Azure リソースに対する予約を管理する

Azure の予約を購入した後、必要に応じて、別のサブスクリプションに予約を適用する、予約を管理できるユーザーを変更する、または予約の範囲を変更します。 また、1 つの予約を 2 つの予約に分割して、購入したインスタンスの一部を別のサブスクリプションに適用することもできます。

Azure Reserved Virtual Machine Instances を購入した場合は、予約の最適化設定を変更できます。 予約割引は、同じシリーズの VM に適用するか、特定の VM サイズのデータセンター容量を予約することもできます。 予約を最適化して、完全に使用されるようにする必要があります。

"予約を管理するために必要なアクセス許可は、サブスクリプションのアクセス許可とは異なります。 "

注意

Azure を操作するには、Azure Az PowerShell モジュールをお勧めします。 作業を開始するには、Azure PowerShell のインストールに関する記事を参照してください。 Az PowerShell モジュールに移行する方法については、「AzureRM から Az への Azure PowerShell の移行」を参照してください。

予約注文および予約

予約を購入すると、2 つのオブジェクトが作成されます。予約注文予約です。

購入時点で、予約注文の下位に 1 つの予約があります。 [予約注文] 下には、予約の分割、マージ、一部返金、交換、または新しい予約の作成などの操作があります。

予約注文を表示するには、[予約]> に移動して該当の予約を選択し、[予約注文 ID] を選択します。

予約注文 ID を表示した予約注文の詳細の例

予約は、予約注文からアクセス許可を継承します。 予約を交換または払い戻しするには、予約注文にユーザーを追加する必要があります。

予約のスコープの変更

予約割引は、実際の予約に該当し、かつ予約のスコープ内で実行される仮想マシン、SQL データベース、Azure Cosmos DB、またはその他のリソースに適用されます。 課金コンテキストは、予約の購入に使用されたサブスクリプションによって決まります。

予約のスコープを更新するには、次の手順に従います。

  1. Azure portal にサインインします。
  2. [すべてのサービス]>[予約] を選択します。
  3. 予約を選択します。
  4. [設定]>[構成] を選択します。
  5. スコープを変更します。

共有スコープから単一スコープに変更する場合、選択できるのは自分が所有者であるサブスクリプションだけです。 選択できるのは、予約と同じ課金コンテキスト内のサブスクリプションに限られます。

スコープの対象となるのは、従量課金制料金の個別サブスクリプション (オファー MS-AZR-0003P または MS-AZR-0023P)、Enterprise オファー MS-AZR-0017P または MS-AZR-0148P、または CSP サブスクリプションの種類のみです。

すべてのサブスクリプションを管理グループから移動すると、予約のスコープは自動的に共有に変更されます。

既定で予約を管理できるユーザー

既定では、次のユーザーが予約を表示および管理できます。

  • 予約を購入した人と課金サブスクリプションのアカウント オーナーは、予約注文に対する Azure RBAC アクセス権を取得します。
  • Enterprise Agreement および Microsoft 顧客契約の請求共同作成者は、[コストの管理と請求] > [予約トランザクション] > 青いバナーの順に選択して、すべての予約を管理できます。

他のユーザーが予約を管理できるようにするには、次の 2 つのオプションがあります。

  • 予約注文のリソース スコープのユーザーに Owner ロールを割り当てることにより、個別の予約注文に対するアクセス管理を委任する。 制限付きアクセス権を付与する場合は、別のロールを選択します。
    詳細な手順については、「Azure portal を使用して Azure ロールを割り当てる」を参照してください。

  • ユーザーを課金管理者としてマイクロソフト エンタープライズ契約または Microsoft 顧客契約に追加するには、次の手順を実行します。

    • マイクロソフト エンタープライズ契約の場合は、"エンタープライズ管理者" ロールを持つユーザーを追加することで、マイクロソフト エンタープライズ契約に適用されるすべての予約注文を表示および管理できます。 "エンタープライズ管理者 (読み取り専用) " ロールを持つユーザーは、予約の表示のみを実行できます。 部門管理者およびアカウント所有者は、アクセス制御 (IAM) を使用して明示的にこれらに追加されて "いない限り"、予約を表示することはできません。 詳細については、「Azure エンタープライズ ロールの管理」を参照してください。

