Azure Data Factory - 名前付け規則

適用対象: Azure Data Factory Azure Synapse Analytics

次の表に、Data Factory アーティファクトの名前付け規則を示します。

名前 名前の一意性 検証チェック
Data Factory Microsoft Azure 全体で一意です。 名前の大文字と小文字を区別されません。つまり、MyDFmydf は同じデータ ファクトリを表します。
  • 各データ ファクトリは、厳密に 1 つの Azure サブスクリプションに関連付けられます。
  • オブジェクト名は英文字または数字で始まり、英文字、数字、ダッシュ (-) 文字のみを含めることができます。
  • すべてのダッシュ (-) 文字は、その直前または直後に文字または数字が使用されている必要があります。 連続するダッシュ文字はコンテナー名では使用できません。
  • 名前は 3 ~ 63 文字の長さにすることができます。
リンクされたサービス、データセット、パイプライン、データ フロー データ ファクトリ内で一意です。 名前の大文字と小文字は区別されません。
  • オブジェクト名は英字で始める必要があります。
  • 次の文字は使用できません: "."、"+"、"?"、"/"、"<"、">"、"*"、"%"、"&"、":"、"\"
  • リンクされたサービス、データ フロー、データセットの名前では、ダッシュ ("-") は使用できません。
統合ランタイム データ ファクトリ内で一意です。 名前の大文字と小文字は区別されません。
  • 統合ランタイムの名前には、アルファベット、数字、およびダッシュ (-) 文字のみを含めることができます。
  • 先頭と末尾の文字は、アルファベットまたは数字にする必要があります。 すべてのダッシュ (-) 文字は、その直前または直後に文字または数字が使用されている必要があります。
  • 統合ランタイム名に連続するダッシュを使用することはできません。
データ フローの変換 データ フロー内で一意です。 名前では大文字と小文字は区別されません
  • データ フローの変換名には、文字と数字のみを含めることができます
  • 先頭の文字は英字にする必要があります。
リソース グループ Microsoft Azure 全体で一意です。 名前の大文字と小文字は区別されません。 詳細については、「名前付け規則と制約事項」を参照してください。
パイプラインのパラメーターと変数 パイプライン内で一意。 名前の大文字と小文字は区別されません。
  • パラメーター名と変数名の妥当性確認は、下位互換性の問題から、一意性に限定されます。
  • リンク サービスなど、エンティティ名を参照する目的でパラメーターや変数を使用するとき、エンティティの命名規則が適用されます。
  • データ フロー変換の命名規則に従い、パイプラインのパラメーターと変数に名前を付けることをお勧めします。

次のステップ

クイック スタート: データ ファクトリの作成の手順に従ってデータ ファクトリを作成する方法を確認します。