Microsoft Azure Recovery Services (MARS) エージェントを使用した復元について

この記事では、Microsoft Azure Recovery Services (MARS) エージェントで使用できる復元オプションについて説明します。

開始する前に

  • MARS エージェントの最新バージョンがインストールされていることを確認します。
  • ネットワーク帯域幅の調整が無効になっていることを確認します。
  • エージェントのキャッシュ フォルダー用の十分な空き容量がある高速ストレージが利用可能であることを確認します。
  • メモリと CPU リソースを監視し、データの圧縮解除と復号化に使用できるリソースが十分にあることを確認します。
  • インスタント リストア機能を使用して回復ポイントをディスクとしてマウントする際は、マルチスレッド コピー オプション (/MT スイッチ) がある robocopy を使用して、マウントされた回復ポイントからファイルを効率的にコピーします。

復元オプション

MARS エージェントには、複数の復元オプションが用意されています。 各オプションには、特定のシナリオに適した、独自の利点があります。

MARS エージェントを使用すると、次のことができます。

  • Windows Server のシステム状態のバックアップを復元: このオプションを使用すると、Azure Backup の回復ポイントからシステム状態をファイルとして復元し、Windows Server バックアップ ユーティリティを使用して Windows Server に適用することができます。
  • ボリューム内のすべてのバックアップ ファイルを復元: このオプションを使用すると、Azure Backup の回復ポイントから、指定されたボリュームのバックアップ データをすべて回復します。 これにより、転送速度が向上します (最大 40 MBPS)。
    大量のデータやボリューム全体を回復する場合は、このオプションを使用することをお勧めします。
  • PowerShell を使用してボリューム内の指定したバックアップ ファイルとフォルダーのセットを復元: ボリューム ルートに対するファイルおよびフォルダーへの相対的なパスがわかっている場合、このオプションを使用すると、ボリューム全体の復元の転送速度で、指定したファイルとフォルダーのセットを回復ポイントから復元できます。 ただし、このオプションでは、[インスタント リストア] オプションを使用して回復ポイント内のファイルとフォルダーを参照する利便性は得られません。
  • インスタント リストアを使用して個々のファイルとフォルダーを復元: このオプションを使用すると、回復ポイントのボリュームをドライブとしてマウントすることで、バックアップ データにすばやくアクセスできます。 その後、ファイルとフォルダーを参照したりコピーしたりできます。 このオプションでは、最大 6 MBPS の速度でコピーを行うことができます。これは、合計サイズが 80 GB 未満の個々のファイルとフォルダーを回復する場合に最適です。 必要なファイルをコピーできたら、回復ポイントのマウントを解除できます。
  • MARS でのリージョンをまたがる復元: お使いの Recovery Services コンテナーで GRS の回復性が使用され、かつ [リージョンをまたがる復元] の設定が有効な場合は、セカンダリ リージョンからそのバックアップ データを復元することができます。

リージョンをまたがる復元

リージョンをまたがる復元 (CRR) を使用すると、セカンダリ リージョン (Azure のペアのリージョン) から MARS バックアップ データを復元することができます。 これにより、監査とコンプライアンスの訓練を実施する、および災害が発生して Azure 内のプライマリ リージョンが利用できない間にデータを回復することができます。

この機能を使用するには:

  1. お使いの Recovery Services コンテナー内の、リージョンをまたがる復元を有効にします。 いったんリージョンをまたがる復元が有効になると、それを無効にすることはできません。

  2. この機能を有効にすると、セカンダリ リージョン内でそのバックアップ項目が使用可能になるまでに最大で "48 時間" かかる場合があります。 現在、セカンダリ リージョンの RPO は "36 時間" です。これは、プライマリ リージョン内の RPO が "24 時間" であり、プライマリからセカンダリ リージョンへのそのバックアップ データのレプリケートに最大 "12 時間" かかる場合があるためです。

  3. 元のマシン用のそのバックアップ データを復元するには、ウィザード内でそのバックアップ データのソースとして [セカンダリ リージョン] を直接選択してください。

    Screenshot shows the selection for secondary region as the backup data source during Cross Region Restore.

  4. セカンダリ リージョンから代替サーバー用のバックアップ データを復元するには、Azure portal から "セカンダリ リージョン コンテナーの資格情報" をダウンロードする必要があります。

    Screenshot shows how to download vault credentials for secondary region.

  5. 監査またはコンプライアンスの訓練用にセカンダリ リージョンからの復旧を自動化するには、このコマンドを使用します

Note

  • プライベート エンドポイントを持つ Recovery Services コンテナーは、現在 MARS を使用したリージョンをまたがる復元ではサポートされていません。
  • リージョンをまたがる復元が有効化された Recovery Services コンテナーは、この機能が一般提供されると、そのコンテナー内に格納されているその MARS バックアップに対して、RA-GRS レートで自動的に課金されます。

次のステップ