次の方法で共有


Azure 製品譲渡ハブ

この記事では、Azure サブスクリプション、予約および節約プランでサポートされている譲渡の種類 (製品と呼ばれます) について説明します。 また、この記事は、さまざまな請求契約間で Azure 製品を転送するための要件を理解するのに役立ちます。また、特定の転送プロセスに関する詳細な情報については、他の記事へのリンクも示します。 Azure 製品は、さまざまな Azure 契約の種類を使って作成され、譲渡元の契約の種類から別の契約の種類への譲渡は、譲渡元と譲渡先の契約の種類によって異なります。 Azure 製品の譲渡は、譲渡元と譲渡先の契約の種類に応じて、自動または手動のプロセスになります。 手動プロセスの場合は、契約の種類によって、必要な手動の作業量が決まります。

Note

Azure 製品には多くの種類がありますが、すべての製品をある種類から別の種類に譲渡できるわけではありません。 サポートされている製品譲渡のみをこの記事で説明しています。 この記事で対処されていない状況についての支援が必要な場合は、支援を求める Azure サポート リクエストを作成できます。

この記事は、Azure 製品の課金所有権を別のアカウントに譲渡するに知っておくべきことを理解するために役立ちます。 組織を離れるときや、製品の請求先を別のアカウントにする場合に、Azure 製品の課金所有権を譲渡する必要がある可能性があります。 別のアカウントに課金所有権を譲渡すると、管理者には請求タスク用の新しいアカウントのアクセス許可が付与されます。 これにより、支払い方法の変更、料金の表示、製品の取り消しを行うことができます。

Note

サブスクリプションを Microsoft Entra B2B や Azure B2C のテナントに譲渡することはできません。

課金所有権を維持したまま、製品の種類を変更する場合は、別のオファーへの Azure サブスクリプションの切り替えに関するページを参照してください。 製品内のリソースにアクセスできるユーザーを制御する場合は、「Azure 組み込みロール」を参照してください。

マイクロソフト エンタープライズ契約 (EA) のお客様であれば、お客様のエンタープライズ管理者が、Azure portal で、製品の課金所有権をアカウント間で譲渡することができます。 詳細については、「Azure サブスクリプションまたはアカウントの所有権を変更する」をご覧ください。

この記事では、製品の譲渡に焦点を当てています。 ただし、リソースの譲渡についても一部の製品譲渡シナリオで必要になるため説明しています。

異なる Microsoft Entra テナント間の製品の譲渡の詳細については、「Azure サブスクリプションを別の Microsoft Entra ディレクトリに譲渡する」を参照してください。

Note

ほとんどの課金所有権の譲渡では、基になる製品のサービス テナントは変更されません。 ダウンタイムは発生しません。 ただし、課金テナントが変更された場合でも、変更は実行中のサービスやリソースに影響を与えません。

製品の譲渡計画

製品の譲渡の計画を開始するときに、次の質問に答えるために必要な情報を考慮してください。

  • 製品の譲渡はなぜ必要か
  • 製品の譲渡で求められるタイムラインはどうなっているか
  • 製品の現在のオファーの種類と、それを何に譲渡するか
    • Microsoft Online Services プログラム (MOSP)。従量課金制 (PAYG) とも呼ばれます
    • CSP での以前の Azure オファー
    • CSP の新しい Azure オファー。Microsoft パートナー契約 (MPA) による Azure プランとも呼ばれます
    • Enterprise Agreement (EA)
    • Microsoft の担当者を介して Azure サービスを購入するエンタープライズ モーションでの Microsoft 顧客契約 (MCA)。 MCA エンタープライズ契約とも呼ばれます。
    • Azure Web サイトを介して購入した Microsoft 顧客契約 (MCA)。 MCA 個別契約とも呼ばれます。
    • MSDN、EOPEN、Azure Pass、無料試用版などのその他
  • 譲渡を達成するために必要な製品へのアクセス許可があるか 各譲渡の種類に必要な特定のアクセス許可を、次の製品譲渡サポートの表に一覧表示しています。
    • アカウントの課金管理者のみがサブスクリプションの所有権を譲渡できます。
    • 課金管理者の所有者だけが予約所有権または節約プランを譲渡できます。
  • 予約から利点が得られる既存のサブスクリプションがあるか、または節約プランをサブスクリプションと共に譲渡する必要があるか

