Azure Percept AI モデルのサンプル

重要

Azure Percept DK の提供終了:

2022 年 11 月 9 日の更新: DK での Vision SoM と Audio SOM の機能を廃止日以降も維持できるファームウェア更新プログラムは、廃止日前に利用可能になります。

Azure Percept パブリック プレビューは、新しいエッジ デバイス プラットフォームと開発者エクスペリエンスをサポートするために進化する予定です。 この進化の一環として、Azure Percept DK と Azure Percept Audio アクセサリ、Percept DK に関連するサポート Azure サービスは、2023 年 3 月 30 日に廃止されます。

2023 年 3 月 30 日より、Azure Percept DK と Azure Percept Audio アクセサリは、Azure Percept Studio、OS の更新プログラム、コンテナーの更新、Web ストリームの表示、Custom Vision 統合などの Azure サービスでサポートされなくなります。 カスタマー サクセス サポートおよび関連するサポート サービスが Microsoft から提供されなくなります。 詳しくは、廃止の通知に関するブログ記事をご覧ください。

Azure Percept を使用すると、Azure Percept Studio で AI モデルを開発し、Azure Percept DK に直接デプロイすることができます。 モデル デプロイでは、 Azure IoT HubAzure IoT Edge が利用されます。

AI モデルのサンプル

Azure Percept Studio には、次のアプリケーションのサンプル モデルが含まれています。

  • 人物検出
  • 車両検出
  • 一般的な物体検出
  • 棚の製品検出

事前トレーニング済みのモデルでは、コーディングやトレーニング データの収集は必要ありません。 ポータルから Azure Percept DK に目的のモデルをデプロイし、devkit のビデオ ストリームを開いて、モデル推論の動作を確認するだけです。 モデル推論テレメトリにはAzure IoT エクスプローラー ツールからアクセスすることもできます。

リファレンス ソリューション

人を数えるリファレンス ソリューションも利用できます。 このリファレンス ソリューションは、ユーザー定義のゾーン エントリ/エグジット イベントを使用してエッジベースの人物カウントを行うオープンソースの AI アプリケーションです。 オンプレミスのエッジデバイスからのビデオと AI の出力は、Azure Web サイトとして実行されているユーザー インターフェイスを使用して Azure Data Lake にエグレスされます。 AI 推論は、人物検出のためにオープンソースの AI モデルによって提供されます。

事前に構築された空間分析ソリューションの gif。

コードなしのカスタム ソリューション

Azure Percept Studio を使用すると、カスタムのビジョンおよびスピーチ ソリューションを開発できます。コーディングは必要ありません。

カスタム ビジョン ソリューションでは、物体検出モデルと分類 AI モデルの両方を使用できます。 トレーニング イメージをアップロードしてタグ付けするだけで、必要に応じて、Azure Percept DK の Azure Percept Vision SoM で直接取得できます。 モデルのトレーニングと評価は、 Azure Cognitive Services の一部である Custom Vision で簡単に実行できます。


カスタム スピーチ ソリューションについては、現在次の用途の音声アシスタント テンプレートを利用できます。

  • 接客業: 音声制御スマート デバイスを備えたホテルの部屋。
  • 医療機関: 音声制御スマート デバイスを備えた治療施設。
  • インベントリ: 音声制御スマート デバイスを備えたインベントリ ハブ。
  • 自動車: 音声制御スマート デバイスを備えた自動車ハブ。

事前に構築された音声アシスタントのキーワードとコマンドは、ポータルから直接入手できます。 カスタム キーワードとコマンドは、Azure Cognitive Services の一部でもある Speech Studio で作成およびトレーニングできます。

高度な開発

次のような作業の最新のガイダンス、チュートリアル、例については、「Azure Percept DK の高度な開発 GitHub」を参照してください。

  • Azure Percept DK にカスタム AI モデルをデプロイする
  • 転送学習でサポートされているモデルを更新する
  • その他