Azure の予約のセルフサービスによる交換と払戻

Azure の予約は、変化するニーズを満たすために柔軟性を提供します。 予約製品は、それが同じ種類の予約である場合、他の予約製品と交換できます。 たとえば、Azure Dedicated Host、Azure VMware Solution、Azure Virtual Machines など、複数のコンピューティングの予約を他の各予約と一度にすべて交換できます。 また、SQL Managed Instance とエラスティック プールを含む複数の SQL データベース予約タイプを相互に交換できます。

ただし、異なる種類の予約を交換することはできません。 たとえば、Azure Cosmos DB の予約を SQL Database と交換することはできません。

また、予約を交換することによって、異なるリージョンで同じ種類の別の予約を購入することもできます。 たとえば、米国西部 2 リージョンでの予約を西ヨーロッパ リージョンでの予約と交換することができます。

Note

猶予期間を通じて、少なくとも 2024 年 7 月 1 日まで、Azure コンピューティング予約 (Azure 予約仮想マシン インスタンス、Azure 専用ホスト予約、Azure アプリ サービス予約) を交換できます。 2022 年 10 月、Azure コンピューティング予約を交換する機能は、2024 年 1 月 1 日に非推奨と発表されました。 このポリシーの開始日は 2024 年 1 月 1 日のままですが、この猶予期間が設定されたため、少なくとも 2024 年 7 月 1 日までは Azure コンピューティング予約を交換できます。 猶予期間が終了する前に購入したコンピューティング予約は、猶予期間が終了した後にもう 1 回交換する権利を留保します。

この猶予期間は、リソースのニーズを判断し、それに応じて計画を立てる時間を十分に確保するためのものです。 交換ポリシーの変更の詳細については、「Azure 予約交換ポリシーの変更」を参照してください

Azure のコンピューティング 削減計画は、仮想マシンのシリーズやリージョンなどの変更に対応するための柔軟性を高めるために、2022 年 10 月に開始されました。 自動的に柔軟性を提供する節約プランにより、予約交換ポリシーを調整しました。 VM サイズに対してインスタンス サイズの柔軟性を引き続き使用できますが、猶予期間を過ぎると、Azure 予約仮想マシン インスタンス、Azure 専用ホスト予約、Azure アプリ サービス予約のインスタンス シリーズまたはリージョンの交換はサポートされなくなります。

Azure コンピューティング予約を節約プランと交換することも、特定の構成ニーズがわかっている予測可能で安定したワークロードの予約を引き続き使用して購入することもできます。 詳細については、コンピューティングの Azure の節約計画と、それが予約でどのように機能するかに関するページを参照してください

予約を交換する際に、期間を 1 年から 3 年に変更することもできます。 または、期間を 3 年から 1 年に変更することもできます。

予約は払い戻しも可能ですが、ご自分の請求範囲 (EA、Microsoft 顧客契約、Microsoft Partner Agreement など) のすべての予約コミットメントのキャンセル額合計が、12 か月間のローリング ウィンドウで 50,000 米国ドルを超えることはできません。

次の予約は払い戻しの対象になりません。

  • Azure Databricks の予約容量
  • Synapse Analytics の事前購入プラン
  • Azure VMware Solution by CloudSimple
  • Azure Red Hat Open Shift
  • Red Hat プラン
  • SUSE Linux プラン

注意

  • 既存の予約を交換または払い戻すには、予約注文の所有者または予約管理者のアクセス許可が必要です予約を管理できるユーザーを追加または変更することができます。
  • Microsoft では、現在予約の払戻の中途解約料は請求していません。 将来的には、払戻料金を請求するようになる場合もあります。 現在、この料金がいつから有効になるかは未定です。

既存の予約の交換または払戻を行う方法

予約の交換は Azure portal から行うことができます。

  1. 払い戻したい予約を選択して [交換] を選択します。
    Example image showing reservations to return
  2. 購入する VM 製品を選択し、数量を入力します。 新しい購入合計が、返金合計より多くなるようにしてください。 購入する前に適切なサイズを決定します。
    Example image showing the VM product to purchase with an exchange
  3. トランザクションを確認して、完了します。
    Example image showing the VM product to purchase with an exchange, completing the return

