題を修正しました。
  • 2022 年 11 月 4.9.1
  • GA のConnect-MicrosoftTeamsでのアプリケーション ベースの認証サポートをリリースします。 詳細については、「 Teams PowerShell モジュールでのアプリケーション ベースの認証」を参照してください
  • [新規| の新しい実装が含まれています。Get|Set|Remove]-CsTeamsChannelsPolicy と [New|Get|Set|Remove]-CsTeamsUpdateManagementPolicy。 機能は以前の実装と同じままです。
  • UseNewTeamsClient パラメーターを TeamsUpdateManagementPolicy に追加します。
  • EnablePrivateTeamDiscovery パラメーターを TeamsChannelsPolicy に追加します。
  • 一部のポリシー コマンドレットで認証トークンが更新されない問題を修正しました。
  • 一部のコマンドレットで表示形式が破損する問題を修正しました。
  • -Identity パラメーターなしで実行すると、SipProxyAddress、TeamsMediaLoggingPolicy、CountryAbbreviation、UserValidationErrors、WhenCreated 属性Get-CsOnlineUser出力に追加されます。 これらの属性のうち、CountryAbbreviation、UserValidationErros、WhenCreated はまだ値を表示しません。 これらは段階的にロールアウトされます。詳細については、 Get-CsOnlineUser を参照してください
  • 共有チャネルAdd-TeamChannelUser & 外部メンバーを管理するために-User パラメーターの UPN を受け取るRemove-TeamChannelUserを修正しました。
  • 2022 年 10 月 4.9.0
  • リリース [Get|SET]-GA の CsTeamsEducationConfiguration コマンドレット。
  • [新規| の新しい実装が含まれています。Get|Set|Remove]-CsTeamsFeedbackPolicy, [New|Get|Set|Remove]-CsTeamsMessagingPolicy, [New|Get|Set|Remove]-CsTeamsMeetingPolicy、および [New|Get|Set|Remove]-CsOnlineVoicemailPolicy。 機能は以前の実装と同じままです。
  • ExplicitRecordingConsent、ForceStreamingAttendeeMode パラメーターを TeamsMeetingPolicy に追加します。
  • Description、PreambleAudioFile、PostambleAudioFile、PreamblePostambleMandatory パラメーターを OnlineVoicemailPolicy に追加します。
  • AllowChatWithGroup パラメーターを TeamsMessagingPolicy に追加します。
  • EnableFeatureSuggestions パラメーターを TeamsFeedbackPolicy に追加します。
  • コマンドレットUpdate-CsTeamsShiftsConnectionInstanceリリースします。
  • 2022 年 10 月 4.8.1-preview
  • [新規| の新しい実装が含まれています。Get|Set|Remove]-CsTeamsMessagingPolicy, [New|Get|Set|Remove]-CsTeamsMeetingPolicy、および [New|Get|Set|Remove]-CsOnlineVoicemailPolicy。 注: これらのコマンドレットは現在、powershell.exeでのみ機能します。 pwsh.exeでは機能しません。 これは、次の GA リリースで修正される予定です。
  • ExplicitRecordingConsent、ForceStreamingAttendeeMode パラメーターを TeamsMeetingPolicy に追加します。
  • Description、PreambleAudioFile、PostambleAudioFile、PreamblePostambleMandatory パラメーターを OnlineVoicemailPolicy に追加します。
  • AllowChatWithGroup パラメーターと EnableFeatureSuggestions パラメーターを TeamsMessagingPolicy に追加します。
  • コマンドレットUpdate-CsTeamsShiftsConnectionInstanceリリースします。
  • 2022 年 10 月 4.8.0
  • [Get|New]-CsTeamsShiftsConnectionTeamMap コマンドレット - TimeZone 属性が追加されました。
  • Set-CsOnlineDialinConferencingUser から SendEmailFromAddress および SendEmailFromDisplayName 入力パラメーターを削除します。
  • Set-TeamsAcsFederationConfiguration から AllowAllAcsResources パラメーターと BlockedAcsResources パラメーターを削除します。
  • New-CsAutoAttendantCallFlow、New-CsAutoAttendant、Set-CsAutoAutoAttendant の呼び出しフロー設定に ForceListenMenuEnabled パラメーターを追加します。 この設定を使用すると、テナントは、あいさつやメニュー オプションの再生中に DTMF/音声入力を無視できます。
