カスタム コンテナーを使用してカスタム ソフトウェアを Azure App Service に移行する

Azure App Service は、IIS 上で稼働する ASP.NET や IIS 上で稼働する Node.js など、Windows 上の定義済みのアプリケーション スタックを提供します。 構成済みの Windows 環境では、オペレーティング システムのロックを以下から行います。

  • 管理アクセス権。
  • ソフトウェアのインストール。
  • グローバル アセンブリ キャッシュに対する変更。

詳細については、「Azure App Service におけるオペレーティング システムの機能」を参照してください。

Visual Studio からカスタム構成の Windows イメージをデプロイし、アプリに必要な OS の変更を加えることができます。 そのため、カスタム OS とソフトウェア構成が必要なオンプレミス アプリを簡単に移行することができます。 このチュートリアルでは、Windows フォント ライブラリにインストールされているカスタム フォントを使用する ASP.NET アプリを App Service に移行する方法を示します。 Visual Studio からカスタム構成の Windows イメージを Azure Container Registry に展開した後、App Service でそれを実行します。

Shows the web app running in a Windows container.

前提条件

このチュートリアルを完了するには、以下が必要です。

アプリをローカルでセットアップする

サンプルのダウンロード

この手順では、ローカルな .NET プロジェクトを設定します。

サンプル プロジェクトには、Windows フォント ライブラリにインストールされているカスタム フォントを使用する簡単な ASP.NET アプリケーションが含まれています。 フォントをインストールする必要はありません。 ただし、このサンプルは、基になる OS と統合されたアプリの一例です。 このようなアプリを App Service に移行するには、統合を削除するようにコードを再設計するか、またはカスタム Windows コンテナーにそのまま移行します。

フォントをインストールする

エクスプローラーで custom-font-win-container-master/CustomFontSample に移動し、FrederickatheGreat-Regular.ttf を右クリックして、 [インストール] を選択します。

このフォントは、Google Fonts で一般公開されています。

アプリを実行する

custom-font-win-container-master/CustomFontSample.sln ファイルを Visual Studio で開きます。

デバッグせずにアプリを実行するには、Ctrl+F5 キーを押します。 アプリが既定のブラウザーに表示されます。

Screenshot showing the app displayed in the default browser.

アプリはインストールされているフォントを使用するため、App Service サンドボックスでは実行できません。 ただし、Windows コンテナーにフォントをインストールできるので、代わりに Windows コンテナーを使用して展開することができます。

Windows コンテナーを構成する

ソリューション エクスプローラーで CustomFontSample を右クリックし、 [追加]>[Container Orchestration Support](コンテナー オーケストレーションのサポート) を選択します。

Screenshot of the Solution Explorer window showing the CustomFontSample project, Add, and Container Orchestrator Support menu items selected.

[Docker Compose]>[OK] を選択します。

プロジェクトが Windows コンテナーで実行するように設定されます。 DockerfileCustomFontSample プロジェクトに追加され、docker-compose プロジェクトがソリューションに追加されます。

ソリューション エクスプローラーで Dockerfile を開きます。

サポートされている親イメージを使用する必要があります。 FROM 行を次のコードに置き換えることで、親イメージを変更します。

FROM mcr.microsoft.com/dotnet/framework/aspnet:4.7.2-windowsservercore-ltsc2019

ファイルの末尾に次の行を追加し、ファイルを保存します。

RUN ${source:-obj/Docker/publish/InstallFont.ps1}

CustomFontSample プロジェクトには InstallFont.ps1 があります。 これはフォントをインストールする簡単なスクリプトです。 さらに複雑なバージョンのスクリプトがスクリプト センターにあります。

Note

Windows コンテナーをローカルでテストするには、ローカル コンピューターで Docker が起動していることを確認します。

Azure Container Registry に発行する

Azure Container Registry では、コンテナーの展開用にイメージを格納することができます。 Azure Container Registry でホストされているイメージを使用するように App Service を構成できます。

発行ウィザードを開く

ソリューション エクスプローラーで CustomFontSample プロジェクトを右クリックし、 [発行] を選択します。

Screenshot of Solution Explorer showing the CustomFontSample project and Publish selected.

レジストリを作成して発行する

発行ウィザードで [コンテナー レジストリ]>[新しい Azure コンテナー レジストリを作成する]>[発行] を選択します。

Screenshot of the publish wizard showing Container Registry, Create New Azure Container Registry, and the Publish button selected.

