Share via


Azure API Management の監視

適用対象: すべての API Management レベル

監視とは、あるシステムから生成されるデータからそのシステムの内部状態を理解するための機能であり、そのデータをいろいろ調べ、発生した問題とその理由に関する疑問に答える機能です。

Azure API Management を利用すると、組織は全 API の管理を一元化できます。 全 API トラフィックの単一エントリ ポイントとして機能するため、API を監視する場所として理想的です。

概要

Azure API Management では、マネージド ゲートウェイまたはセルフホステッド ゲートウェイ (いずれも自己デプロイ済み) の使用、または Azure Arc 拡張機能の使用を選択できます。

次の表は、API を操作するために API Management によってサポートされるすべての可観測性機能と、それらでサポートされているデプロイ モデルをまとめたものです。 これらの機能は、API 発行元や、API Management インスタンスを操作または管理するためのアクセス許可を持つ他のユーザーが使用できます。

Note

開発者ポータルを使用する API コンシューマーは、組み込みの API レポートを使用できます。 これは、直近の 90 日間の個々の API の使用状況に関する情報のみを提供します。 現時点では、組み込みの API レポートは、v2 サービス レベルの開発者ポータルでは使用できません。

ツール 適した用途 データ ラグ 保持 サンプリング データの種類 サポートされているデプロイ モデル
API インスペクター テストとデバッグ すぐに 最後の 100 トレース 要求ごとにオンにする 要求のトレース マネージド、セルフホステッド、Azure Arc
ビルトイン分析 レポートと監視 有効期間 100% レポートとログ マネージド
Azure Monitor のメトリック レポートと監視 90 日 (アップグレードして延長) 100% メトリック マネージド、セルフホステッド2、Azure Arc
Azure Monitor ログ レポート、監視、デバッグ 31 日/5 GB (延長アップグレード) 100% (調整可能) ログ マネージド1、セルフホステッド3、Azure Arc3
Azure Application Insights レポート、監視、デバッグ Seconds 90 日/5 GB (延長アップグレード) Custom ログ、メトリック マネージド1、セルフホステッド1、Azure Arc1
Azure Event Hubs を使用したログ カスタム シナリオ Seconds ユーザー管理 Custom Custom マネージド1、セルフホステッド1、Azure Arc1
OpenTelemetry 監視 ユーザー管理 100% メトリック セルフホステッド2

1. Azure API Management の機能の構成に応じて省略可能

2. ゲートウェイの構成に応じて省略可能

3. セルフホステッド ゲートウェイでは現在、Azure Monitor に診断ログが送信されません。 ただし、セルフホステッド ゲートウェイがデプロイされている場所にローカルにログを構成して永続化することができます。 詳細については、セルフホステッド ゲートウェイでのローカル メトリックとログの構成に関するページを参照してください。

次の手順