  • 2022 年 9 月 4.7.1-preview
  • Connect-MicrosoftTeamsプレビューでアプリケーション ベースの認証サポートをリリースします。 サポートされているコマンドレットは段階的にロールアウトされています。詳細については、「 Teams PowerShell モジュールでのアプリケーション ベースの認証」を参照してください。
  • リリース [Get|Set]-CsTeamsEducationConfiguration コマンドレットのプライベート プレビュー。
  • [Get|New]-CsTeamsShiftsConnectionTeamMap コマンドレット - TimeZone 属性が追加されました。
  • Set-CsOnlineDialinConferencingUser から SendEmailFromAddress および SendEmailFromDisplayName 入力パラメーターを削除します。
  • Set-TeamsAcsFederationConfiguration から AllowAllAcsResources パラメーターと BlockedAcsResources パラメーターを削除します。
  • 2022 年 9 月 4.7.0
  • PS ISE および dotnet アプリケーションでモジュールを使用する場合のプロセス クリーンアップに関する問題を修正しました。
  • リリース [Get|New]-GA の CsBatchTeamsDeployment コマンドレット。
  • リリース [新規|Set]-CSTeamsShiftsConnectionInstance,Test-CsTeamsShiftsConnectionValidate UKG ディメンションのサポート。
  • Connect-MicrosoftTeams で AccountId パラメーターを使用して複数のアカウントを選択するときに、正しくないトークンフェッチに関する問題を修正しました。
  • 会議モードプレゼンス モード & 属性の既定値は、コマンドレットの場合は false から true に変更New-CsCallQueue。
  • 2022 年 8 月 4.6.1-preview
  • PS ISE および dotnet アプリケーションでモジュールを使用する場合のプロセス クリーンアップに関する問題を修正しました。
  • 2022 年 7 月 4.6.0
  • Get-CsOnlineUser コマンドレットの AccountType パラメーターを解放します。これにより、特定の種類のユーザーに対するクエリを実行できます。
  • AccountType 属性は、ユーザーの種類を示すGet-CsOnlineUser出力に追加されます。 AccountType の使用可能な値は、'User' (ユーザー アカウント)、'ResourceAccount' (アプリ エンドポイントまたはリソース アカウント)、'Guest' (ゲスト アカウント) 'Unknown' (ユーザーの種類が不明) & です。
  • Grant-Cs PolicyName> コマンドレットのランク & グループ パラメーターに関する問題を<修正しました。
  • リリース [Get|Set|新規|削除|Grant]-CsTeamsEventsPolicy コマンドレット。
  • サポートされていない非推奨 & のコマンドレットをすべて削除します。 Teams PowerShell でサポートされているバージョンの詳細。
  • [New| の最新バージョンをリリースします。Get]-CsCloudCallDataConnection コマンドレット。
  • リリース [Get|Remove]-SharedWithTeam コマンドレット。
  • コマンドレットGet-TeamAllChannelリリースします。
  • コマンドレットGet-TeamIncomingChannelリリースします。
  • コマンドレットGet-AssociatedTeamリリースします。
  • コマンドレットGet-SharedWithTeamUserリリースします。
  • Add-TeamChannelUser コマンドレットの TenantId 省略可能なパラメーターをサポートします。
  • リリース Get-TeamTargetingHierarchyStatus & [削除|Set]-TeamTargetingHierarchy コマンドレット。
  • 2022 年 7 月 4.5.1-preview
  • Get-CsOnlineUser コマンドレットの AccountType パラメーターを解放します。これにより、特定の種類のユーザーに対するクエリを実行できます。
  • AccountType 属性は、ユーザーの種類を示すGet-CsOnlineUser出力に追加されます。 AccountType の使用可能な値は、'User' (ユーザー アカウント)、'ResourceAccount' (アプリ エンドポイントまたはリソース アカウント)、'Guest' (ゲスト アカウント) 'Unknown' (ユーザーの種類が不明) & です。
  • Grant-Cs PolicyName> コマンドレットのランク & グループ パラメーターに関する問題を<修正しました。
  • 2022 年 6 月 4.5.0
  • Get-CsAutoAttendantStatus コマンドレットの IncludeResources パラメーターをサポートします。
  • Get-CsOnlineUser コマンドレットの SoftDeletedUsers パラメーターをサポートします。
  • リリース [Get|Grant]-CsTeamsMediaLoggingPolicy コマンドレット。
  • [新規] の AuthorizedUsers オプション パラメーターをサポートします|Set]-CsAutoAttendant & [New|Set]-CsCallQueue コマンドレット。