Azure アカウントでサインインする

[新しい Azure コンテナー レジストリを作成する] ダイアログ ボックスで、 [アカウントの追加] をクリックし、Azure サブスクリプションにサインインします。 既にサインインしている場合は、目的のサブスクリプションを含んだアカウントをドロップダウンから選択します。

Sign in to Azure.

レジストリを構成する

次の表の推奨値に基づいて新しいコンテナー レジストリを構成します。 完了したら、[作成] を選択します。

設定 推奨値 詳細情報
DNS プレフィックス 生成されたレジストリ名をそのまま使用するか、または別の一意名に変更します。
リソース グループ [新規] を選択し、「myResourceGroup」と入力して、[OK] を選択します。
SKU Basic 価格レベル
レジストリの場所 西ヨーロッパ

Configure Azure container registry.

ターミナル ウィンドウが開き、イメージの展開の進行状況が表示されます。 デプロイが完了するまで待ちます。

Azure へのサインイン

Azure portal にサインインします。

Web アプリを作成する

左側のメニューから [リソースの作成]>[Web]>[Web App for Containers] を選択します。

アプリの基本情報を構成する

[基本] タブで、次の表に従って設定を構成し、[次へ: Docker] を選びます。

設定 推奨値 詳細情報
サブスクリプション 正しいサブスクリプションが選択されていることを確認します。
リソース グループ [新規作成] を選択し、「myResourceGroup」と入力して、[OK] を選択します。
名前 一意の名前を入力します。 Web アプリの URL は https://<app-name>.azurewebsites.net です。<app-name> には自分のアプリの名前を指定します。
発行 Docker コンテナー
オペレーティング システム Windows
リージョン "西ヨーロッパ"
Windows プラン [新規作成] を選び、「myAppServicePlan」と入力して、[OK] を選びます。

[基本] タブは、次のように表示されます。

Shows the Basics tab used to configure the web app.

Windows コンテナーを構成する

[Docker] タブで、次の表に示したようにカスタム Windows コンテナーを構成し、 [確認および作成] を選択します。

設定 推奨値
イメージのソース Azure Container Register
レジストリ 以前に作成したレジストリを選択します。
Image customfontsample
Tag latest

アプリの作成を完了する

[作成] を選び、必要なリソースが Azure によって作成されるのを待ちます。

Web アプリを参照する

Azure の処理が完了すると、通知ボックスが表示されます。

Shows that the Azure operation is complete.

  1. [リソースに移動] を選択します。

  2. アプリ ページで、[URL] の下にあるリンクを選びます。

新しいブラウザー ページが開いて次のページが表示されます。

Shows the new browser page for the web app.

期待した美しいフォントでホーム ページが表示されるまで、数分待ってからもう一度試します。

Shows the homepage with the font you configured.

お疲れさまでした。 Windows コンテナーで Azure App Service に ASP.NET アプリケーションを移行しました。

コンテナーの起動ログの表示

Windows コンテナーが読み込まれるまでにしばらく時間がかかる場合があります。 進行状況を確認するには、<app_name> をアプリの名前に置き換えて次の URL に移動します。

https://<app-name>.scm.azurewebsites.net/api/logstream

次のようなログがストリーム配信されます。

14/09/2018 23:16:19.889 INFO - Site: fonts-win-container - Creating container for image: customfontsample20180914115836.azurecr.io/customfontsample:latest.
14/09/2018 23:16:19.928 INFO - Site: fonts-win-container - Create container for image: customfontsample20180914115836.azurecr.io/customfontsample:latest succeeded. Container Id 329ecfedbe370f1d99857da7352a7633366b878607994ff1334461e44e6f5418
14/09/2018 23:17:23.405 INFO - Site: fonts-win-container - Start container succeeded. Container: 329ecfedbe370f1d99857da7352a7633366b878607994ff1334461e44e6f5418
14/09/2018 23:17:28.637 INFO - Site: fonts-win-container - Container ready
14/09/2018 23:17:28.637 INFO - Site: fonts-win-container - Configuring container
14/09/2018 23:18:03.823 INFO - Site: fonts-win-container - Container ready
14/09/2018 23:18:03.823 INFO - Site: fonts-win-container - Container start-up and configuration completed successfully

