次の方法で共有


ユーザー駆動型Microsoft Entra結合: Autopilot プロファイルに参加するユーザー駆動型Microsoft Entraを作成して割り当てる

Autopilot ユーザー主導のMicrosoft Entra参加手順:

  • 手順 6: Autopilot プロファイルを作成して割り当てる

Windows Autopilot ユーザー駆動型Microsoft Entra参加ワークフローの概要については、「Windows Autopilot ユーザー駆動型Microsoft Entra参加の概要」を参照してください。

Autopilot プロファイルに参加Microsoft Entraユーザー駆動型プロファイルを作成して割り当てる

Autopilot プロファイルは、Windows セットアップ時のデバイスの構成方法と、既定のエクスペリエンス (OOBE) 中に表示される内容を指定します。

管理者がユーザー主導のシナリオの Autopilot プロファイルを作成すると、この Autopilot プロファイルを持つデバイスは、デバイスを登録しているユーザーに関連付けられます。 デバイスを登録するには、ユーザーの資格情報が必要です。

Autopilot ユーザー駆動型Microsoft Entra結合と Autopilot Microsoft Entra ハイブリッド結合の違いは、ユーザー駆動型のMicrosoft Entra参加シナリオは Autopilot 中にのみMicrosoft Entra ID参加することです。 Microsoft Entra ハイブリッド参加シナリオは、Autopilot 中にオンプレミス ドメインとMicrosoft Entra IDの両方に参加します。

ヒント

Configuration Manager管理者の場合、Autopilot プロファイルは、ファイルを介したタスク シーケンス中に行われる構成の一部にunattend.xml似ています。 ファイルは unattend.xml 、[ Windows 設定の適用] および [ネットワーク設定適用] の手順で構成されます。 ただし、Autopilot ではファイルは使用 unattend.xml されません。

Autopilot プロファイルに参加Microsoft Entraユーザー駆動型のプロファイルを作成するには、次の手順に従います。

  1. Microsoft Intune 管理センターにサインインします。

  2. [ホーム] 画面で、左側のウィンドウで [デバイス] を選択します。

  3. デバイス |[概要] 画面の [プラットフォーム別] で [Windows] を選択します

  4. Windows で |[Windows デバイス ] 画面で、[ Windows 登録] を選択します。

  5. [Windows Autopilot Deployment プログラム] で、[展開プロファイル] を選択します。

  6. [Windows Autopilot 展開プロファイル] 画面で、[プロファイル>の作成][Windows PC] を選択します。

  7. [ プロファイルの作成] 画面が開きます。 [ 基本 ] ページで、次の操作を行います。

    1. [ 名前] の横に、Autopilot プロファイルの名前を入力します。

    2. [ 説明] の横に説明を入力します。

    3. [次へ] を選択します。

      注:

      [ 対象デバイスをすべて Autopilot に変換する ] オプションを [はい] に設定します。 このチュートリアルでは、ハードウェア ハッシュを使用してデバイスを Autopilot デバイスとして手動でインポートする新しいデバイスに重点を置きますが、このオプションは、既存のデバイスを含むデバイス グループに Autopilot プロファイルを割り当てるときに役立ちます。 たとえば、このオプションは、Autopilot のデプロイが完了した後に既存のデバイスを Autopilot デバイスとして登録する必要がある既存デバイス向け Windows Autopilotシナリオを使用する場合に役立ちます。 詳細については、「 Windows Autopilot にデバイスを登録する」を参照してください。

  1. [ すぐに使えるエクスペリエンス (OOBE)] ページで 、次の操作を行います。

    • [デプロイ モード] で、[ユーザー ドリブン] を選択します。

    • [Join to Microsoft Entra ID as]\(Microsoft Entra IDに参加する\) で、[Microsoft Entra参加済み] を選択します。

    • Microsoft ソフトウェア ライセンス条項の場合は、[非表示] を選択して EULA ページをスキップします。

    • [ プライバシー設定] で、[ 非表示] を選択してプライバシー設定をスキップします。

    • [ アカウントの変更オプションを非表示にする] で、[ 非表示] を選択します。

    • [ ユーザー アカウントの種類] で、ユーザー (管理者 または 標準 ユーザー) の目的のアカウントの種類を選択します。 [管理者] が選択されている場合、ユーザーはローカル 管理 グループに追加されます。

    • [ 事前プロビジョニングされたデプロイを許可する] で、[いいえ] を選択 します

      注:

      事前プロビジョニングされた展開Microsoft Entra参加シナリオの Windows Autopilot については、「事前プロビジョニングされた展開Microsoft Entra参加のための Windows Autopilot のステップ バイ ステップ チュートリアル」を参照Intune

    • [ 言語 (リージョン)] で、[ オペレーティング システムの既定値 ] を選択して、構成されているオペレーティング システムの既定の言語を使用します。 別の言語が必要な場合は、ドロップダウン リストから目的の言語を選択します。

