Log Analytics の Power BI との統合

この記事では、Log Analytics から Power BI にデータをフィードして、より視覚に訴えるレポートとダッシュボードを作成する方法について説明します。

バックグラウンド

Azure Monitor ログは、ログの取り込みのためのエンドツーエンドのソリューションを提供するプラットフォームです。 Azure Monitor Log Analytics は、これらのログを照会するためのインターフェイスです。 Log Analytics を含む Azure Monitor データプラットフォーム全体の詳細については、「Azure Monitor データ プラットフォーム」を参照してください。

Power BI は、Microsoft のデータの可視化プラットフォームです。 開始方法の詳細については、Power BI のホーム ページを参照してください。

一般的には、無料の Power BI 機能を使用して、視覚に訴えるレポートとダッシュボードを統合し、作成することができます。

より高度な機能を利用するには、Power BI Pro または Premium アカウントの購入が必要になることがあります。 これには次の機能があります。

  • 作業の共有。
  • スケジュールされた更新。
  • Power BI アプリ。
  • データフローと増分更新。

詳細については、Power BI の価格と機能の詳細に関するページを参照してください。

クエリの統合

Power BI で使用される主なクエリ言語は、M クエリ言語です。

Log Analytics クエリを M にエクスポートし、Power BI で直接使用することができます。 クエリが正常に実行されたら、Log Analytics 上部のツール バーにある [エクスポート] ドロップダウン リストから [Power BI へエクスポート (M Query)] を選択します。

[エクスポート] ドロップダウン リストが表示された Log Analytics クエリを示すスクリーンショット。

Log Analytics によって、Power BI で直接使用できる M コードを含む .txt ファイルが作成されます。

ログをデータセットに接続する

Power BI データセットは、レポートと視覚化に使用できるデータのソースです。 Log Analytics クエリをデータセットに接続するには、Log Analytics からエクスポートされた M コードを Power BI の空のクエリにコピーします。

詳細については、Power BI データセットの概要に関する記事を参照してください。

Power BI データフローを使用してデータを収集する

Power BI データフローを使用すると、データを収集して格納することもできます。 詳細については、Power BI データフローに関する記事を参照してください。

データフローは、データの収集と準備を支援するために設計された "クラウド ETL" の一種です。 データセットは、さまざまなエンティティを接続し、ニーズに合わせてモデル化できるように設計された "モデル" です。

増分更新

Power BI データセットと Power BI データフローの両方に、増分更新オプションがあります。 Power BI データフローと Power BI データセットでは、この機能がサポートされています。 データフローで増分更新を使用するには、Power BI Premium が必要です。

増分更新を使用すると、クエリの実行時にすべてのデータを何度も取り込む代わりに、小さなクエリを実行し、実行ごとに少量のデータを更新することができます。 大量のデータを保存できますが、クエリを実行するたびに新しい増分データを追加することもできます。 この動作は、実行時間の長いレポートに最適です。

Power BI の増分更新は、結果セットに datetime フィールドが存在することが前提となります。 増分更新を構成する前に、Log Analytics クエリの結果セットに少なくとも 1 つの datetime フィールドが含まれていることを確認してください。

増分更新の詳細と構成方法については、Power BI データセットと増分更新に関する記事と、Power BI データフローと増分更新に関する記事を参照してください。

レポートとダッシュボード

データが Power BI に送信されたら、引き続き Power BI を使用してレポートとダッシュボードを作成できます。

詳細については、「初めての Power BI レポートを作成して共有する」を参照してください。

Excel との連携

Power BI で使用されるのと同じ M 統合を使用して、Excel スプレッドシートと統合できます。 詳細については、「データ ソースからデータをインポートする (Power Query)」を参照してください。 その後、Log Analytics からエクスポートされた M クエリを貼り付けます。

詳細については、「Log Analytics と Excel を統合する」を参照してください。

次のステップ

Log Analytics クエリの使用を開始します。