Azure App Service では、組み込みイメージとカスタム イメージのどちらも、Docker コンテナー テクノロジを使用してホストされます。 組み込みイメージを一覧表示するには、Azure CLI コマンド "az webapp list-runtimes --os linux" を実行します。 それらのイメージでニーズが満たせない場合は、カスタム イメージを作成してデプロイすることができます。

このチュートリアルでは、以下の内容を学習します。

  • カスタム Docker イメージを Azure Container Registry にプッシュする
  • App Service にカスタム イメージをデプロイする
  • 環境変数を構成する
  • マネージド ID を使用して App Service にイメージをプルする
  • 診断ログにアクセスする
  • Azure Container Registry から App Service への CI/CD を有効にする
  • SSH を使用してコンテナーに接続する

このチュートリアルが完了すると、わずかですがコンテナー レジストリの料金がお使いの Azure アカウントに発生します。また、そのコンテナーをホストする期間が 1 か月を超えると、さらにコストが発生します。

初期環境を設定する

このチュートリアルには、Azure CLI のバージョン 2.0.80 以降が必要です。 Azure Cloud Shell を使用している場合は、最新バージョンが既にインストールされています。

  • Azure Cloud Shell で Bash 環境を使用します。 詳細については、「Azure Cloud Shell の Bash のクイックスタート」を参照してください。

  • CLI リファレンス コマンドをローカルで実行する場合、Azure CLI をインストールします。 Windows または macOS で実行している場合は、Docker コンテナーで Azure CLI を実行することを検討してください。 詳細については、「Docker コンテナーで Azure CLI を実行する方法」を参照してください。

    • ローカル インストールを使用する場合は、az login コマンドを使用して Azure CLI にサインインします。 認証プロセスを完了するには、ターミナルに表示される手順に従います。 その他のサインイン オプションについては、Azure CLI でのサインインに関するページを参照してください。

    • 初回使用時にインストールを求められたら、Azure CLI 拡張機能をインストールします。 拡張機能の詳細については、Azure CLI で拡張機能を使用する方法に関するページを参照してください。

    • az version を実行し、インストールされているバージョンおよび依存ライブラリを検索します。 最新バージョンにアップグレードするには、az upgrade を実行します。

  • Docker をインストールします。これを Docker イメージの作成に使用します。 Docker をインストールするには、コンピューターの再起動が必要になる場合があります。

Docker をインストールした後、ターミナル ウィンドウを開いて、Docker がインストールされていることを確認します。

docker --version

サンプル アプリをクローンまたはダウンロードする

このチュートリアルのサンプルは、Git Clone またはダウンロードによって入手できます。

Git でのクローン

サンプル リポジトリをクローンします。

git clone https://github.com/Azure-Samples/docker-django-webapp-linux.git --config core.autocrlf=input

Linux コンテナー内で使用される適切な行末がファイルに使用されるよう、必ず --config core.autocrlf=input 引数を追加してください。

次に、フォルダーに移動します。

cd docker-django-webapp-linux

GitHub からのダウンロード

Git クローンを使用する代わりに、アクセスして https://github.com/Azure-Samples/docker-django-webapp-linux[クローン] を選択し、次に [ZIP のダウンロード] を選択することもできます。

その ZIP ファイルを、docker-django-webapp-linux という名前のフォルダーに展開します。

次に、その docker-django-webapp-linux フォルダーからターミナル ウィンドウを開きます。

(省略可) Docker ファイルを調べる

サンプル内の Dockerfile という名前のファイルには、Docker イメージが記述されているほか、構成に関する命令が含まれています。

FROM tiangolo/uwsgi-nginx-flask:python3.6

RUN mkdir /code
WORKDIR /code
ADD requirements.txt /code/
RUN pip install -r requirements.txt --no-cache-dir
ADD . /code/

# ssh
ENV SSH_PASSWD "root:Docker!"
RUN apt-get update \
        && apt-get install -y --no-install-recommends dialog \
        && apt-get update \
 && apt-get install -y --no-install-recommends openssh-server \
 && echo "$SSH_PASSWD" | chpasswd 

