次の方法で共有


トラブルシューティングの概要

Windows Autopilot は、Windows デバイスライフサイクルのすべての部分を簡略化するように設計されていますが、問題が発生する可能性がある状況は常にあります。 問題のトラブルシューティングを行う場合は、次の事項を理解しておくと役立ちます。

Windows Autopilot 診断 ページ

Windows 11、Autopilot 診断ページを開いて、Autopilot プロビジョニング プロセスに関するその他の詳細なトラブルシューティング情報を表示できます。 Autopilot 診断 ページを有効にするには:

  1. Autopilot 診断 ページを有効にする必要がある ESP プロファイルに移動します。

  2. [ アプリとプロファイルの構成の進行状況を表示 する] が [ はい] に選択されていることを確認します。

  3. [エンド ユーザーのログ収集と診断ページを有効にする] が [はい] に選択されていることを確認します。

診断ページが有効になったら、[診断の表示] ボタンを選択するか、キーボード ショートカット CtrlShift+D+使用して診断情報にアクセスできます。 Autopilot 診断 ページは、現在、商用 OOBE および Autopilot ユーザー駆動モードでサポートされています。

注:

既定では、診断は Autopilot エラー時に自動的に収集されます。 詳細については、「Windows デバイスから診断を収集する」を参照してください。

注:

診断がクライアントから正常にアップロードできるようにするには、URL lgmsapeweu.blob.core.windows.net がネットワーク上でブロックされていないことを確認します。

Windows Autopilot フロー

ユーザー主導のデバイス展開と自己展開のどちらの展開を実行する場合でも、トラブルシューティング プロセスは同じです。 特定のデバイスのフローを理解すると便利です。

  1. ネットワーク接続が確立されます。 接続には、ワイヤレス (Wi-Fi) 接続または有線 (イーサネット) 接続を使用できます。

  2. Windows Autopilot プロファイルがダウンロードされます。 有線接続を使用する場合、またはワイヤレス接続を手動で確立すると、ネットワーク接続が確立されるとすぐにプロファイルが Autopilot デプロイ サービスからダウンロードされます。

  3. ユーザー認証が行われます。 ユーザー主導のデプロイ中に、ユーザーはMicrosoft Entra資格情報を入力し、検証します。

  4. Microsoft Entra結合が行われます。 ユーザー駆動型デプロイの場合、デバイスは、指定したユーザー資格情報を使用してMicrosoft Entra ID に参加します。 自己展開シナリオでは、ユーザー資格情報を指定せずにデバイスが参加します。

  5. MDM の自動登録が行われます。 Microsoft Entra参加プロセスの一環として、デバイスは Microsoft Entra ID (Microsoft Intune など) で構成された MDM サービスに登録します。

  6. 設定が適用されます。 登録状態ページが構成されている場合、登録状態ページが表示されている間、ほとんどの設定が適用されます。 構成されていない場合、または使用可能な場合は、ユーザーがサインインした後に設定が適用されます。

プロファイルのダウンロード

インターネットに接続された Windows デバイスが起動すると、Autopilot サービスへの接続と Autopilot プロファイルのダウンロードが試行されます。 Autopilot プロファイルはできるだけ早くダウンロードされ、再起動するたびに再度ダウンロードされます。

注:

この段階では、空のプロファイルがデバイス上でローカルにキャッシュされないように、Autopilot プロファイルがテナントに存在することが重要です。 必要に応じて、デバイスを再起動して新しい Autopilot プロファイルを取得できます。

OOBE 中にコンピューターを再起動して新しい Autopilot プロファイルを取得する必要がある場合:

  1. キーボードの Shift キーを押しながら F10 キーを押して、コマンド プロンプト ウィンドウを開きます。

  2. コマンド プロンプト ウィンドウで、次の 2 つのオプションのいずれかを入力します。

    1. 「」と入力 shutdown.exe /r /t 0 してすぐに 再起動します

    2. 「」と入力 shutdown.exe /s /t 0 して、すぐに シャットダウンします

詳細については、「 Windows セットアップ Command-Line オプション」を参照してください。

主要なトラブルシューティング アクティビティ

トラブルシューティング時に実行する主なアクティビティは次のとおりです。

  • 構成の確認: Microsoft Entra ID とMicrosoft Intune (または同等の MDM サービス) は、Windows Autopilot 構成要件で指定されているように構成されていますか?
  • ネットワーク接続を確認する: デバイスは、Windows Autopilot ネットワーク要件に記載されているサービスにアクセスできますか?
  • Autopilot アウトオブボックス エクスペリエンス (OOBE) の動作: 予想される OOBE 画面は表示されますか? Microsoft Entra資格情報ページは、期待どおりにorganization固有の詳細でカスタマイズされていますか?
  • Microsoft Entra参加の問題: デバイスは Microsoft Entra ID に参加できますか?
  • MDM 登録の問題: デバイスはMicrosoft Intune (または同等の MDM サービス) に登録できますか?
  • Autopilot エラー時に自動的に収集されるログを確認します。 詳細については、「Windows デバイスから診断を収集する」を参照してください。

次の手順

特定の問題のトラブルシューティングに関するヘルプについては、次の記事を参照してください。

Windows 10での MDM エラーの診断