譲渡を続行する前に、各質問の回答を用意する必要があります。

上記の質問に対する回答は、他者と早期にコミュニケーションを取り、予測やタイムラインを設定するのに役立ちます。 製品譲渡作業は大きく異なりますが、譲渡には予想よりも長い時間がかかる可能性があります。

移行元と移行先のオファーの種類に関する質問に対する回答を理解することは、必要な技術的な手順を決定し、転送プロセスの潜在的な制限を認識するために不可欠です。 制限については、次のセクションで詳しく説明します。

サポート プランの譲渡

サポート プランを譲渡することはできません。 サポート プランがある場合は、取り消す必要があります。 その後、新規に購入して新たに契約できます。 Azure サポート プランを取り消した場合、月の残りの期間について請求されます。 サポート プランを取り消しても、日割り計算での返金はありません。 サポート プランの詳細については、Azure のサポート プランに関するページを参照してください。

サポート プランを取り消す方法の詳細については、「Azure サブスクリプションの取り消し」を参照してください。

製品譲渡のサポート

次の表に、さまざまな契約の種類間の製品譲渡のサポートについて説明します。 各種類の譲渡の詳細についてのリンクを提供しています。

現在、無料試用版製品では譲渡はサポートされていません。 対処法ついては、「新しいリソース グループまたはサブスクリプションへのリソースの移動」を参照してください。

次の表では、Dev/Test 製品は示していません。 Dev/Test 製品の譲渡は、他の製品の種類と同じ方法で処理されます。 たとえば、EA の Dev/Test 製品の譲渡は、EA 製品の譲渡の方法で処理されます。

Note

ほとんどのサポートされている製品の譲渡で、予約および節約プランが譲渡されます。 ただし、次の表に示すように、予約または節約プランが譲渡されない譲渡がいくつかあります。

譲渡元 (現在) の製品契約の種類 譲渡先 (将来) の製品契約の種類 メモ
EA MOSP (PAYG) • EA 登録から MOSP サブスクリプションへの譲渡には、課金サポート チケットが必要です。

• 予約または節約プランは自動的に譲渡されず、それらの譲渡もサポートされていません。
EA MCA - 個人 • 詳細については、「Azure サブスクリプションの課金所有権を Microsoft 顧客契約で使用するために譲渡する」を参照してください。

• セルフサービス予約と節約プランの譲渡は、通貨の変更なしでサポートされています。

• 米国ドル以外の通貨で購入した Enterprise Agreement 登録で購入した節約プランは譲渡することができません。 ただし、 節約プランのスコープを変更して、他のサブスクリプションに適用することもできます。
EA EA • EA 登録間の譲渡には、課金サポート チケットが必要です。

• 予約と節約プランは、移転で通貨が変わる場合を除き、EA から EA への移転の間に自動的に移転されます。

• 同じ登録内での譲渡は、アカウント所有者の変更と同じアクションです。 詳細については、「Azure サブスクリプションまたはアカウントの所有権を変更する」を参照してください。
EA WPA - エンタープライズ • すべての登録製品の譲渡は、EA からの MCA 移行プロセスの一部として実行されます。 詳細については、「Microsoft 顧客契約用の課金アカウントでの Enterprise Agreement タスクを実行する」を参照してください。

• 登録に含まれるすべての製品ではなく、特定の製品を譲渡する場合は、「Azure サブスクリプションの課金所有権を Microsoft 顧客契約で使用するために譲渡する」を参照してください。

• セルフサービス予約の移転 (通貨の変更なし) がサポートされています。 加入契約の転送中または転送後に通貨が変更されると、転送元の加入契約に対して月払いの予約購入はキャンセルされます。 キャンセルは、個々の予約購入の翌月の支払い時に行われます。 このキャンセルは意図的なもので、月単位の予約購入にのみ影響します。 詳細については、「Azure Enterprise の加入契約アカウントとサブスクリプションを譲渡する」を参照してください。