  • コマンドレットに設定した後にプロンプトの種類を切り替えることができなかった共有ボイスメール プロンプト パラメーターSet-CsCallQueue修正しました。
  • 修正プログラム [新規|Set]-CsOnlineSchedule コマンドレットは、ヨーロッパの日時形式で動作します。
  • リリース [新規|Get|Set|削除|Grant]-CsTeamsVoiceApplicationsPolicy コマンドレット。
  • コマンドレットGet-CsHybridTelephoneNumberリリースします。
  • [New| の最新バージョンをリリースします。Remove]-CsHybridTelephoneNumber コマンドレット。
  • New-CsAutoAttendantMenuOption コマンドレットの DtmfResponse パラメーターの値として ToneStar と TonePound をサポートします。
  • モダン化されたSet-CsTenantFederationConfiguration コマンドレットの AllowedDomainsAsAList パラメーターの PSListModifier に関する問題を修正しました。
  • すべての Grant-Cs PolicyName> コマンドレットの Group パラメーターと Rank パラメーターを<サポートします。
  • コマンドレットTest-CsTeamsTranslationRuleリリースします。
  • 2022 年 6 月 4.4.3-preview
  • Get-CsAutoAttendantStatus コマンドレットの IncludeResources パラメーターをサポートします。
  • Get-CsOnlineUser コマンドレットの SoftDeletedUsers パラメーターをサポートします。
  • リリース [Get|Grant]-CsTeamsMediaLoggingPolicy コマンドレット。
  • [新規] の AuthorizedUsers オプション パラメーターをサポートします|Set]-CsAutoAttendant & [New|Set]-CsCallQueue コマンドレット。
  • コマンドレットに設定した後にプロンプトの種類を切り替えることができなかった共有ボイスメール プロンプト パラメーターSet-CsCallQueue修正しました。
  • 修正プログラム [新規|Set]-CsOnlineSchedule コマンドレットは、ヨーロッパの日時形式で動作します。
  • 2022 年 5 月 4.4.1
  • モジュールのサイズの改善。
  • すべてのコマンドレットの最新バージョンでサポートされていないパラメーターは、エラーになります。
  • [Get| のエラー処理を修正しましたSet]-CsOnlineDialInConferencingUser, Get-CsOnlineDialInConferencingBridge, [Get|Set|登録|Unregister]-CsOnlineDialInConferencingServiceNumber & Get-CsOnlineDialInConferencingLanguagesSupported コマンドレット。
  • コマンドレットTest-CsOnlineLisCivicAddress非推奨です。
  • ユーザー プリンシパル名 (UPN) & GUID は、最新化された [Get|で ID として使用できるようになりました|Remove]-CsOnlineApplicationInstanceAssociation コマンドレット。
  • [破壊的変更] Get-CsOnlineUser - ユーザーにそのポリシーが割り当てられない場合、出力のポリシー属性は null になります。 以前のバージョン (3.0.0 から 4.3.1) では、これらの属性は空の UserPolicyDefinition オブジェクトでした。
  • 入力パラメーターで null または空の配列値を許可するSet-CsCallQueueを修正しました。
  • Get-CsPhoneNumberAssignment - City & IsoSubdivision 属性が出力に追加されます。
  • 2022 年 5 月 4.3.1-preview
  • モジュールのサイズの改善。
  • すべてのコマンドレットの最新バージョンでサポートされていないパラメーターは、エラーになります。
  • [Get| のエラー処理を修正しましたSet]-CsOnlineDialInConferencingUser, Get-CsOnlineDialInConferencingBridge, [Get|Set|登録|Unregister]-CsOnlineDialInConferencingServiceNumber & Get-CsOnlineDialInConferencingLanguagesSupported コマンドレット。
  • プレビュー段階の Scale コマンドレットでのデプロイのリリース - & Get-CsBatchTeamsDeploymentStatus をNew-CsBatchTeamsDeploymentします。
  • ユーザー プリンシパル名 (UPN) & GUID は、最新化された [Get|で ID として使用できるようになりました|Remove]-CsOnlineApplicationInstanceAssociation コマンドレット。
  • 2022 年 5 月 4.3.0
  • [Set| のエラー処理を修正しました。Remove]-CsPhoneNumberAssignment コマンドレット。
  • [Get|Set|Remove]-CsOnlineLisSubnet – 最新化されたコマンドレットの Subnet パラメーターの修正。
  • [Get|Set]-CsOnlineLisLocation & [Get|Set]-CsOnlineLisCivicAddress – 最新化されたコマンドレットでサポートされているパラメーターに関する修正 (各パブリック ドキュメントの詳細)。
