Azure API Management の用語

この記事では、Azure API Management に固有の用語の定義について説明します。

用語の定義

  • バックエンド API - API とその操作を実装するサービス (最も一般的なものは HTTP ベース)。 バックエンド API は、単にバックエンドと呼ばれることもあります。 詳細については、バックエンドに関するページを参照してください。
  • フロントエンド API - API Management は、バックエンド API の上の仲介レイヤーとして機能します。 フロントエンド API は、API Management から API コンシューマーに公開される API です。 それが表すバックエンド API を変更することなく、API Management でフロントエンド API の形状と動作をカスタマイズできます。 フロントエンド API は、単に API と呼ばれることがあります。 詳細については、API のインポートと発行に関する記事をご覧ください。
  • プロダクト - プロダクトはフロントエンド API のバンドルであり、1 つのアクセス資格情報と一連の使用制限の下で、セルフサービス オンボーディングのために、指定された API コンシューマー グループが利用できるようにすることができます。 API は、複数のプロダクトの一部にすることができます。 詳細については、成果物の作成と発行に関する記事をご覧ください。
  • API 操作 - API Management のフロントエンド API では、複数の操作を定義できます。 操作は、フロントエンド API 内で一意に解決できる HTTP 動詞と URL テンプレートの組み合わせです。 多くの場合、操作はバックエンド API のエンドポイントに 1 対 1 で対応します。 詳細については、API のモック応答に関する記事をご覧ください。
  • バージョン - バージョンは、既存のフロントエンド API の個別のバリエーションであり、元のものとは形状や動作が異なります。 お客様は、元の API のままにすることも、任意の時点で新しいバージョンにアップグレードすることもできます。 バージョンは、API コンシューマーに影響を与えずに破壊的変更をリリースするためのメカニズムです。 詳細については、複数のバージョンの API の公開に関する記事をご覧ください。
  • リビジョン - リビジョンは、API コンシューマーに影響を与えずに変更でき、コンシューマーが通常は検証とテストの後で現在使っているバージョンと入れ替えることができる、既存の API のコピーです。 リビジョンは、破壊的ではない変更を安全に実装するためのメカニズムを提供します。 詳細については、リビジョンの使用に関する記事をご覧ください。
  • ポリシー - ポリシーは再利用可能で構成可能なコンポーネントであり、一般的に使わる API 関連の何らかの機能を実装します。 API Management には、要求変換、ルーティング、セキュリティ、保護、キャッシュなど、重要ではあっても区別されていない水平方向の問題を処理する 50 を超える組み込みポリシーが用意されています。 ポリシーは、影響を受ける API または操作を決定し、ポリシー式を使用して動的に構成される、さまざまなスコープで適用できます。 詳しくは、「Azure API Management のポリシー」をご覧ください。
  • 開発者ポータル - 開発者ポータルは、API Management のコンポーネントです。 API 検出とセルフサービス オンボーディングのためのカスタマイズ可能なエクスペリエンスを、API コンシューマーに提供します。 詳細については、開発者ポータルのカスタマイズに関する記事をご覧ください。

次のステップ