    • [ キーボードの自動構成] で、[ はい ] を選択してキーボードの選択ページをスキップします。

    • [ デバイス名テンプレートの適用] で、[いいえ] を選択 します。 または、[ はい] を 選択してデバイス名テンプレートを適用することもできます。 名前テンプレートが [はい] に選択されている場合は、次の点に注意してください。

      • 名前は 15 文字以下である必要があり、文字、数字、およびハイフンを使用できます。
      • 名前をすべて数字にすることはできません。
      • %SERIAL% マクロを使用すると、ハードウェア固有のシリアル番号が追加されます。
      • %RAND:x% マクロを使用して、数値のランダムな文字列を追加します。ここで、x は追加する桁数と等しくなります。

    注:

    上記の設定は、デバイスのセットアップ中に必要なユーザー操作を最小限に抑えるために選択されています。 ただし、非表示になっている設定の一部は、代わりに必要に応じて表示できます。 たとえば、一部のリージョンでは 、プライバシー設定 を常に表示することが必要な場合があります。

    注:

    言語/地域とキーボードの画面が非表示に設定されている場合は、Autopilot 展開の開始時にネットワーク接続がない場合でも表示される可能性があります。 展開の開始時に、これらの画面を非表示にする設定が指定されている Autopilot プロファイルをダウンロードするためのネットワーク接続がないため、これらの画面が表示されます。 ネットワーク接続が確立されると、Autopilot プロファイルがダウンロードされ、追加の画面設定が期待どおりに機能します。

  1. [ 既定のエクスペリエンス (OOBE)] ページの オプションが必要に応じて構成されたら、[ 次へ] を選択します。

  2. [ 割り当て] ページで、次の手順を 実行します。

    1. [ 含まれるグループ] で、[ グループの追加] を選択します。

    注:

    [除外されたグループ] ではなく、[ 含まれているグループ ] の下に正しいデバイス グループを追加してください。 [ 除外された グループ] の下に目的のデバイス グループを誤って追加すると、それらのデバイス グループ内のデバイスが Autopilot プロファイルを受信できなくなります。

    1. [ 含めるグループの選択 ] ウィンドウが開いたら、Autopilot プロファイルを割り当てるグループを選択します。 このデバイス グループは、通常、前の [デバイス グループの作成] 手順で作成した デバイス グループ です。 完了したら、[選択] を 選択します

    2. [ 含まれているグループ グループ>] で、正しいグループが選択されていることを確認し、[ 次へ] を選択します。

  3. [ 確認と作成 ] ページで、すべての設定が必要に応じて設定されていることを確認し、[ 作成 ] を選択して Autopilot プロファイルを作成します。

デバイスに Autopilot プロファイルが割り当てられているかどうかを確認する

デバイスを展開する前に、デバイスがメンバーになっているデバイス グループに Autopilot プロファイルが割り当てられていることを確認します。 デバイスへの Autopilot プロファイルの割り当ては、Autopilot プロファイルがデバイス グループに割り当てられた後、またはデバイス がデバイス グループに追加された後に、しばらく時間がかかる場合があります。 プロファイルがデバイスに割り当てられていることを確認するには、次の手順に従います。

  1. Microsoft Intune 管理センターにサインインします。

  2. [ホーム] 画面で、左側のウィンドウで [デバイス] を選択します。

  3. デバイス |[概要] 画面の [プラットフォーム別] で [Windows] を選択します

  4. Windows で |[Windows デバイス ] 画面で、[ Windows 登録] を選択します。

  5. [Windows Autopilot Deployment プログラム] で、[デバイス] を選択します

  6. 開いた Windows Autopilot デバイス 画面で、次の手順を実行します。

    1. Autopilot 展開プロファイルの割り当て状態を確認する必要がある目的のデバイスを見つけます。

    2. デバイスが見ついたら、現在の状態が [プロファイルの状態 ] 列に一覧表示されます。 状態には、次のいずれかの値があります。

      デバイスで Autopilot 展開プロセスを開始する前に、[ Windows Autopilot デバイス ] ページで次の点を確認します。

      • デバイスのプロファイルの 状態[割り当て済み] です。
      • デバイスのプロパティで、 割り当てられた日付 に値があります。
      • デバイスのプロパティで、 割り当てられたプロファイルに 、想定される Autopilot プロファイルが表示されます。

注:

Intune割り当てられたデバイス グループ内の新しいデバイスを定期的にチェックし、それらのデバイスにプロファイルを割り当てるプロセスを開始します。 Autopilot プロファイル割り当てのプロセスに関連するいくつかの異なる要因により、割り当ての推定時間はシナリオによって異なる場合があります。 これらの要因には、Microsoft Entra グループ、メンバーシップ ルール、デバイスのハッシュ、Intuneと Autopilot サービス、インターネット接続などがあります。 割り当て時間は、特定のシナリオに関連するすべての要因と変数によって異なります。

次の手順: Autopilot デバイスをユーザーに割り当てる (省略可能)

ユーザーをデバイスに割り当てる予定がない場合は、「 手順 8: デバイスをデプロイする」に進んでください。

詳細

Autopilot プロファイルの構成の詳細については、次の記事を参照してください。