  • 2022 年 4 月 4.2.1-preview
  • [Set| のエラー処理を修正しました。Remove]-CsPhoneNumberAssignment コマンドレット。
  • [Get|Set|Remove]-CsOnlineLisSubnet – 最新化されたコマンドレットの Subnet パラメーターの修正。
  • [Get|Set]-CsOnlineLisLocation & [Get|Set]-CsOnlineLisCivicAddress – 最新化されたコマンドレットでサポートされているパラメーターを中心に修正します。
  • 2022 年 4 月 4.2.0
  • Teams に関連するすべてのコマンドレットのプロキシ サポート。 サポートされているコマンドレットは段階的にロールアウトされています。
  • [新規|に関する問題を修正しました[Set]- PSListModifier 型パラメーターで使用する場合の最新化されたポリシー コマンドレット。
  • [破壊的変更]PSListModifier 型パラメーターは、Add または Remove を使用した Hashtable のみを受け入れます。 Replace を使用したハッシュテーブルは現在サポートされていません。代わりに、パラメーターで値を直接設定できます。
  • [Get| に関する形式の問題を修正しました新しい]- 最新化されたポリシー コマンドレット (CsVideoInteropServiceProvider、CsInboundBlockedNumberPattern、CsTeamsComplianceRecordingApplication、CsTeamsTranslationRule、CsTeamsUnassignedNumberTreatment、CsVoiceNormalizationRule)。
  • 最新化されたコマンドレットを使用したパイプライン入力処理のパフォーマンスの向上。
  • パイプラインの入力結果に関する軽微な問題を修正しました。
  • Get-CsOnlineUser: Country 属性 (3.x.x より前のバージョンでは CountryOrRegionDisplayName と呼ばれます) が追加されます。
  • [破壊的変更]Get-CsOnlineUser: CountryAbbreviation 属性は、-Identity パラメーターと共に使用する場合にのみ使用できるようになりました。
  • 2022 年 3 月 4.1.0
  • 警告変数とエラー変数に関する問題を修正しました。
  • PowerShell Runspaces で最新化されたコマンドレットを使用する場合の問題を修正しました。
  • リリース [Get|新規|Set|Remove]-CsTeamsShiftsConnectionInstance コマンドレット。
  • リリース [Get|新規|Remove]-CsTeamsShiftsConnectionTeamMap コマンドレット。
  • リリース Get-CsTeamsShiftsConnectionWfm[User|Team] コマンドレット。
  • リリース Get-CsTeamsShiftsConnectionConnector、Get-CsTeamsShiftsConnectionSyncResult、New-CsTeamsShiftsConnectionBatchTeamMap、Remove-CsTeamsShiftsScheduleRecord、Test-CsTeamsShiftsConnectionValidate、Get-CsTeamsShiftsConnectionOperation Get-CsTeamsShiftsConnectionErrorReport & コマンドレット。
  • 2022 年 3 月 4.0.1-preview
  • ErrorAction 共通パラメーターに関する問題を修正しました。
  • 2022 年 3 月 4.0.0
  • この GA リリースでは、Teams のみの組織に関連するすべてのコマンドレットの最新化が完了します。 最新バージョンは段階的にロールアウトされるため、一部の組織では引き続き古いリモート処理バージョンが表示されます。
  • リリース [新規|Set|Remove]-CsUserCallingDelegate と [Get|SET]-CsUserCallingSettings コマンドレット (GA)。
  • [破壊的変更]New-CsVoiceNormalizationRule を除く。InMemory スイッチは、他のコマンドレットではサポートされなくなりました。
  • ConvertTo-JsonForPSWS、Set-CsUserServicesPolicy、[Get|Set]-CsNetworkConfiguration, [Set|Remove]-CsTenantNetworkConfiguration, New-CsNetworkMediaBypassConfiguration, [Get|Grant|新規|削除|Set]-CsTeamsVerticalPackagePolicy,[Get|削除|Set]-CsVoiceNormalizationRule。
  • [破壊的変更] Get-CsOnlineVoicemailPolicyは、TimeSpan ではなく文字列形式で MaximumRecordingLength のデータを返します。
  • 2022 年 2 月 3.2.0-preview
  • このリリースでは、Teams のみの組織に関連するすべてのコマンドレットの最新化が完了します。 最新バージョンは段階的にロールアウトされるため、一部の組織では引き続き古いリモート処理バージョンが表示されます。
  • [破壊的変更]New-CsVoiceNormalizationRule を除く。InMemory スイッチは、他のコマンドレットではサポートされなくなりました。
  • Connect-MicrosoftTeamsパフォーマンスの向上。
  • プレフィックスを使用したImport-Moduleの修正。
