Azure Active Directory B2C を使用して Google アカウントでのサインアップおよびサインインを設定する

開始する前に[ポリシーの種類の選択] セレクターを使用して、設定するポリシーの種類を選択します。 Azure Active Directory B2C には、ユーザーがアプリケーションを操作する方法を定義する 2 つの方法 (定義済みのユーザー フローを使用する、または完全に構成可能なカスタム ポリシーを使用する) があります。 この記事で必要な手順は、方法ごとに異なります。

重要

2021 年 9 月 30 日より、Google は Web ビュー サインイン サポートを廃止します。 アプリで埋め込みの Web ビューを使用してユーザーを認証しており、Azure AD B2C で Google フェデレーションを使用している場合は、Google Gmail ユーザーを認証できなくなります。 詳細については、こちらを参照してください

注意

Azure Active Directory B2C で、カスタム ポリシーは、主に、複雑なシナリオに取り組む用途向けに設計されています。 ほとんどのシナリオで、組み込みユーザー フローを使用することをお勧めします。 まだ行っていない場合は、Active Directory B2C でのカスタム ポリシーの概要に関する記事で、カスタム ポリシー スターター パックの詳細を確認してください。

前提条件

Google アプリケーションを作成する

Azure Active Directory B2C (Azure AD B2C) で Google アカウントを持つユーザーのサインインを有効にするために、Google Developers Console でアプリケーションを作成する必要があります。 詳細については、「OAuth 2.0 の設定」を参照してください。 まだ Google アカウントを持っていない場合は、https://accounts.google.com/signup でサインアップできます。

  1. Google アカウントの資格情報で Google Developers Console にサインインします。
  2. ページの左上隅にあるプロジェクトの一覧を選択し、[新しいプロジェクト] を選択します。
  3. [プロジェクト名] を入力し、[作成] を選択します。
  4. 画面左上にあるプロジェクト ドロップダウンを選択して、新しいプロジェクトを使用していることを確認します。 名前でプロジェクトを選択し、 [開く] を選択します。
  5. 左側のメニューで、[API とサービス] を選択してから、[OAuth 同意画面] を選択します。 [外部] を選択し、[作成] を選択します。
    1. アプリケーションの [名前] を入力します。
    2. ユーザー サポート メールを選択します。
    3. [アプリ ドメイン] セクションで、[アプリケーション ホーム ページ] へのリンク、[Application privacy policy] (アプリケーションのプライバシーポリシー) へのリンク、および [Application terms of service] (アプリケーションの使用条件) へのリンクを入力します。
    4. [承認済みドメイン] セクションで、「b2clogin.com」と入力します。
    5. [開発者の連絡先情報] セクションに、プロジェクトに対する変更を通知するための Google へのコンマ区切りメールを入力します。
    6. [保存] を選択します。
  6. 左側のメニューで [Credentials (資格情報)] を選択して、[Create credentials (資格情報を作成)] > [Oauth client ID (Oauth クライアント ID)] を選択します。
  7. [アプリケーションの種類][Web アプリケーション] を選択します。
    1. アプリケーションの [名前] を入力します。
    2. [認可済みの JavaScript 生成元] に「https://your-tenant-name.b2clogin.com」と入力します。 カスタム ドメインを使用する場合は、「https://your-domain-name」と入力します。
    3. [認可済みのリダイレクト URI] に「https://your-tenant-name.b2clogin.com/your-tenant-name.onmicrosoft.com/oauth2/authresp」と入力します。 カスタム ドメインを使用する場合は、「https://your-domain-name/your-tenant-name.onmicrosoft.com/oauth2/authresp」と入力します。 your-domain-name を実際のカスタム ドメインに、your-tenant-name を実際のテナントの名前に置き換えます。 テナントが Azure AD B2C に大文字で定義されている場合でも、テナント名を入力するときに、すべての小文字を使用します。
  8. Create をクリックしてください。
  9. [クライアント ID][クライアント シークレット] の値をコピーします。 テナントで ID プロバイダーとして Google を構成するには、両方の値が必要です。 [クライアント シークレット] は、重要なセキュリティ資格情報です。

Google を ID プロバイダーとして構成する

  1. Azure AD B2C テナントの全体管理者として Azure Portal にサインインします。
  2. ご自分の Azure AD B2C テナントが含まれるディレクトリを必ず使用してください。 ポータル ツールバーの [Directories + subscriptions](ディレクトリ + サブスクリプション) アイコンを選択します。
  3. [ポータルの設定] | [Directories + subscriptions](ディレクトリ + サブスクリプション) ページで Azure AD B2C ディレクトリを [ディレクトリ名] リストで見つけ、 [Switch] を選択します。
  4. Azure Portal の左上隅の [すべてのサービス] を選択し、 [Azure AD B2C] を検索して選択します。
  5. [ID プロバイダー] を選択してから、[Google] を選択します。
  6. [名前] を入力します。 たとえば、「Google」とします。
  7. [クライアント ID] には、前に作成した Google アプリケーションのクライアント ID を入力します。
  8. [クライアント シークレット] には、記録したクライアント シークレットを入力します。
  9. [保存] を選択します。

