Azure NetApp Files のリソース制限

Azure NetApp Files のリソース制限を理解すると、ボリュームの管理に役立ちます。

リソース制限

次の表は、Azure NetApp Files のリソース制限について説明しています。

リソース 既定の制限 サポート要求による調整の可否
リージョンごとのサブスクリプションあたり容量クォータ 25 TiB はい
サブスクリプションあたりの Azure リージョンごとの NetApp アカウント数 10 はい
NetApp アカウントあたりの容量プールの数 25 はい
サブスクリプションあたりのボリュームの数 500 はい
容量プールあたりのボリュームの数 500 はい
ボリュームあたりのスナップショット数 255 いいえ
VNet をホストしている Azure NetApp Files のボリュームにアクセスする、仮想ネットワーク内の IP の数 (直ちにピアリングされた VNet を含む) いいえ
単一の容量プールの最小サイズ 1 TiB* いいえ
単一の容量プールの最大サイズ 1000 TiB はい
単一の通常のボリュームの最小サイズ 100 GiB いいえ
単一の通常のボリュームの最大サイズ 100 TiB いいえ
単一の大容量ボリュームの最小サイズ 102,401 GiB いいえ
大容量サイズの増加 プロビジョニングされた最小サイズの 30% はい
単一の大容量ボリュームの最大サイズ 500 TiB いいえ
1 つのファイルの最大サイズ 16 TiB いいえ
1 つのディレクトリ内のディレクトリ メタデータの最大サイズ 320 MB いいえ
1 つのディレクトリに含まれるファイルの最大数 "" 400 万個。
ディレクトリのサイズが上限に近づいているかどうかの確認」を参照してください。
いいえ
ボリュームごとのファイルの最大数 (maxfiles) 106,255,630 はい
ボリュームあたりのエクスポート ポリシー ルールの最大数 5 いいえ
ボリュームごとのクォータ ルールの最大数 100 はい
手動 QoS ボリュームに割り当てられた最小スループット 1 MiB/秒 いいえ
手動 QoS ボリュームに割り当てられた最大スループット 4,500 MiB/秒 いいえ
リージョン間レプリケーション データ保護ボリュームの数 (宛先ボリューム) 50 はい
ゾーン間レプリケーション データ保護ボリュームの数 (宛先ボリューム) 50 はい
ボリュームあたりのポリシーベース (スケジュール) バックアップの最大数
  • 日単位のリテンション期間数: 2 (最小) から 1019 (最大)
  • 週単位のリテンション期間数: 1 (最小) から 1019 (最大)
  • 月単位のリテンション期間数: 1 (最小) から 1019 (最大)

  • 時間、日、週、月単位の最大バックアップ リテンション期間数の "合計" は 1019 です。
いいえ
保護されたボリュームの最大サイズ 100 TiB いいえ
サブスクリプションあたりのバックアップできるボリュームの最大数 20 はい
1 日あたりのボリュームあたりの手動バックアップの最大数 5 いいえ
各リージョンのサブスクリプションごとのクール アクセスでサポートされるボリュームの最大数 10 はい

* 1 TiB 容量プールのサイズ設定は現在プレビュー段階です。 最小値の 1 TiB を使用できるのは、容量プール内のすべてのボリュームが Standard ネットワーク機能を使っている場合のみです。 Standard ネットワーク機能を使用するすべてのボリュームを含む容量プールの一般提供最小サイズは 2 TiB です。 ボリュームで Basic ネットワーク機能を使用している場合、最小サイズは 4 TiBです。最小 1 TiB を使用する場合は、最初にプレビューに登録する必要があります。

詳細については、「容量管理に関する FAQ」を参照してください。

Azure NetApp Files のネットワーク機能に関連する制限と制約については、「Azure NetApp Files のネットワーク計画のガイドライン」を参照してください。

ディレクトリのサイズが上限に近づいているかどうかの確認

クライアントから stat コマンドを使用することで、ディレクトリがディレクトリ メタデータのサイズ上限 (320 MB) に近づいているかどうかを確認できます。 Azure NetApp Files の単一ディレクトリの最大サイズ制限に達すると、エラー No space left on device が発生します。

320 MB のディレクトリの場合、ブロック数は 655,360、各ブロック サイズは 512 バイトです (つまり、320 x 1,024 x 1,024/512)。320 MB のディレクトリの場合、この数値は最大約 400 万ファイルに換算できます。 ただし、ASCII 以外の文字を含むファイルがディレクトリ内にどの程度存在するかといった要因によっては、実際の最大ファイル数が少なくなる場合があります。 そのため、次のように stat コマンドを使用して、ディレクトリが上限に近づいているかどうかを確認する必要があります。

例 :

[makam@cycrh6rtp07 ~]$ stat bin
File: 'bin'
Size: 4096            Blocks: 8          IO Block: 65536  directory

[makam@cycrh6rtp07 ~]$ stat tmp
File: 'tmp'
Size: 12288           Blocks: 24         IO Block: 65536  directory
 
[makam@cycrh6rtp07 ~]$ stat tmp1
File: 'tmp1'
Size: 4096            Blocks: 8          IO Block: 65536  directory

Maxfiles の制限

Azure NetApp Files ボリュームには、maxfiles という制限があります。 maxfiles の制限は、ボリュームに格納できるファイルの数です。 Linux ファイル システムは、inode で制限を参照します。 Azure NetApp Files ボリュームの maxfiles の制限には、ボリュームのサイズ (クォータ) に基づいてインデックスが作成されます。 ボリュームの maxfiles の制限は、プロビジョニングされたボリューム サイズの TiB ごとに 21,251,126 ファイルの割合で増減されます。