  • [Get| のスラッシュ文字 "/" でポートを処理する問題を修正しました。Set|Remove]-CsOnlineLisPort。
  • コマンドレットTest-CsTeamsUnassignedNumberTreatmentリリースします。
  • ConvertTo-JsonForPSWS、Set-CsUserServicesPolicy、[Get|Set]-CsNetworkConfiguration, [Set|Remove]-CsTenantNetworkConfiguration, New-CsNetworkMediaBypassConfiguration, [Get|Grant|新規|削除|Set]-CsTeamsVerticalPackagePolicy, [Get|削除|Set]-CsVoiceNormalizationRule。
  • 2022 年 2 月 3.1.1
  • Import-Module のパフォーマンスの向上。
  • PSListModifier の逆シリアル化の問題が修正されました。
  • 2022 年 1 月 3.1.0
  • コマンドレットの名前を Get-CsTeamsShiftsConnectionUser から Get-CsTeamsShiftsConnectionWfmUser に変更しました。
  • Get-CsOnlineUser の新しいパラメーター ResultSize、SkipUserPolicies を解放します。
  • Get-CsOnlineDialInConferencingUser の新しいパラメーター ResultSize を解放します。
  • 新しいパラメーターを最初にリリースします。NumberAssigned、NumberNotAssigned、PSTNConnectivity、EnterpriseVoiceStatus、CivicAddressId、LocationId for Get-CsOnlineVoiceUser。
  • 2021 年 12 月 3.0.1-preview
  • Grant-CsTeamsFilesPolicyと Remove-CsTeamsFilesPolicy の最新化されたバージョンをリリースします。 これらのコマンドレットは、リモート処理に対応するコマンドレットと同様に機能することが期待されます。 最新バージョンは徐々にロールアウトされます。そのため、一部のテナントには、(ロールアウトが完了するまで) 古いリモート処理バージョンが表示されます。
  • リリース [新規|Set|Remove]-CsUserCallingDelegate コマンドレット。 これらのコマンドレットは、最終的に GA モジュールでリリースされます。 プレビュー モジュールで試用版をリリースする。
  • リリース [Get|Remove]-CsTeamsShiftsConnectionErrorReport コマンドレット。 これらのコマンドレットは、最終的に GA モジュールでリリースされます。 プレビュー モジュールで試用版をリリースする。
  • コマンドレットGet-CsTeamsShiftsConnectionOperationリリースします。 このコマンドレットは最終的に GA モジュールでリリースされます。 プレビュー モジュールで試用版をリリースする。
  • コマンドレットNew-CsTeamsShiftsConnectionBatchTeamMapリリースします。 このコマンドレットは最終的に GA モジュールでリリースされます。 プレビュー モジュールで試用版をリリースする。
  • コマンドレットRemove-CsTeamsShiftsScheduleRecordリリースします。 このコマンドレットは最終的に GA モジュールでリリースされます。 プレビュー モジュールで試用版をリリースする。
  • 2021 年 11 月 3.0.0
  • [破壊的変更] Get-CsOnlineUserと Get-CsOnlineVoiceUser: TeamsOnly テナントには次の変更が適用されます。
    • これらのコマンドレットは、以前の実装から新しい API に移行されました。
    • (-Identity パラメーターの使用): Teams に関連しなくなった属性は、TeamsOnly テナントでは非推奨になりました。 一部の属性の名前も変更または置換されています。 「Get-CsOnlineUser」 と「 Get-CsOnlineVoiceUser」を参照してください。
    • Get-CsOnlineUser (-Filter パラメーターあり): AssignedPlans と EnterpriseVoice に基づくフィルター処理の書式設定が変更されました。 フィルター可能な属性は、TeamsOnly ユーザーの一時的な制限 (使用状況に基づく) も行われています。 Get-CsOnlineVoiceUser に関するページを参照してください。
    • これらのコマンドレットは段階的にロールアウトされ、一部のテナントでは、CY21 の終了までにロールアウトが完了するまで、これらの変更が発生しません。
  • [破壊的変更]Get-CsTenant: Teams の世界で関連性がなくなった属性は、TeamsOnly テナントでは非推奨になりました。 「Get-CsTenant」を参照してください。
  • 75 以上のすべての Grant-Cs<Name>Policy コマンドレット (すべてのパラメーター セット) の最新化されたバージョンをリリースします。 これらのコマンドレットは、リモート処理に対応するコマンドレットと同様に機能することが期待されます。 最新バージョンは段階的にロールアウトされるため、一部のテナントには以前のリモート処理バージョンが表示されます (ロールアウトが完了するまで)。
  • 75 以上のすべての Remove-Cs Name>Policy コマンドレットの最新バージョンを<リリースします。 これらのコマンドレットは、リモート処理に対応するコマンドレットと同様に機能することが期待されます。 最新バージョンは段階的にロールアウトされるため、一部のテナントには以前のリモート処理バージョンが表示されます (ロールアウトが完了するまで)。