COPY sshd_config /etc/ssh/
COPY init.sh /usr/local/bin/

RUN chmod u+x /usr/local/bin/init.sh
EXPOSE 8000 2222

#CMD ["python", "/code/manage.py", "runserver", "0.0.0.0:8000"]
ENTRYPOINT ["init.sh"]
  • 1 つ目のコマンド グループは、アプリの要件を環境にインストールするものです。
  • 2 つ目のコマンド グループで、コンテナーとホストとの間で安全に通信を行うための SSH サーバーが作成されます。
  • 最後の行 (ENTRYPOINT ["init.sh"]) は、init.sh を呼び出して SSH サービスと Python サーバーを起動しています。

イメージをローカルで作成してテストする

Note

Docker Hub には、無料ユーザーごとに、IP あたりの匿名プル数と、認証済みプル数にクォータがあります (「データ転送」を参照してください)。 まだログインしておらず、Docker Hub からのプルが制限されていることに気付いた場合は docker login を試してください。

  1. 次のコマンドを実行して、イメージをビルドします。

    docker build --tag appsvc-tutorial-custom-image .
    
  2. Docker コンテナーをローカルで実行して、ビルドの動作をテストします。

    docker run -it -p 8000:8000 appsvc-tutorial-custom-image
    

    この docker run コマンドに -p 引数でポートを指定し、続けてイメージの名前を指定します。 -it を指定すると、Ctrl+C を使用して停止できます。

    ヒント

    Windows を実行していて "standard_init_linux.go:211: exec user process caused "no such file or directory" (standard_init_linux.go:211: exec ユーザー プロセスが原因で "ファイルまたはディレクトリの欠落" が発生しました)" というエラーが表示された場合、LF であるはずの init.sh ファイルの行末が CR-LF になっています。 このエラーは、Git を使用してサンプル リポジトリをクローンした際、--config core.autocrlf=input パラメーターを省略した場合に発生します。 その場合は、`--config`` 引数を使用して、再度リポジトリをクローンしてください。 init.sh を編集し、行末に CRLF を使用して保存した場合にも、このエラーが表示される可能性があります。 この場合は、行末を LF のみにして再度ファイルを保存してください。

  3. ブラウザーで http://localhost:8000 にアクセスして、Web アプリとコンテナーが正しく機能していることを確認します。

    Test web app locally.

I. ユーザー割り当てマネージド ID を作成する

App Service は、既定のマネージド ID またはユーザー割り当てマネージド ID のいずれかを使用して、コンテナー レジストリで認証できます。 このチュートリアルでは、ユーザー割り当てマネージド ID を使用します。

  1. az group create コマンドを実行してリソース グループを作成します。

    az group create --name msdocs-custom-container-tutorial --location westeurope
    

    --location の値を変更することで最寄りのリージョンを指定できます。

  2. リソース グループにマネージド ID を作成します。

    az identity create --name myID --resource-group msdocs-custom-container-tutorial
    

II. コンテナー レジストリの作成

  1. az acr create コマンドを使用してコンテナー レジストリを作成し、<registry-name> をレジストリの一意の名前に置き換えます。 この名前は Azure 全体で一意である必要があり、使用できるのはアルファベットと数字のみです。

    az acr create --name <registry-name> --resource-group msdocs-custom-container-tutorial --sku Basic --admin-enabled true
    

    --admin-enabled パラメーターを使用すると、一連の管理者資格情報を使用してレジストリにイメージをプッシュできます。

  2. az acr show コマンドを実行して、管理者資格情報を取得します。

    az acr credential show --resource-group msdocs-custom-container-tutorial --name <registry-name>
    

    このコマンドの JSON 出力からは、レジストリのユーザー名と共に 2 つのパスワードが得られます。

III. Azure Container Registry にサンプル イメージをプッシュする

このセクションでは、Azure Container Registry にイメージをプッシュします。これは後で App Service によって使用されます。

  1. サンプル イメージをビルドしたローカル ターミナルから、docker login コマンドを使用してコンテナー レジストリにサインインします。

    docker login <registry-name>.azurecr.io --username <registry-username>
    

    <registry-name><registry-username> は、前の手順で得られた値に置き換えてください。 入力を求められたら、前の手順のいずれかのパスワードを入力します。

    このセクションでは、以降すべての手順で同じレジストリ名を使用します。

  2. サインインに成功したら、ローカルの Docker イメージをレジストリにタグ付けします。

    docker tag appsvc-tutorial-custom-image <registry-name>.azurecr.io/appsvc-tutorial-custom-image:latest
    
