数学関数 (Azure Cosmos DB)

適用対象: NoSQL

各数学関数は、引数として提供された入力値に基づいて計算を実行し、数値を返します。

次の例のようなクエリを実行できます。

    SELECT VALUE ABS(-4)

結果は次のとおりです。

    [4]

関数

一般に、次のサポートされている組み込みの数学関数では、入力引数に基づいて計算を実行し、数値式を返します。 [インデックスの使用量] 列は、数学システム関数と他の値を、等価フィルターで比較していることを前提としています (該当する場合)。

システム関数 インデックスの使用量 スカラー集計関数を使用したクエリでのインデックスの使用 注釈
ABS インデックス シーク インデックス シーク
ACOS フル スキャン フル スキャン
ASIN フル スキャン フル スキャン
ATAN フル スキャン フル スキャン
ATN2 フル スキャン フル スキャン
CEILING インデックス シーク インデックス シーク
COS フル スキャン フル スキャン
COT フル スキャン フル スキャン
DEGREES インデックス シーク インデックス シーク
EXP フル スキャン フル スキャン
FLOOR インデックス シーク インデックス シーク
LOG フル スキャン フル スキャン
LOG10 フル スキャン フル スキャン
PI N/A N/A PI () は定数値を返します。 結果は決定論的であるため、PI() との比較ではインデックスを使用できます。
POWER フル スキャン フル スキャン
RADIANS インデックス シーク インデックス シーク
RAND N/A N/A Rand() は乱数を返します。 結果は非決定論的であるため、Rand() を含む比較ではインデックスを使用できません。
ROUND インデックス シーク インデックス シーク
SIGN インデックス シーク インデックス シーク
SIN フル スキャン フル スキャン
SQRT フル スキャン フル スキャン
SQUARE フル スキャン フル スキャン
TAN フル スキャン フル スキャン
TRUNC インデックス シーク インデックス シーク

次のステップ