      "エンタープライズ管理者は、予約注文の所有権を取得し、アクセス制御 (IAM) を使用して他のユーザーを予約に追加することができます。 "

    • Microsoft 顧客契約の場合は、課金プロファイル所有者ロールまたは課金プロファイル共同作成者ロールを持つユーザーが、課金プロファイルを使用して行われたすべての予約購入を管理できます。 課金プロファイル閲覧者と請求書管理者は、請求プロファイルを使用して支払われるすべての予約を表示できます。 ただし、予約に変更を加えることはできません。 詳細については、「課金プロファイルのロールとタスク」を参照してください。

課金管理者が予約を表示または管理する方法

課金管理者の場合は、次の手順を使用して、すべての予約と予約トランザクションを表示および管理します。

  1. Azure portal にサインインし、 [Cost Management + Billing] に移動します。
    • EA 管理者の場合は、左側のメニューで [課金スコープ] を選択し、課金スコープの一覧でスコープを選択します。
    • Microsoft 顧客契約の課金プロファイル所有者の場合は、左側のメニューで [課金プロファイル] を選択します。 課金プロファイルの一覧でプロファイルを選択します。
  2. 左側のメニューで、 [製品とサービス]>[予約] を選択します。
  3. EA 加入契約または課金プロファイルの予約の完全な一覧が表示されます。
  4. 課金管理者は、予約を選択し、表示されたウィンドウで [アクセスの付与] を選択することで、予約の所有権を取得できます。

Azure の予約の課金サブスクリプションを変更する

予約の購入後に課金サブスクリプションを変更することは認められていません。 サブスクリプションの変更をご希望の場合は、交換プロセスを使用して、予約に適切な課金サブスクリプションを設定してください。

1 つの予約を 2 つの予約に分割する

予約内で複数のリソース インスタンスを購入した後、その予約内のインスタンスを異なるサブスクリプションに割り当てることができます。 既定では、すべてのインスタンスに 1 つのスコープ (1 つのサブスクリプション、リソース グループまたは共有のいずれか) があります。 たとえば 10 VM インスタンスの予約を購入し、そのスコープをサブスクリプション A に指定したとします。その後、7 つの VM インスタンスのスコープをサブスクリプション A とし、残りの 3 つをサブスクリプション B に変更します。予約を分割することによって、これが可能となります。 予約を分割すると、元の予約 ID は取り消され、新しい予約が 2 つ作成されます。 分割しても予約注文は影響を受けません。分割によって新しい商用トランザクションが発生することはなく、新しい予約の終了日付は分割前の予約の終了日付と同じです。

PowerShell、CLI、または API を通じて、1 つの予約を 2 つの予約に分割することができます。

PowerShell を使用して予約を分割する

  1. 次のコマンドを実行して予約の発注 ID を取得します。

    # Get the reservation orders you have access to
    Get-AzReservationOrder
    
  2. 予約の詳細を取得します。

    Get-AzReservation -ReservationOrderId a08160d4-ce6b-4295-bf52-b90a5d4c96a0 -ReservationId b8be062a-fb0a-46c1-808a-5a844714965a
    
  3. 予約を 2 つに分割してインスタンスを配分します。

    # Split the reservation. The sum of the reservations, the quantity, must equal the total number of instances in the reservation that you're splitting.
    Split-AzReservation -ReservationOrderId a08160d4-ce6b-4295-bf52-b90a5d4c96a0 -ReservationId b8be062a-fb0a-46c1-808a-5a844714965a -Quantity 3,2
    
  4. 次のコマンドを実行してスコープを更新することができます。

    Update-AzReservation -ReservationOrderId a08160d4-ce6b-4295-bf52-b90a5d4c96a0 -ReservationId 5257501b-d3e8-449d-a1ab-4879b1863aca -AppliedScopeType Single -AppliedScope /subscriptions/15bb3be0-76d5-491c-8078-61fe3468d414
    