  • リリース [Set|Remove]-CsPhoneNumberAssignment コマンドレット。 これらのコマンドレットは段階的にロールアウトされるため、一部のテナントでは、(ロールアウトが完了するまで) 使用できる既存のコマンドレットを参照するエラー メッセージが表示されます。
  • [Set| の新しいパラメーター EnhancedEmergencyServiceDisclaimer を解放します。New]-CsTeamsEmergencyCallingPolicy コマンドレット。
  • リリース [Get|Add|Remove]-TeamChannelUser コマンドレット。
  • コマンドレットExport-CsOnlineAudioFileリリースします。
  • [Get| のエラー処理を修正しましたインポート|Remove]-CsOnlineAudioFile コマンドレット。
  • Get-Teamエラー処理の修正。 チーム データのフェッチに失敗した場合にエラー メッセージを出力します。
  • Connect-MicrosoftTeamsの修正 - AccessTokens の有効期限の差が増えました。
  • 2021 年 11 月 2.6.2-preview
  • 75 以上のすべての Grant-Cs<Name>Policy コマンドレット (すべてのパラメーター セット) の最新化されたバージョンをリリースします。 これらのコマンドレットは、リモート処理に対応するコマンドレットと同様に機能することが期待されます。 最新バージョンは徐々にロールアウトされ、フライトされていないテナントには古いリモート処理バージョンが表示されます。
  • 75 以上のすべての Remove-Cs Name>Policy コマンドレットの最新バージョンを<リリースします。 これらのコマンドレットは、リモート処理に対応するコマンドレットと同様に機能することが期待されます。 最新バージョンは徐々にロールアウトされ、フライトされていないテナントには古いリモート処理バージョンが表示されます。
  • コマンドレットSet-CsUserCallingSettingsリリースします。 このコマンドレットは最終的に GA モジュールでリリースされます。 プレビュー モジュールで試用版をリリースする。
  • コマンドレットExport-CsOnlineAudioFileリリースします。
  • [Get| のエラー処理を修正しましたインポート|Remove]-CsOnlineAudioFile コマンドレット。
  • 2021 年 10 月 2.6.1-preview
  • リリース [Set|Remove]-CsPhoneNumberAssignment コマンドレット。 これらのコマンドレットは段階的にロールアウトされます。そのため、一部のテナントでは、(ロールアウトが完了するまで) 使用できる既存のコマンドレットを参照するエラー メッセージが表示されます。
  • コマンドレットのGet-CsOnlineTelephoneNumberCountryとGet-CsOnlineTelephoneNumberTypeをリリースします。
  • [Set| の新しいパラメーター EnhancedEmergencyServiceDisclaimer を解放します。New]-CsTeamsEmergencyCallingPolicy コマンドレット。
  • コマンドレットGet-CsUserCallingSettingsリリースします。 このコマンドレットは最終的に GA モジュールでリリースされます。 プレビュー モジュールで試用版をリリースする。
  • 2021 年 9 月 2.6.0
  • 別のカスタム PowerShell モジュールの入れ子になったモジュールを作成した場合に MicrosoftTeams モジュールの参照が失敗するバグを修正しました。 MicrosoftTeams コマンドレットは、別のモジュールの入れ子になったモジュールであっても使用できるようになりました。
  • リリース [Get|新規|完了|Clear]-CsOnlineTelephoneNumberOrder コマンドレット。
  • コマンドレットのGet-CsOnlineTelephoneNumberCountryとGet-CsOnlineTelephoneNumberTypeをリリースします。
  • Get-CsOnlineApplicationInstance、New-CsExternalAccessPolicy、New-CsTeamsAppSetupPolicy、New-CsTeamsCallingPolicy、New-CsTeamsCallParkPolicy、 New-CsTeamsMeetingPolicy、New-CsTeamsMessagingPolicy、Set-CsTeamsAppSetupPolicy、Set-CsTeamsCallParkPolicy、Set-CsTeamsGuestMessagingConfiguration、Set-CsTeamsMeetingPolicy、Set-CsTenantFederationConfiguration、Set-CsExternalAccessPolicy、Set-CsTeamsCallingPolicy。
  • 正しくないサインイン試行後にConnect-MicrosoftTeamsでログインを再試行したときに発生したエラーを修正します。
  • 更新、モジュールのリリース ノートを新しいバージョンごとにPowerShell ギャラリーで使用できるようにします。
  • 2021 年 9 月 2.5.2-preview
  • 注: このバージョン以降、リリース ノートは、リリース ノートの可用性の遅延を減らすために、モジュール自体と共にPowerShell ギャラリーにも発行されます。
  • リリース [Get|Set|Grant|新規|Remove]-CsTeamsEnhancedEncryptionPolicy コマンドレット。