ユーザー フローに Google ID プロバイダーを追加する

この時点では、Google ID プロバイダーは設定されていますが、サインイン ページではまだ使用できません。 Google ID プロバイダーをユーザー フローに追加するには、次のようにします。

  1. Azure AD B2C テナントで、 [ユーザー フロー] を選択します。
  2. Google ID プロバイダーを追加するユーザー フローをクリックします。
  3. [ソーシャル ID プロバイダー] から、 [Google] を選択します。
  4. [保存] を選択します。
  5. ポリシーをテストするには、 [ユーザー フローを実行します] を選択します。
  6. [アプリケーション] には、以前に登録した testapp1 という名前の Web アプリケーションを選択します。 [応答 URL]https://jwt.ms と表示されます。
  7. [ユーザー フローを実行します] ボタンを選択します。
  8. サインアップまたはサインイン ページで、 [Google] を選択して、Google アカウントでサインインします。

サインイン プロセスが成功すると、ブラウザーは https://jwt.ms にリダイレクトされ、Azure AD B2C によって返されたトークンの内容が表示されます。

ポリシー キーを作成する

Azure AD B2C テナントで前に記録したクライアント シークレットを格納する必要があります。

  1. Azure portal にサインインします。
  2. ご自分の Azure AD B2C テナントが含まれるディレクトリを必ず使用してください。 ポータル ツールバーの [Directories + subscriptions](ディレクトリ + サブスクリプション) アイコンを選択します。
  3. [ポータルの設定] | [Directories + subscriptions](ディレクトリ + サブスクリプション) ページで Azure AD B2C ディレクトリを [ディレクトリ名] リストで見つけ、 [Switch] を選択します。
  4. Azure portal の左上隅にある [すべてのサービス] を選択してから、 [Azure AD B2C] を検索して選択します。
  5. [概要] ページで、 [Identity Experience Framework] を選択します。
  6. [ポリシー キー] を選択し、 [追加] を選択します。
  7. オプションについては、Manualを選択します。
  8. ポリシー キーの名前を入力します。 たとえば、「 GoogleSecret 」のように入力します。 プレフィックス B2C_1A_ がキーの名前に自動的に追加されます。
  9. [シークレット] に、前に記録したクライアント シークレットを入力します。
  10. [キー使用法] として [Signature] を選択します。
  11. Create をクリックしてください。

Google を ID プロバイダーとして構成する

ユーザーが Google アカウントを使用してサインインできるようにするには、そのアカウントを Azure AD B2C がエンドポイント経由で通信できる相手のクレーム プロバイダーとして定義する必要があります。 エンドポイントは、特定のユーザーが認証されていることを確認するために Azure AD B2C で使う一連の要求を提供します。

Google アカウントをクレーム プロバイダーとして定義するには、そのアカウントをポリシーの拡張ファイル内の ClaimsProviders 要素に追加します。

  1. TrustFrameworkExtensions.xml を開きます。

  2. ClaimsProviders 要素を見つけます。 存在しない場合は、それをルート要素の下に追加します。

  3. 新しい ClaimsProvider を次のように追加します。

    <ClaimsProvider>
      <Domain>google.com</Domain>
      <DisplayName>Google</DisplayName>
      <TechnicalProfiles>
        <TechnicalProfile Id="Google-OAuth2">
          <DisplayName>Google</DisplayName>
          <Protocol Name="OAuth2" />
          <Metadata>
            <Item Key="ProviderName">google</Item>
            <Item Key="authorization_endpoint">https://accounts.google.com/o/oauth2/auth</Item>
            <Item Key="AccessTokenEndpoint">https://accounts.google.com/o/oauth2/token</Item>
            <Item Key="ClaimsEndpoint">https://www.googleapis.com/oauth2/v1/userinfo</Item>
            <Item Key="scope">email profile</Item>
            <Item Key="HttpBinding">POST</Item>
            <Item Key="UsePolicyInRedirectUri">false</Item>
            <Item Key="client_id">Your Google application ID</Item>
          </Metadata>
          <CryptographicKeys>
            <Key Id="client_secret" StorageReferenceId="B2C_1A_GoogleSecret" />
          </CryptographicKeys>
          <OutputClaims>
            <OutputClaim ClaimTypeReferenceId="issuerUserId" PartnerClaimType="id" />
            <OutputClaim ClaimTypeReferenceId="email" PartnerClaimType="email" />
            <OutputClaim ClaimTypeReferenceId="givenName" PartnerClaimType="given_name" />
            <OutputClaim ClaimTypeReferenceId="surname" PartnerClaimType="family_name" />
            <OutputClaim ClaimTypeReferenceId="displayName" PartnerClaimType="name" />
            <OutputClaim ClaimTypeReferenceId="identityProvider" DefaultValue="google.com" />
            <OutputClaim ClaimTypeReferenceId="authenticationSource" DefaultValue="socialIdpAuthentication" />
          </OutputClaims>
          <OutputClaimsTransformations>
            <OutputClaimsTransformation ReferenceId="CreateRandomUPNUserName" />
            <OutputClaimsTransformation ReferenceId="CreateUserPrincipalName" />
            <OutputClaimsTransformation ReferenceId="CreateAlternativeSecurityId" />
            <OutputClaimsTransformation ReferenceId="CreateSubjectClaimFromAlternativeSecurityId" />
          </OutputClaimsTransformations>
          <UseTechnicalProfileForSessionManagement ReferenceId="SM-SocialLogin" />
        </TechnicalProfile>
      </TechnicalProfiles>
    </ClaimsProvider>
    