• 米国ドル以外の通貨で購入した Enterprise Agreement 登録で購入した節約プランは譲渡することができません。 節約プランのスコープを変更して、他のサブスクリプションに適用することもできます。
EA MPA • 譲渡は、ダイレクト EA から MPA への場合にのみ許可されます。 ダイレクト EA は、Microsoft と EA のお客様との間で署名されます。

Azure Expert マネージド サービス プロバイダー (MSP) として認定されている CSP 直接請求パートナーのみ、ダイレクト Enterprise Agreement (EA) があるお客様に対して Azure 製品の譲渡を要求できます。 詳細については、「MPA アカウントに Azure サブスクリプションの課金所有権を取得する」を参照してください。 製品の譲渡は、Microsoft 顧客契約 (MCA) に同意し、CSP プログラム付きの Azure プランを購入したお客様にのみ許可されます。

• EA Government から MPA への譲渡はサポートされていません。

• 制限と制約があります。 詳細については、「EA サブスクリプションを CSP パートナーに譲渡する」を参照してください。
MCA - 個人 MOSP (PAYG) • Microsoft は転送をサポートしていないため、リソースを自分で移動する必要があります。 詳細については、「新しいリソース グループまたはサブスクリプションへのリソースの移動」を参照してください。

• 予約または節約プランは自動的に譲渡されず、それらの譲渡もサポートされていません。
MCA - 個人 MCA - 個人 • 詳細については、「Azure サブスクリプションの課金所有権を Microsoft 顧客契約で使用するために譲渡する」を参照してください。

• セルフサービス予約と節約プランの譲渡がサポートされています。
MCA - 個人 EA • Microsoft は転送をサポートしていないため、リソースを自分で移動する必要があります。 詳細については、「新しいリソース グループまたはサブスクリプションへのリソースの移動」を参照してください。

• 予約または節約プランは自動的に譲渡されず、それらの譲渡もサポートされていません。
MCA - 個人 WPA - エンタープライズ • 詳細については、「Azure サブスクリプションの課金所有権を Microsoft 顧客契約で使用するために譲渡する」を参照してください。

• セルフサービス予約と節約プランの譲渡がサポートされています。
WPA - エンタープライズ EA • Microsoft は転送をサポートしていないため、リソースを自分で移動する必要があります。 詳細については、「新しいリソース グループまたはサブスクリプションへのリソースの移動」を参照してください。

• 予約または節約プランは自動的に譲渡されず、それらの譲渡もサポートされていません。
WPA - エンタープライズ MOSP • Microsoft は転送をサポートしていないため、リソースを自分で移動する必要があります。 詳細については、「新しいリソース グループまたはサブスクリプションへのリソースの移動」を参照してください。

• 予約または節約プランは自動的に譲渡されず、それらの譲渡もサポートされていません。
WPA - エンタープライズ MCA - 個人 • 詳細については、「Azure サブスクリプションの課金所有権を Microsoft 顧客契約で使用するために譲渡する」を参照してください。

• セルフサービス予約と節約プランの譲渡がサポートされています。
WPA - エンタープライズ WPA - エンタープライズ • 詳細については、「Azure サブスクリプションの課金所有権を Microsoft 顧客契約で使用するために譲渡する」を参照してください。

• セルフサービス予約と節約プランの譲渡がサポートされています。
WPA - エンタープライズ MPA Azure Expert マネージド サービス プロバイダー (MSP) として認定されている CSP 直接請求パートナーのみ、Microsoft 担当者と Microsoft 顧客契約を結んでいるお客様に Azure 製品の譲渡を要求できます。 詳細については、「MPA アカウントに Azure サブスクリプションの課金所有権を取得する」を参照してください。 製品の譲渡は、Microsoft 顧客契約 (MCA) に同意し、CSP プログラム付きの Azure プランを購入したお客様にのみ許可されます。

• セルフサービス予約と節約プランの譲渡がサポートされています。

• 制限と制約があります。 詳細については、「EA サブスクリプションを CSP パートナーに譲渡する」を参照してください。
CSP での以前の Azure オファー CSP での以前の Azure オファー 課金サポート チケットが必要です。