  • [Get| を削除します。Set|新規|Remove]-CsTenantBlockedNumberExceptionPattern コマンドレット。
  • 別のカスタム PowerShell モジュールの入れ子になったモジュールにした場合に、Microsoft Teams モジュールの参照が失敗したバグを修正しました。 Microsoft Teams コマンドレットは、別のモジュールの入れ子になったモジュールであっても使用できるようになりました。
  • リリース [Get|新規|完了|Clear]-CsOnlineTelephoneNumberOrder コマンドレット。
  • コマンドレットのGet-CsOnlineTelephoneNumberCountryとGet-CsOnlineTelephoneNumberTypeをリリースします。
  • 正しくないサインイン試行後にConnect-MicrosoftTeamsでサインインを再試行したときに発生したエラーを修正します。
  • プライベート チャネルのAdd-TeamChannelUserとRemove-TeamChannelUserが失敗する問題を修正しました。
  • 2021 年 8 月 2.5.1
  • Connect-MicrosoftTeamsのアクセス トークン ログインでは、リソース固有のトークンごとに個別のパラメーターではなく、統合トークン配列が使用されるようになりました。 詳細については、 Connect-MicrosoftTeams を参照してください。
  • Cloud ShellでのConnect-MicrosoftTeamsの対話型ログインエラーが修正されました。 既定では、再認証を求めるのではなく、ユーザーのログイン ID を使用するようになりました。
  • TeamsUnassignedNumberTreatment コマンドレットを使用できるようになりました。
  • Get-CsOnlineDialInConferencingBridgeコマンドレットと Set-CsOnlineDialInConferencingBridge コマンドレットは、以前の実装から新しい API に移行されました。
  • 最新バージョンのGet-CsTenantとGet-CsOnlineUser (-identity パラメーターのみ) がリリースされました。 非推奨のプロパティは出力されなくなり、リモート処理に対応するプロパティと比較して書式設定が変更されます。
  • 注: New-Team関連する更新プログラムは 2.5.0 から元に戻されており、破壊的変更を避けるために以前のバージョンが提供されています。
  • 2021 年 7 月 2.4.1-preview
  • コマンドレットの変更を許可できるようになりました。
  • 新しい音声関連のコマンドレットがリリースされます。
  • -Cs* コマンドレットの証明書拇印認証の削除。
  • すべてのコマンドレットのログ ファイルのログ記録の修正。
  • *TeamChannelUser コマンドレットに関する問題を修正しました。
  • 2021 年 6 月 2.4.0-preview
  • 最新バージョンの Get-CsTenant、Get-CsOnlineUser (-identity パラメーターのみ)、Get-CsOnlineDialInConferencingLanguagesSupported、Import-CsOnlineAudioFile のプレビューのみのリリース。
  • 最新化されたバージョンのGet-CsOnlineDialInConferencingLanguagesSupportedとImport-CsOnlineAudioFileは、リモート処理に対応するバージョンと同様に動作することが期待されます。
  • 最新バージョンのGet-CsTenantとGet-CsOnlineUser (-identity パラメーターを使用して実行する場合) は、非推奨のプロパティを出力しません。
  • 最新バージョンのGet-CsTenantとGet-CsOnlineUser (-identity パラメーターを使用して実行する場合) には、リモート処理カウンターパーツと比較して書式設定が変更されます。
  • リリース [Get|Set|Grant|新規|Remove]-CsTeamsAudioConferencingPolicy コマンドレット。
  • コマンドレットのGet-CsOnlineAudioFileとRemove-CsOnlineAudioFileをリリースします。
  • Set-TeamTargetingHierarchy、Remove-TeamTargetingHierarchy、Get-TeamTargetingHierarchyStatusが GCC のお客様に提供されるようになりました。
  • Get-TeamTargetingHierarchyStatus コマンドによって呼び出されたエンドポイントを修正します。
  • 2021 年 5 月 2.3.2-preview
  • Connect-MicrosoftTeams を使用した AccessToken ログインのサポート。 トークンの配列を受け入れる -AccessTokens パラメーターを追加しました。 AccessTokens パラメーターを使用する場合は、MSGraph と Teams のリソース トークンが必要です。
  • AadAccessToken パラメーターと MsAccessToken パラメーターを削除しました。
  • 2021 年 5 月 2.3.1
  • から更新します。NETCore 2.1 から 3.1
  • ユーザーとグループの複数地域リージョンを取得するためのコマンドレットを追加しました
  • Connect-MicrosoftTeamsで -AccountId を使用する統合 Windows 認証の修正
  • TeamsCallHoldPolicy コマンドレットを使用できるようになりました
  • 多くのコマンドの入力パラメーターと出力形式に更新