サービスでは、プロビジョニングされたサイズに基づいて、ボリュームの maxfiles の制限が動的に調整されます。 たとえば、1 TiB のサイズで初期構成されたボリュームの maxfiles の制限は 21,251,126 です。 その後ボリュームのサイズを変更すると、以下のルールに基づいて、maxfiles の制限が自動的に再調整されます。

サイズが最大 100 TiB のボリュームの場合:

ボリューム サイズ (クォータ) maxfiles の制限の自動再調整
<= 1 TiB 21,251,126
> 1 TiB、<= 2 TiB 42,502,252
> 2 TiB、<= 3 TiB 63,753,378
> 3 TiB、<= 4 TiB 85,004,504
> 4 TiB、<= 100 TiB 106,255,630

重要

ボリュームのサイズ (クォータ) が 4 TiB を超えていて、maxfiles の制限を増やしたい場合は、サポート リクエストを開始する必要があります。

100 TiB 以下のボリュームの場合、ボリュームに対して 5 TiB 以上のクォータを割り当てている場合は、サポート リクエストを開始して、maxfiles (inode) の制限を 106,255,630 より大きい値に増やすことができます。 106,255,630 ファイル増加する (またはその一部) ごとに、対応するボリューム クォータを 5 TiB ずつ増やす必要があります。 たとえば、maxfiles の制限を 106,255,630 ファイルから 212,511,260 ファイル (またはその間の任意の数) に増やした場合は、ボリューム クォータを 5 TiB から 10 TiB に増やす必要があります。

100 TiB 以下のボリュームの場合、ボリューム クォータが 25 TiB 以上であれば、maxfiles 制限を最大 531,278,150 まで増やすことができます。

重要

ファイルまたはフォルダーが Azure NetApp Files ボリュームに割り当てられると、それらは maxfiles 制限に対してカウントされます。 ファイルまたはフォルダーが削除されても、maxfiles 割り当ての内部データ構造は同じままです。 たとえば、ボリュームで使われるファイルが 63,753,378 に増加し、100,000 個のファイルが削除された場合、maxfiles の割り当ては 63,753,378 のままになります。 ボリュームが maxfiles 制限を超えると、実際に使用されるファイル数を減らした場合でも、その maxfiles 制限に対応するクォータを下回ってボリューム サイズを小さくすることはできません。 たとえば、2 TiB ボリュームの maxfiles 制限は 63,753,378 です。 そのボリュームに 63,753,378 を超えるファイルを作成する場合、ボリューム クォータを対応するインデックスの 2 TiB 未満に縮小することはできません。

大容量ボリュームの場合:

ボリューム サイズ (クォータ) maxfiles の制限の自動再調整
> 100 TiB 2,550,135,120

サポート リクエストを使って、maxfiles の制限を 2,550,135,120 超に上げることができます。 2,550,135,120 ファイル増加する (またはその一部) ごとに、対応するボリューム クォータを 120 TiB ずつ増やす必要があります。 たとえば、maxfiles の制限を 2,550,135,120 ファイルから 5,100,270,240 ファイル (またはその間の任意の数) に増やした場合は、ボリューム クォータを 240 TiB 以上に増やす必要があります。

500 TiB ボリュームの最大の maxfiles 値は 10,625,563,000 ファイルです。

クォータ要求を通じてデータ保護ボリュームの maxfiles 制限を設定することはできません。 Azure NetApp Files は、ボリュームにレプリケートされるファイルの数に対応するために、データ保護ボリュームの maxfiles 制限を自動的に増やします。 データ保護ボリュームでフェールオーバーが発生した場合、maxfiles 制限はフェールオーバー前の最後の値のままです。 このような状況では、ボリュームの maxfilesクォータ要求を送信できます。

上限の引き上げを要求する

リソース制限」の表から調整可能な上限を引き上げるように、Azure サポート リクエストを作成できます。

Note

リージョンで使用可能なリソースと、要求された上限の引き上げによっては、要求の実現可能性を判断するために、Azure サポートに追加情報が必要になる場合があります。

  1. [サポートとトラブルシューティング] にある [新しいサポート リクエスト] に移動します。

  2. [問題の説明] タブで、必要な情報を入力します。

    1. [問題の種類] で、[サービスとサブスクリプションの制限 (クォータ)] を選択します。
    2. [サブスクリプション] で、ご使用のサブスクリプションを選択します。
    3. [クォータの種類] で、[ストレージ: Azure NetApp Files の制限] を選択します。

    Screenshot that shows the Problem Description tab.

  3. [追加詳細] タブの要求の詳細フィールドにある [詳細を入力] を選択します。

    Screenshot that shows the Details tab and the Enter Details field.

  4. 制限の引き上げを要求するには、表示された [クォータの詳細] ウィンドウで次の情報を指定します。

    1. [クォータの種類] で、増やすリソースの種類を選択します。
      次に例を示します。

      • サブスクリプションあたりのリージョンの容量クォータ (TiB)
      • "サブスクリプションあたりの Azure リージョンごとの NetApp アカウント数"
      • "サブスクリプションあたりのボリュームの数"
    2. [要求されたリージョン] で、自分のリージョンを選択します。
      現在のサイズと既定のサイズが [クォータの状態] に表示されます。

    3. 指定したクォータの種類の引き上げを要求する値を入力します。

    Screenshot that shows how to display and request increase for regional quota.

  5. [Save and continue] (保存して続行) を選択します。 [確認および作成] を選択してリクエストを作成します。

次のステップ