• 予約は自動的に譲渡されず、それらの譲渡もサポートされていません。
CSP での以前の Azure オファー MPA 詳細については、「顧客の Azure サブスクリプションを別の CSP に譲渡する (Azure プランで)」を参照してください。
MPA EA • 自動譲渡はサポートされていません。 すべての譲渡で、既存の MPA 製品から新しく作成されたまたは既存の EA 製品にリソースを手動で移動する必要があります。

• 「リソースの譲渡を実行する」セクションの情報を使用してください。

• 予約または節約プランは自動的に譲渡されず、それらの譲渡もサポートされていません。
MPA MPA • 詳細については、「顧客の Azure サブスクリプションや予約 (Azure プランの下) を別の CSP に転送する」を参照してください。
MOSP (PAYG) MOSP (PAYG) • サブスクリプションの課金所有者を変更する場合は、「Azure サブスクリプションの課金所有権を別のアカウントに譲渡する」を参照してください。

• 予約は自動的に譲渡されないため、課金サポート チケットを開いてそれらを譲渡する必要があります。
MOSP (PAYG) MCA - 個人 • 詳細については、「Azure サブスクリプションの課金所有権を Microsoft 顧客契約で使用するために譲渡する」を参照してください。

• セルフサービスの予約譲渡がサポートされています。
MOSP (PAYG) EA • 管理者アカウントを EA 登録に譲渡する場合は、「サブスクリプションを EA に移転する」を参照してください。

• EA 登録にサブスクリプションを譲渡する場合は、課金サポート チケットを作成する必要があります。
MOSP (PAYG) WPA - エンタープライズ • 詳細については、「Azure サブスクリプションの課金所有権を Microsoft 顧客契約で使用するために譲渡する」を参照してください。

• セルフサービスの予約譲渡がサポートされています。

リソースの譲渡を実行する

一部の製品譲渡では、サブスクリプション間で Azure リソースを手動で移動する必要があります。 リソースを移動すると、ダウンタイムが発生する可能性があり、VM、NSG、App Services などの Azure リソースの種類を移動するためにはさまざまな制限があります。

Microsoft では、サブスクリプション間でリソースを自動的に移動するツールを提供していません。 必要に応じて、サブスクリプション間で Azure リソースを手動で移動する必要があります。 詳細については、「リソースを新しいリソース グループまたはサブスクリプションに移動する」を参照してください。 移動するリソースが多い場合は、追加の時間と計画が必要です。

計画に関するその他の考慮事項

製品の譲渡を開始する前に、次のセクションを読んで、その他の考慮事項の詳細を確認してください。

移転の使用条件

お客様が送信、または転送を受け入れる場合、お客様はご契約条件に同意したものとみなされます。 詳細については、次の情報を参照してください。

移転の送信

移転リクエストを送信するときに、[移転リクエストを送信します] オプションを選択する必要があります。 選択を行うことによって、次の使用条件にも同意することになります。

By sending this transfer request, you acknowledge and agree that the selected items will transfer to your account as of the Transition Date (date when the transfer completed successfully). You will be responsible to Microsoft for all ongoing, scheduled billings related to the transfer items as of the Transition Date; provided that Microsoft will move any prepaid subscriptions (including reserved instances) to your account. You agree that you may not cancel any prepaid subscriptions transferred to your account.

移転の受け入れ

移転を受け入れる場合は、[Review + validate](確認 + 検証) オプションを選択する必要があります。 選択を行うことによって、次の使用条件にも同意することになります。

By accepting this transfer request, you acknowledge and agree that the indicated items will transfer to the nominated destination account as of the Transition Date (date when the transfer completed successfully). Any prepaid subscriptions, if selected, (including reserved instances) will be moved to the destination account and, as of the Transition Date, you will no longer be responsible to Microsoft for ongoing payment obligations (if any) related to the transfer items.