  3. docker push コマンドを使用してレジストリにイメージをプッシュします。

    docker push <registry-name>.azurecr.io/appsvc-tutorial-custom-image:latest
    

    イメージの初回アップロードには、基本イメージが含まれるため、数分かかる場合があります。 通常、それ以降のアップロードはもっと短時間で済みます。

    待っている間、次のセクションの手順を実行して、レジストリからデプロイするための構成を App Service に対して行うことができます。

IV. レジストリのマネージド ID を承認する

作成したマネージド ID には、コンテナー レジストリからプルするための承認がまだありません。 この手順では、承認を有効にします。

  1. マネージド ID のプリンシパル ID を取得します。

    principalId=$(az identity show --resource-group msdocs-custom-container-tutorial --name myID --query principalId --output tsv)
    
  2. コンテナー レジストリのリソース ID を取得します。

    registryId=$(az acr show --resource-group msdocs-custom-container-tutorial --name <registry-name> --query id --output tsv)
    
  3. コンテナー レジストリへのアクセス許可をマネージド ID に与えます。

    az role assignment create --assignee $principalId --scope $registryId --role "AcrPull"
    

    これらのアクセス許可の詳細については、「Azure ロールベースのアクセス制御とは」を参照してください。

V. Web アプリの作成

  1. az appservice plan create コマンドを使用して App Service プランを作成します。

    az appservice plan create --name myAppServicePlan --resource-group msdocs-custom-container-tutorial --is-linux
    

    App Service プランは、Web アプリのホストとなる仮想マシンに相当します。 前のコマンドでは、最初の月は無料で利用できる低コストの B1 価格レベルが既定で使用されます。 レベルは、--sku パラメーターで制御できます。

  2. az webapp create コマンドを使用して Web アプリを作成します。

    az webapp create --resource-group msdocs-custom-container-tutorial --plan myAppServicePlan --name <app-name> --deployment-container-image-name <registry-name>.azurecr.io/appsvc-tutorial-custom-image:latest
    

    <app-name> は Web アプリの名前に置き換えてください。この名前は Azure 全体で一意である必要があります。 また、<registry-name> は、前のセクションで指定したレジストリの名前に置き換えます。

    ヒント

    Web アプリのコンテナー設定は、az webapp config container show --name <app-name> --resource-group msdocs-custom-container-tutorial というコマンドを使用していつでも取得できます。 イメージは、DOCKER_CUSTOM_IMAGE_NAME プロパティで指定されます。 Web アプリが Azure DevOps または Azure Resource Manager テンプレートを使用してデプロイされる場合、イメージが、LinuxFxVersion という名前のプロパティにも反映されることがあります。 どちらのプロパティも目的は同じです。 その両方が Web アプリの構成に存在する場合、LinuxFxVersion が優先されます。

VI. Web アプリを構成する

この手順では、次のように Web アプリを構成します。

  • サンプル コンテナーはポート 8000 で Web 要求をリッスンしているため、ポート 8000 に要求を送信するようにアプリを構成します。
  • マネージド ID を使用してコンテナー レジストリからイメージをプルするようにアプリに指示します。
  • コンテナー レジストリから継続的デプロイを構成します (または、レジストリにイメージをプッシュするたびに、アプリがトリガーされて新しいイメージがプルされます)。 この部分は、Web アプリによるコンテナー レジストリからのプルには必要ありませんが、新しいイメージがレジストリにプッシュされたときに Web アプリに通知できます。 これを使用しない場合は、Web アプリを再起動してイメージのプルを手動でトリガーする必要があります。
  1. az webapp config appsettings set を使用して、アプリのコードで想定されている値に WEBSITES_PORT 環境変数を設定します。

    az webapp config appsettings set --resource-group msdocs-custom-container-tutorial --name <app-name> --settings WEBSITES_PORT=8000
    

    <app-name> は、前のステップで使用した名前に置き換えてください。

    この環境変数の詳細については、サンプルの GitHub リポジトリにある Readme を参照してください。

  2. az webapp identity assign コマンドを使用して、Web アプリでユーザー割り当てマネージド ID を有効にします。

    id=$(az identity show --resource-group msdocs-custom-container-tutorial --name myID --query id --output tsv)
    az webapp identity assign --resource-group msdocs-custom-container-tutorial --name <app-name> --identities $id
    