予約を払い戻すには、キャンセルする予約に移動し、[戻る] を選択します。

複数の予約を交換する

同じ種類の予約を 1 回のアクションで返品することができます。

予約を交換する場合、新しい購入金額が払戻額よりも大きくならなければなりません。 通貨金額が返品 (交換) 対象の予約以上である場合、予約をいくつでも他の許可されている予約と交換できます。 新しい購入額が払戻額未満の場合、エラー メッセージが表示されます。 エラーが発生した場合、返す数量を減らすか、購入額を増やします。

  1. Azure portal にサインインし、 [予約] に移動します。
  2. 予約の一覧で、交換する各予約のチェック ボックスをオンにします。
  3. ページの上部で [交換] を選択します。
  4. 必要に応じて、予約ごとに返す数量を修正します。
  5. 返品数量の自動入力を選択している場合は、[Refund all] (すべて払い戻す) を選んで、各予約について所有している全数量を一覧に入力できます。 または、[Optimize for utilization (7-day)] (使用率で最適化する (7 日)) を選ぶと、過去 7 日間の使用量に基づく使用率で最適化された数量が一覧に設定されます。 [適用] を選択します。
  6. ページの下部で、 [Next: Purchase](次へ: 購入) を選択します。
  7. 購入タブで、交換したい利用可能な製品を選択します。 さまざまな種類の複数の製品を選択できます。
  8. [購入する製品の選択] ペインで目的の製品を選び、 [カートに追加] を選択して [閉じる] を選択します。
  9. 完了したら、 [Next: Review](次へ: 確認) を選択します。
  10. 返品する予約と購入する新しい予約を確認し、 [交換の確認] を選択します。

Premium Storage 以外のストレージを Premium Storage と交換する

Premium Storage をサポートしない VM サイズの購入済み予約を、Premium Storage をサポートする対応する VM サイズと交換できます。 たとえば、F1F1s と交換できます。 交換を行う場合は、[予約の詳細] に移動し、 [交換] を選択します。 交換により、予約済みインスタンスの期間のリセットや、新しいトランザクションの作成が行われることはありません。 別のサイズ、シリーズ、リージョン、または支払いの頻度に交換する場合、新しい予約の期間はリセットされます。

トランザクションの処理方法

Microsoft は既存の予約を取り消します。 その後、その予約の日割り計算された金額が返金されます。 交換がある場合は、新しい購入が処理されます。 Microsoft では、アカウントの種類と支払い方法により、次のいずれかの方法で払戻を処理します。

Enterprise Agreement のお客様

元の購入が Azure 前払い (旧称: 年額コミットメント) を使用して購入されていた場合は、Azure 前払いに交換の金額が加算されて払い戻されます。 予約を購入するのに使用された Azure 前払い期間がアクティブでなくなっている場合は、現在のエンタープライズ契約の Azure 前払い期間にクレジットを追加できます。 クレジットは、返金日付から 90 日間有効です。 未使用のクレジットは、90 日後に有効期限が切れます。

元の予約購入が超過分から行われた場合、払い戻しは部分的なクレジット ノートとして行われます。 払い戻しは、元の請求書またはそれ以降の請求書には影響しません。

Microsoft 顧客契約のお客様

電信送金で支払うお客様には、払い戻された金額は翌月の請求書に自動的に適用されます。 返品または払い戻しでは、新しい請求書は生成されません。

クレジット カードで支払うお客様には、払い戻された金額は、購入時に使用されたクレジット カードに返金されます。 カードを変更した場合は、サポートにお問い合わせください

従量課金制の請求書支払いと CSP プログラム

元の予約購入請求書がキャンセルされ、払戻用の新しい請求書が作成されます。 交換の場合、新しい請求書には払戻と新しい購入が示されます。 払戻額は購入に対して調整されます。 予約の払戻のみの場合は、日割り金額が保持され、今後の予約購入に対して調整されます。 従量課金制料金で予約を購入し、その後 CSP に移動した場合、予約を返上して再購入できます。ペナルティはありません。

CSP のお客様は、予約の交換、取り消し、更新、払戻を自分で行うことはできませんが、代理としてパートナーに行うように依頼することができます。

従量課金制クレジット カードのお客様

元の請求書は取り消され、新しい請求書が作成されます。 元の購入に使用されたクレジット カードに金額が払い戻されます。 カードを変更した場合は、サポートにお問い合わせください

