次の方法で共有


スキル準備パスの開始

クラウド ソリューションを導入する組織が増える中、IT プロフェッショナルは自分の役割に不安を感じているかもしれません。 クラウド テクノロジには、これまでとは異なるスキルのセットが必要です。 ただし、これらの新しいスキルを習得することは難しいことではありません。 適切なトレーニングを受けることで、変化するテクノロジの展望を組織が理解し、受け入れるのに役立つ専門知識と自信を得ることができます。

クラウドでホストされる環境内の IT の役割にマッピングされたスキルの図。 "図 1: クラウドでホストされる環境内の IT の役割へのスキルのマッピング。"

クラウド導入フレームワークのリソース

クラウド導入フレームワークでは、導入ライフサイクル全体について説明されています。 このフレームワークの各セクションでは、必要なスキルを身に付けるための機会を提供します。 作業を開始するために、次のスキル準備パスでは、導入フェーズを成功させるための重要なスキルについて説明します。

  • 戦略フェーズ: 業務上の正当な理由やその他の必須のビジネス計画スキルなど、実践的な移行計画を準備するために必要なスキルを磨きます。
  • 準備フェーズ: 今後の変更に対してビジネス、カルチャ、人、環境を準備するために必要なスキルを磨きます。
  • 移行フェーズ: クラウド移行計画を実装するために必要なスキルを習得します。
  • 管理フェーズ - 監視: クラウド環境を監視するために必要なスキルを身につけます。

これらの各ラーニング パスでは、知識の獲得を最大化するために複数の種類のメディアで機会が共有されます。

また、認定パスを調べることもできます。 Azure 認定デッキでは、Microsoft Azure のトレーニング体験と認定資格の概要が示されています。

Microsoft Learn

Microsoft Learn は、自分のペースで価値ある IT スキルを開発するのに役立ちます。 Microsoft トレーニングでは、実践的な学習とカスタマイズ可能なパスを使用して、オンライン トレーニングに対して報酬を得るアプローチを提供しています。 ポイントとレベルを獲得し、さらなる達成を目指しましょう。

クラウド導入フレームワークに合わせてカスタマイズされたラーニング パスの例としては、次のようなものがあります。

  • DevOps のプラクティスを進化させる:DevOps とは、エンド ユーザーへの価値の継続的デリバリーを実現するために人、プロセス、製品をひとまとめにしたものです。 Azure DevOps は、そのために必要なツールを提供する一連のサービスです。 Azure DevOps を使用すると、クラウドまたはオンプレミスのどちらでも任意のアプリケーションをビルド、テスト、およびデプロイできます。

  • データ エンジニア向け Azure: データの世界がどのように進化したか、クラウド テクノロジーの出現によってビジネスが新しい機会をどのように検討できるようになったかを探ります。 さまざまなデータ プラットフォーム テクノロジと、データ エンジニアがこのテクノロジを組織の利益のために活用する方法を学習します。

  • 持続可能なソフトウェア エンジニアリングの原則: 持続可能性 (クラウド効率) は、クラウド インフラストラクチャ、アプリケーション、ワークロードを最適化するために理解する必要のある基本的なトピックです。 スキルと持続可能性に関しては、「持続可能性スキル ギャップを解消する: 企業が公約から前進するのを支援する」に関するレポートを読むとよいかもしれません。

詳細情報

追加のラーニング パスについては、Microsoft Learn トレーニングのカタログを参照してください。 ロール フィルターを使用して、ラーニング パスを自分のロールに合わせてください。

Microsoft 認定資格のパスについて説明します。