    <app-name> は、前のステップで使用した名前に置き換えてください。

  3. マネージ ID を使用して Azure Container Registry からプルするようにアプリを構成します。

    appConfig=$(az webapp config show --resource-group msdocs-custom-container-tutorial --name <app-name> --query id --output tsv)
    az resource update --ids $appConfig --set properties.acrUseManagedIdentityCreds=True
    

    <app-name> は、前のステップで使用した名前に置き換えてください。

  4. Web アプリが Azure Container Registry からプルするために使用するクライアント ID を設定します。 システム割り当てマネージド ID を使用する場合、この手順は必要ありません。

    clientId=$(az identity show --resource-group msdocs-custom-container-tutorial --name myID --query clientId --output tsv)
    az resource update --ids $appConfig --set properties.AcrUserManagedIdentityID=$clientId
    
  5. App Service で CI/CD を有効にします。

    cicdUrl=$(az webapp deployment container config --enable-cd true --name <app-name> --resource-group msdocs-custom-container-tutorial --query CI_CD_URL --output tsv)
    

    CI_CD_URL は、App Service によって生成される URL です。 レジストリでは、この URL を使用して、イメージのプッシュが発生したことを App Service に通知する必要があります。 Webhook は実際には作成されません。

  6. 前の手順で取得した CI_CD_URL を使用して、コンテナー レジストリに Webhook を作成します。

    az acr webhook create --name appserviceCD --registry <registry-name> --uri $cicdUrl --actions push --scope appsvc-tutorial-custom-image:latest
    
  7. Webhook が正しく構成されているかどうかをテストするには、Webhook に対して ping を行い、200 OK の応答が取得されるかどうかを確認します。

    eventId=$(az acr webhook ping --name appserviceCD --registry <registry-name> --query id --output tsv)
    az acr webhook list-events --name appserviceCD --registry <registry-name> --query "[?id=='$eventId'].eventResponseMessage"
    

    ヒント

    すべての Webhook イベントに関するすべての情報を表示するには、--query パラメーターを削除します。

    コンテナーのログをストリーミングしている場合は、Webhook に対する ping の後に Starting container for site というメッセージが表示されます。これは、Webhook によってアプリの再起動がトリガーされるためです。

VII. Web アプリを参照する

アプリをテストするために、ブラウザーで https://<app-name>.azurewebsites.net にアクセスします。<app-name> は、実際の Web アプリの名前に置き換えてください。

初回アクセス時は、App Service がイメージ全体をレジストリからプルする必要があるため、アプリが応答するまでに時間がかかる場合があります。 ブラウザーがタイムアウトした場合は、単にページを更新します。 最初のイメージがプルされた後、それ以降のテストははるかに高速に実行されます。

A screenshot of the browser showing web app running successfully in Azure.

VIII. 診断ログにアクセスする

App Service によるイメージのプルを待っているときに、コンテナーのログをターミナルにストリーミングすると、App Service で実際に実行されていることを確認できます。

  1. コンテナーのログをオンにします。

    az webapp log config --name <app-name> --resource-group msdocs-custom-container-tutorial --docker-container-logging filesystem
    
  2. ログのストリームを有効にします。

    az webapp log tail --name <app-name> --resource-group msdocs-custom-container-tutorial
    

    コンソール ログがすぐに表示されない場合は、30 秒以内にもう一度確認します。

    https://<app-name>.scm.azurewebsites.net/api/logs/docker で、ブラウザーからログ ファイルを検査することもできます。

  3. 任意のタイミングでログのストリーミングを停止するには、Ctrl+C と入力します。

IX. アプリのコードを変更して再デプロイする

このセクションでは、Web アプリのコードに変更を加えてイメージをリビルドした後、それをレジストリにプッシュします。 すると、更新されたイメージを App Service が自動的にレジストリからプルして、実行中の Web アプリを更新します。

  1. ローカル docker-django-webapp-linux フォルダーにあるファイル app/templates/app/index.html を開きます。

  2. 最初の HTML 要素を次のコードに一致するように変更します。

    <nav class="navbar navbar-inverse navbar-fixed-top">
      <div class="container">
        <div class="navbar-header">
          <a class="navbar-brand" href="#">Azure App Service - Updated Here!</a>
        </div>
      </div>
    </nav>
    
  3. 変更を保存します。

  4. docker-django-webapp-linux フォルダーに移動してイメージをリビルドします。

    docker build --tag appsvc-tutorial-custom-image .
    