キャンセル、交換、払戻ポリシー

Azure には、キャンセル、交換、払戻に関して次のポリシーがあります。

交換ポリシー

  • 既存の複数の予約を返上して、同じ種類の新しい予約を 1 つ購入できます。 別の種類の予約と交換することはできません。 たとえば、VM の予約を返金して、SQL の予約を購入することはできません。 交換により、ファミリー、シリーズ、バージョン、SKU、リージョン、数量、期間などの予約のプロパティを変更できます。
  • 交換を処理できるのは、予約の所有者のみです。 予約を管理できるユーザーを追加または変更する方法を参照してください。
  • 交換は払戻と再購入として処理されます。キャンセルと新しい予約の購入には、異なるトランザクションが作成されます。 日割り計算された予約金額が、交換する予約に払い戻されます。 新しい購入は全額請求されます。 日割り計算された予約金額は、返金される予約の日割り計算された残余値です。
  • 予約を購入するために使用したエンタープライズ契約の有効期限が切れて、新しい契約として更新された場合も、予約を交換または払い戻すことができます。
  • 新しい予約の生涯コミットメントは、返上する予約の残りのコミットメントと同じか、それよりも大きくなければなりません。 例: 1 か月あたり 100 USD で、18 回目の支払い後に交換される 3 年間の予約の場合、新しい予約の有効期間コミットメントは 1,800 USD 以上 (毎月または前払い) である必要があります。
  • 交換の一部として購入された新しい予約には、交換の時点から開始される新しい期間が適用されます。
  • 交換に対するペナルティや年間制限はありません。
  • 2024 年 1 月 1 日以降に購入されるすべてのコンピューティングの予約 (Azure Reserved Virtual Machine Instances、Azure Dedicated Host の予約、Azure App Services の予約) の交換は利用できません。 2024 年 1 月 1 日より前に購入されたコンピューティングの予約は、ポリシーの変更が有効になった後にもう 1 回交換する権利を留保します。 交換ポリシーの変更の詳細については、「Azure 予約交換ポリシーの変更」を参照してください。

払戻ポリシー

  • 現在、中途解約料は課金していませんが、将来的には 12% の解約料が発生する可能性があります。
  • 1 つの請求プロファイルまたは 1 回の加入契約のすべての予約コミットメントのキャンセル額合計は、12 か月間のローリング ウィンドウにおいて 50,000 米国ドルを超えることはできません。 たとえば、3 年間の予約 (36 か月) があるとします。 1 か月あたり 100 USD のコストがかかります。 12 か月目にそれを払い戻します。 取り消されたコミットメントは 2,400 USD (残りの 24 か月間) になります。 この返金後は、返金可能な新しい限度額は、47,600 米国ドル (50,000-2,400) となります。 返金から 365 日後に、47,600 米国ドルの限度額が 2,400 米国ドル増加します。 新しいプールは 50,000 米国ドルです。 その課金プロファイルまたは EA 加入契約のその他のすべての予約取り消しは、同じプールから減額され、同じ補充ロジックが適用されます。
  • 1 つの課金プロファイルまたは 1 回の EA 加入契約の 12 か月間の上限 50,000 米国ドルを超える払い戻しは、Azure では処理できません。
    • 交換に起因する払い戻しは、払い戻しの上限に対してカウントされません。
  • 払い戻し額は、購入価格または予約の現在の価格のいずれかの最低価格に基づいて計算されます。
  • 払戻を処理できるのは、予約注文の所有者のみです。 予約を管理できるユーザーを追加または変更する方法を参照してください。
  • CSP プログラムの場合、50,000 米ドルの限度額はお客様一人あたりです。

以上の点を念頭に置いて例を見てみましょう。 300,000 米ドルの予約を購入した場合は、(元の購入価格ではなくメイン予約残高の) 以上の予約にいつでも交換できます。 この例の場合は次のとおりです。

  • 交換に対するペナルティや年間制限はありません。
  • 交換に起因する払い戻しは、払い戻しの上限に対してカウントされません。

お困りの際は、 お問い合わせください。

ご質問がある場合やヘルプが必要な場合は、サポート リクエストを作成してください。

次のステップ