サブスクリプションによるリソースの譲渡

課金所有権だけを変更する場合、リソースは影響を受けません。 VM、ディスク、Web サイトなどのサブスクリプションからすべてのリソースが譲渡されます。 ただし、リソースの移動またはサービス テナントの変更を行う場合は、リソースが影響を受ける可能性があります。

製品をあるアカウントから別のアカウントに譲渡する

2 つのアカウントの管理者の場合、アカウント間で製品を譲渡できます。 概念上、そうしたアカウントは 2 人の異なるユーザーのアカウントと見なされるので、アカウント間で製品を譲渡できます。

製品の譲渡に必要な手順を確認するには、「Azure サブスクリプションの課金所有権を譲渡する」を参照してください。

製品の譲渡でダウンタイムが発生しないようにする

同じ Microsoft Entra テナント内のアカウントに製品を譲渡する場合、そのサブスクリプションで実行されているリソースに影響は生じません。 ただし、PowerShell に保存されたコンテキスト情報は更新されないため、それをクリアするか、設定を変更しなければならない場合があります。 リソースの移動またはサービス テナントの変更を行う場合、リソースが影響を受ける可能性があります。

新しいアカウントの使用状況と請求履歴

新しいアカウントについてユーザーが入手できる情報は、譲渡時から開始する使用状況と請求履歴のみです。 使用状況と請求履歴は、製品と一緒に譲渡されません。

製品クレジット残高

Visual Studio または Microsoft Cloud Partner Program 製品をお持ちの場合は、月単位のクレジットを受け取ります。 クレジットは、新しいアカウントで製品と共に繰り越されません。 譲渡要求を受け取ったユーザーが、譲渡要求を受け入れるには、Visual Studio ライセンスが必要になります。 製品には、ユーザーのアカウントで利用可能な Visual Studio クレジットが使用されます。 詳細については、Visual Studio と Partner Network のサブスクリプションの譲渡に関するセクションを参照してください。

譲渡されたリソースへのアクセスをユーザーが保持する

課金所有権が譲渡されても、製品内のリソースにアクセス権を持つユーザーにはそのアクセス権が残ることに注意してください。 しかし、管理者ロールAzure ロールの割り当てが削除される可能性があります。 自分のアカウントが製品のテナントとは異なる Microsoft Entra テナント内にあり、譲渡要求を送信したユーザーが製品を自分のアカウントのテナントに移行した場合、アクセス権が失われます。

Azure portal で、製品内のリソースにアクセスできる Azure ロールが割り当てられているユーザーを表示できます。 Azure portal の [サブスクリプション] ページにアクセスします。 次に、確認する製品を選択し、左側のウィンドウで [アクセス制御 (IAM)] を選択します。 次に、ページの上部で [ロールの割り当て] を選択します。 [ロールの割り当て] ページに、製品に対するアクセス権が付与されているすべてのユーザーが一覧表示されます。

Azure ロールの割り当てが譲渡中に削除された場合でも、元の所有者アカウントのユーザーは、次のような他のセキュリティ メカニズムを通じて、引き続き製品にアクセスできます。

譲渡先でリソースへのアクセスを制限する必要がある場合、サービスに関連付けられているすべてのシークレットの更新を検討する必要があります。 ほとんどのリソースを更新することができます。 Azure portal にサインインし、[ハブ] メニューで [すべてのリソース] を選択します。 次に、リソースを選択します。 次に、リソースのページで [設定] を選択します。 ここで、既存のシークレットを表示して更新できます。

所有権を譲渡された場合は、使用量に応じて課金されます

お使いのアカウントでは、譲渡時点より後に報告された使用量についてお支払いいただくことになります。 譲渡する前に発生したにもかかわらず、譲渡後に報告される使用量もあります。 この使用量は、お客様のアカウントの請求書に記載されます。

Enterprise Agreement 製品の所有権を譲渡する

元のアカウント所有者が組織の一員ではなくなった後でも、エンタープライズ管理者は、任意のアカウントのアカウント所有権を更新できます。 Azure Enterprise Agreement アカウントの譲渡の詳細については、「Azure エンタープライズ転送」を参照してください。