  4. client_id を、アプリケーションの登録で取得したアプリケーション ID に設定します。

  5. ファイルを保存します。

ユーザー体験を追加する

この時点では、ID プロバイダーはセットアップされていますが、サインイン ページではまだ使用できません。 独自のカスタム ユーザー体験がない場合は、既存のテンプレート ユーザー体験の複製を作成してください。そうでない場合は、次の手順に進みます。

  1. スターター パックから TrustFrameworkBase.xml ファイルを開きます。
  2. Id="SignUpOrSignIn" を含む UserJourney 要素を見つけ、その内容全体をコピーします。
  3. TrustFrameworkExtensions.xml を開き、UserJourneys 要素を見つけます。 要素が存在しない場合は追加します。
  4. コピーした UserJourney 要素の内容全体を UserJourneys 要素の子として貼り付けます。
  5. ユーザー体験の ID の名前を変更します。 たとえば、「 Id="CustomSignUpSignIn" 」のように入力します。

ユーザー体験に ID プロバイダーを追加する

これでユーザー体験ができたので、ユーザー体験に新しい ID プロバイダーを追加します。 最初にサインイン ボタンを追加してから、ボタンをアクションにリンクします。 アクションは、前に作成した技術プロファイルです。

  1. ユーザー体験内で、Type="CombinedSignInAndSignUp" または Type="ClaimsProviderSelection" を含むオーケストレーション ステップ要素を見つけます。 これは通常、最初のオーケストレーション ステップです。 ClaimsProviderSelections 要素には、ユーザーがサインインに使用できる ID プロバイダーの一覧が含まれています。 要素の順序により、ユーザーに表示されるサインイン ボタンの順序が制御されます。 ClaimsProviderSelection XML 要素を追加します。 TargetClaimsExchangeId の値をフレンドリ名に設定します。

  2. 次のオーケストレーション ステップで、ClaimsExchange 要素を追加します。 ID を、ターゲットの要求交換 ID の値に設定します。TechnicalProfileReferenceId の値を、前に作成した技術プロファイルの ID に更新します。

次の XML は、ID プロバイダーを使用したユーザー体験の最初の 2 つのオーケストレーション ステップを示しています。

<OrchestrationStep Order="1" Type="CombinedSignInAndSignUp" ContentDefinitionReferenceId="api.signuporsignin">
  <ClaimsProviderSelections>
    ...
    <ClaimsProviderSelection TargetClaimsExchangeId="GoogleExchange" />
  </ClaimsProviderSelections>
  ...
</OrchestrationStep>

<OrchestrationStep Order="2" Type="ClaimsExchange">
  ...
  <ClaimsExchanges>
    <ClaimsExchange Id="GoogleExchange" TechnicalProfileReferenceId="Google-OAuth2" />
  </ClaimsExchanges>
</OrchestrationStep>

証明書利用者ポリシーを構成する

証明書利用者ポリシー (例 SignUpSignIn.xml) は、Azure AD B2C が実行されるユーザー体験を指定します。 証明書利用者内の DefaultUserJourney 要素を検索します。 ID プロバイダーを追加したユーザー体験 ID と一致するように ReferenceId を更新します。

次の例では、CustomSignUpSignIn ユーザー体験について、ReferenceIdCustomSignUpSignIn に設定しています。

<RelyingParty>
  <DefaultUserJourney ReferenceId="CustomSignUpSignIn" />
  ...
</RelyingParty>

カスタム ポリシーをアップロードする

  1. Azure portal にサインインします。
  2. ポータル ツール バーにある [ディレクトリ + サブスクリプション] アイコンを選択し、Azure AD B2C テナントを含むディレクトリを選択します。
  3. Azure portal で、 [Azure AD B2C] を検索して選択します。
  4. [ポリシー][Identity Experience Framework] を選択します。
  5. [カスタム ポリシーのアップロード] を選択し、変更した 2 つのポリシー ファイルを拡張ポリシー (TrustFrameworkExtensions.xml など)、証明書利用者ポリシー (SignUpSignIn.xmlなど) の順序でアップロードします。

カスタム ポリシーのテスト

  1. 証明書利用者ポリシー (B2C_1A_signup_signin など) を選択します。
  2. [アプリケーション] には、前に登録した Web アプリケーションを選択します。 [応答 URL]https://jwt.ms と表示されます。
  3. [今すぐ実行] ボタンを選択します。
  4. サインアップまたはサインイン ページで、 [Google] を選択して、Google アカウントでサインインします。

サインイン プロセスが成功すると、ブラウザーは https://jwt.ms にリダイレクトされ、Azure AD B2C によって返されたトークンの内容が表示されます。

次のステップ