予約の取り消し、交換、または返金

一定の制限付きで、予約の取り消し、交換、または返金を行うことができます。 詳しくは、「Azure の予約のセルフサービスによる交換と払戻」を参照してください。

予約 VM インスタンスの最適化設定を変更する

予約 VM インスタンスを購入する場合は、インスタンス サイズの柔軟性または容量の優先度を選択します。 インスタンス サイズの柔軟性によって、予約割引が、同じ VM サイズ グループ内の他の VM に適用されます。 容量の優先度により、デプロイにとって最も重要なデータ センター容量が指定されます。 このオプションにより、必要なときに VM インスタンスを起動する能力に対する信頼が高まります。

予約のスコープが共有されている場合、既定でインスタンス サイズの柔軟性はオンです。 VM の展開では、データ センターの容量は優先されません。

スコープが単一の予約の場合は、VM インスタンス サイズの柔軟性ではなく、容量の優先度の予約を最適化できます。

予約の最適化設定を更新するには:

  1. Azure portal にサインインします。
  2. [すべてのサービス]>[予約] を選択します。
  3. 予約を選択します。
  4. [設定]>[構成] を選択します。 [構成] 項目を示す例
  5. [最適化の対象] 設定を変更します。 [最適化の対象] 設定を示す例

予約の使用を最適化する

Azure の予約の割引は、継続的にリソースを使用した場合にのみ発生します。 予約を購入する場合、1 年または 3 年間のリソース使用率が基本的に 100% であることに対して、料金を支払います。 できるだけ多くの使用と割引を実現するために、予約を最大限に活用してください。 以下のセクションでは、予約を監視し、その使用を最適化する方法について説明します。

予約の使用状況は Azure portal 内で表示できます

予約の使用状況を表示する方法の 1 つは、Azure portal にあります。

  1. Azure portal にサインインします。
  2. [すべてのサービス]>[予約] を選択し、予約の [使用率 (%)] に注目します。
    予約の一覧を表示したイメージ
  3. 予約を選択します。
  4. 一定期間にわたる予約の使用傾向を確認します。 予約の使用状況を示す画像

API を使用して予約の使用状況を表示する

Enterprise Agreement (EA) のお客様の場合、ご自身の組織内で予約がどのように使用されているかを、プログラムで表示することができます。 使用状況データを通じて未使用の予約を取得します。 予約料金を確認するときは、実際のコストと償却コストの間にデータが分割されることに注意してください。 実際のコストでは、月ごとの請求を調整するためのデータが提供されます。 これには、予約購入コストと予約アプリケーションの詳細も含まれています。 償却コストは実際のコストに似ていますが、予約使用状況の有効価格が日割りで計算される点が異なります。 未使用の予約時間は、償却コスト データ内に表示されます。 EA のお客様の使用状況データについて詳しくは、「Enterprise Agreement の予約のコストと使用状況を取得する」をご覧ください。

他の種類のサブスクリプションの場合は、「Reservations Summaries - List By Reservation Order And Reservation (予約の概要 - 予約注文別および予約別の一覧)」で説明されている API を使用します。

予約を最適化する

組織の予約の使用率が低い場合は、次のようにします。

  • 組織で作成されている仮想マシンが、予約での VM サイズと一致していることを確認します。
  • インスタンス サイズの柔軟性が有効になっていることを確認します。 詳細については、予約の管理に関する記事の「予約 VM インスタンスの最適化設定を変更する」をご覧ください。
  • より広範に適用されるように、予約範囲を "共有" に変更します。 詳細については、「予約のスコープの変更」をご覧ください。
  • 未使用の数量の交換を検討します。 詳しくは、キャンセルと交換に関するページをご覧ください。

お困りの際は、 お問い合わせください。

ご質問がある場合やヘルプが必要な場合は、サポート リクエストを作成してください。

次のステップ

Azure の予約の詳細については、次の記事を参照してください。