  • リモート処理コマンド中の待機時間の大きな問題を修正
  • GA カスタム パッケージ機能
  • 2021 年 4 月 2.2.0-preview
  • Connect-MicrosoftTeams で -AccountId を使用するための統合Windows 認証の修正。
  • ユーザーに送信できる変更通知イベントの合計の詳細を取得するコマンドレットを追加しました。
  • ユーザーとグループの複数 geo リージョンを取得するためのコマンドレットを追加しました。
  • TeamsEnvironment 名に渡される値の処理では、大文字と小文字が区別されていました。 この問題は修正されました。
  • 単体テストを容易にするためにモジュール内のリモート セッション管理の主要なリファクタリング。 テナント管理者に対して機能変更を行う必要はありません。
  • 2021 年 4 月 2.1.0-preview
  • 一部のリモート処理コマンドレットの出力形式を修正しました (たとえば、Get-CsTeamsNetworkRoamingPolicy、Get-CsTeamsMeetingPolicy、Get-CsTeamsMessagingPolicy など)。
  • ポリシー管理コマンドレットのパラメーター リストを更新しました。
  • 2021 年 3 月 2.0.0
  • 認証 & 承認に MSAL を使用する
  • Connect-MicrosoftTeamsは、すべてのコマンドレットのエントリ ポイントです。
  • New-csOnlineSession は使用できなくなりました。 これは Connect-MicrosoftTeams に置き換えられました。
  • Enable-csonlinesessionforreconnection は不要になりました。 この機能は、Teams PowerShell モジュールでネイティブに実装されています。
  • リファクタリングされたポリシー パッケージ コマンドレットとグループ パッケージの割り当てを追加する
  • Get-Team コマンドレットのパフォーマンスの大幅な強化
  • 既存のコマンドレットのログ記録とデバッグ オプションの改善
  • テンプレート管理コマンドレットを追加しました
  • New-CsOnlineSessionの廃止
  • 2021 年 2 月 1.1.11-preview
  • テンプレート管理コマンドレットを追加しました
  • コマンドレットの Mezzo とバッチ処理の機能強化Get-Team
  • 既存のコマンドレットのログ記録とデバッグ オプションの改善
  • リファクタリングされたポリシー パッケージ コマンドレット
  • 2020 年 12 月 1.1.10-preview
  • 再試行回数とスリープ時間を増やして New-team コマンドレットに更新する
  • 2020 年 12 月 1.1.9-preview
  • Skype for Business オンライン統合の更新
  • Connect-Microsoft Teams での重複プロンプトの修正
  • 2020 年 11 月 1.1.8-preview
  • カスタム ポリシー パッケージ コマンドレットを追加します
  • ターゲット階層アップロード コマンドの修正
  • 2020 年 11 月 1.1.7-preview
  • 認証 & 承認に MSAL を使用する
  • リファクタリングされたポリシー パッケージ コマンドレットとグループ パッケージの割り当てを追加する
  • 非同期モデルを使用するためのリファクタリングされたターゲット階層のアップロード コマンド
  • ユーザーが -credential パラメーターを使用しない場合、初期認証中に 2 回プロンプトが表示されます。 ユーザーは、-credential パラメーターを使用して資格情報を渡して、プロンプトが重複しないようにすることができます。 この動作は、次のリリースで修正される予定です。
  • 2020 年 9 月 1.1.6
  • Skype for Business オンライン コネクタの統合
  • 2020 年 9 月 1.1.5-preview
  • Skype for Business オンライン コネクタの統合
  • 2020 年 7 月 1.1.4
  • グループ ポリシー割り当てコマンドレットを追加しました
  • 2020 年 6 月 1.1.3-preview
  • Skype for Business オンライン コネクタの統合
  • Get-Team最適化
  • 信頼性の向上
  • 2020 年 6 月 1.0.7
  • コマンドレットの事前読み込みを追加しました
  • .NET Framework最適化
  • 2020 年 4 月 1.0.6
  • Authenticode とアセンブリ署名
  • Get-CsPolicyPackageを追加しました
  • Get-CsUserPolicyPackageを追加しました
  • Get-CsUserPolicyPackageRecommendationを追加しました
  • Grant-CsUserPolicyPackageを追加しました
  • New-CsBatchPolicyPackageAssignmentOperationを追加しました
  • Set-TeamArchivedStateを追加しました
  • Set-TeamPictureを追加しました
  • 削除されたGet-TeamHelp
  • 2020 年 3 月 1.0.5
  • New-CsBatchPolicyAssignmentOperationを追加しました
  • 2020 年 2 月 1.0.4
  • Get-Team最適化
  • Teams PowerShell の概要

    Teams Powershell のインストール

    Teams PowerShell での Teams の管理

    Microsoft Teams コマンドレット リファレンス

    Skype for Business コマンドレット リファレンス