転送に関する補足情報

次のセクションには、譲渡サブスクリプションに関する追加情報が示されています。

以前のサポート プランを解約する

Azure サブスクリプションを新しい契約に移行する場合は、既存の Azure サポート プランを取り消してください。 サブスクリプションと共に自動的に移動されることはありません。 たとえば、マイクロソフト オンライン サブスクリプション契約 (Web 上で購入した Azure サブスクリプション) を Microsoft 顧客契約に転送する場合などです。 サポート プランを解約するには:

資格情報が新しい Microsoft 顧客契約アカウントへのアクセスに使用するものと異なる場合は、前のアカウントのアカウント管理者の資格情報を使用してください。

  1. Azure portal にサインインします。
  2. [コストの管理と請求] に移動します。
  3. 左側のペインで [課金スコープ] を選択します。
  4. Microsoft サポート プランに関連付けられている課金アカウントを選択します。
    • Microsoft 顧客契約の場合:
      • 左側のペインで [当月サービス利用料金] を選択します。
      • 右側のペインで、サポート プラン明細項目の右側にある省略記号 ( [...] ) を選択し、 [自動更新をオフにします] を選択します。
    • マイクロソフト オンライン サブスクリプション契約 (MOSA) の場合:
      • 左側のペインで [サブスクリプション] を選択します。
      • 右側のペインでサポート プランのサブスクリプションを選択し、 [キャンセル] を選択します。

過去の請求書にアクセスする

新しい Microsoft 顧客契約アカウントに課金所有権を譲渡した後、古いマイクロソフト オンライン サブスクリプション契約アカウント (Web 上で購入した Azure サブスクリプション) の請求書にアクセスすることができます。 そのためには、次の手順を行ってください。

資格情報が新しい Microsoft 顧客契約アカウントへのアクセスに使用するものと異なる場合は、前のアカウントのアカウント管理者の資格情報を使用してください。

  1. Azure Portal ( https://portal.azure.com/ ) にサインインします。
  2. [コストの管理と請求] に移動します。
  3. 左側のペインで [課金スコープ] を選択します。
  4. マイクロソフト オンライン サブスクリプション契約アカウントに関連付けられている課金アカウントを選択します。
  5. 左側のペインで [請求書] を選択して、過去の請求書にアクセスします。

無効なサブスクリプション

無効なサブスクリプションは譲渡できません。 サブスクリプションは、課金所有権を譲渡するにはアクティブな状態になっている必要があります。

Azure Marketplace 製品の譲渡

Azure Marketplace 製品は、それぞれのサブスクリプションとともに譲渡されます。

Azure 予約の譲渡

マイクロソフト エンタープライズ契約 (EA) サブスクリプションまたは Microsoft 顧客契約を譲渡する場合、Azure 予約によって、サブスクリプションと共に自動的に移動されます。

Azure サービスへのアクセス

Azure ロールベースのアクセス制御 (Azure RBAC) を使用して割り当てられた既存のユーザー、グループ、またはサービス プリンシパルへのアクセスは、移転中に影響を受けることはありません。

譲渡されたサブスクリプションの料金

譲渡後の料金は、新しいアカウントの請求書に表示されます。 譲渡前の料金は、前のアカウントの請求書に表示されます。

サブスクリプションの元の課金所有者は、譲渡が完了する時点までに報告されたすべての料金の責任を負います。 請求書セクションは、譲渡の時点以降に報告された料金を負います。 譲渡前に発生したが、その後に報告される料金が発生する場合があります。 料金は請求書セクションに表示されます。

譲渡要求のキャンセル

要求が承認または拒否されるまで、譲渡要求をキャンセルできます。 譲渡要求をキャンセルするには、譲渡詳細ページに移動して、ページの下部からキャンセルを選択します。

サービスとしてのソフトウェア (SaaS) の譲渡

SaaS 製品は、サブスクリプションとともには渡されません。 ユーザーに、Azure サポートに連絡して SaaS 製品の課金所有権を譲渡するように依頼します。 課金所有権とともに、ユーザーはリソースの所有権を譲渡することもできます。 リソースの所有権では、製品の詳細の削除や表示など、管理操作を実行できます。 ユーザーは、リソース所有権を移転するために、SaaS 製品でリソース所有者である必要があります。