  5. イメージのタグを latest に更新します。

    docker tag appsvc-tutorial-custom-image <registry-name>.azurecr.io/appsvc-tutorial-custom-image:latest
    

    <registry-name> をレジストリの名前に置き換えます。

  6. イメージをレジストリにプッシュします。

    docker push <registry-name>.azurecr.io/appsvc-tutorial-custom-image:latest
    
  7. イメージのプッシュが完了すると、Webhook によって App Service にプッシュが行われたことが通知され、App Service では更新されたイメージのプルが試みられます。 数分待ってから、https://<app-name>.azurewebsites.net を参照して更新がデプロイされていることを確認します。

X. SSH を使用してコンテナーに接続する

SSH では、コンテナーとクライアント間の通信をセキュリティで保護できます。 コンテナーへの SSH 接続を有効にするには、それに合わせてカスタム イメージを構成する必要があります。 コンテナーが実行状態になったら、SSH 接続を開くことができます。

SSH のコンテナーを構成する

このチュートリアルで使用しているサンプル アプリには、あらかじめ必要な構成が Dockerfile に存在し、その構成によって SSH サーバーがインストールされ、またサインイン資格情報も設定されます。 このセクションは情報提供のみを目的としています。 コンテナーに接続するには、次のセクションに進んでください。

ENV SSH_PASSWD "root:Docker!"
RUN apt-get update \
        && apt-get install -y --no-install-recommends dialog \
        && apt-get update \
  && apt-get install -y --no-install-recommends openssh-server \
  && echo "$SSH_PASSWD" | chpasswd 

Note

この構成は、コンテナーへの外部接続を許可しません。 SSH は Kudu/SCM サイトを通してのみ利用できます。 Kudu/SCM サイトは Azure アカウントにより認証されます。 root:Docker! では、 SSH を変更することはできません。 SCM または KUDU では、Azure portal の資格情報を使用します。 この値を変更すると、SSH の使用時にエラーが発生します。

また、この Dockerfilesshd_config ファイルを /etc/ssh/ フォルダーにコピーし、コンテナーのポート 2222 を公開します。

COPY sshd_config /etc/ssh/

# ...

EXPOSE 8000 2222

ポート 2222 はプライベート仮想ネットワークのブリッジ ネットワーク内でコンテナーのみがアクセスできる内部ポートです。

最後に、エントリ スクリプト init.sh によって SSH サーバーが起動されます。

#!/bin/bash
service ssh start

コンテナーへの SSH 接続 を開く

  1. ブラウザーで https://<app-name>.scm.azurewebsites.net/webssh/host にアクセスし、Azure アカウントでサインインします。 <app-name> は、実際の Web アプリの名前に置き換えてください。

  2. サインインすると、Web アプリの情報ページにリダイレクトされます。 シェルを開いてコマンドを使用するには、ページの上部にある [SSH] を選択します。

    たとえば、そこで実行されているプロセスを観察するには、top コマンドを使用します。

XI. リソースをクリーンアップする

この記事で作成したリソースによって、継続してコストが発生する可能性があります。 リソース グループを削除すれば、そこに含まれているリソースはクリーンアップされます。

az group delete --name msdocs-custom-container-tutorial

次のステップ

ここで学習した内容は次のとおりです。

  • カスタム イメージをプライベート コンテナー レジストリにデプロイする
  • App Service にカスタム イメージをデプロイする
  • イメージを更新して再デプロイする
  • 診断ログにアクセスする
  • SSH を使用してコンテナーに接続する
  • カスタム Docker イメージを Azure Container Registry にプッシュする
  • App Service にカスタム イメージをデプロイする
  • 環境変数を構成する
  • マネージド ID を使用して App Service にイメージをプルする
  • 診断ログにアクセスする
  • Azure Container Registry から App Service への CI/CD を有効にする
  • SSH を使用してコンテナーに接続する

次のチュートリアルでは、カスタム ドメインと証明書を使用してアプリをセキュリティで保護する方法について説明します。

または、他のリソースを参照してください。