ログを使用して Azure Data Box Disk の検証の問題をトラブルシューティングする

この記事は、Microsoft Azure Data Box Disk に適用されます。 この記事では、このソリューションのデプロイ時に発生する可能性がある検証の問題を、ログを使用してトラブルシューティングする方法について説明します。

検証ツールのログ ファイル

検証ツールを使用してディスク上のデータを検証すると、エラーのログを記録するために error.xml が生成されます。 ログ ファイルの場所はドライブの Drive:\DataBoxDiskImport\logs フォルダーです。 検証を実行すると、エラー ログへのリンクが提供されます。

検証のために複数のセッションを実行する場合、セッションごとに 1 つのエラー ログが生成されます。

  • 次に示すのは、PageBlob フォルダーに読み込まれるデータが 512 バイトでアラインメントされていない場合のエラー ログの例です。 VHD や VHDX など、PageBlob にアップロードされるデータはすべて、512 バイトでアラインメントされている必要があります。 このファイル内のエラーは <Errors> に、警告は <Warnings> にあります。

    <?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
        <ErrorLog Version="2018-10-01">
            <SessionId>session#1</SessionId>
            <ItemType>PageBlob</ItemType>
            <SourceDirectory>D:\Dataset\TestDirectory</SourceDirectory>
            <Errors>
                <Error Code="Not512Aligned">
                    <Description>The file is not 512 bytes aligned.</Description>
                    <List>
                        <File Path="\Practice\myScript.ps1" />
                    </List>
                    <Count>1</Count>
                </Error>
            </Errors>
            <Warnings />
        </ErrorLog>
    
  • 次に示すのは、コンテナー名が無効な場合のエラー ログの例です。 ディスク上の BlockBlobPageBlob、または AzureFile フォルダーの下に作成したフォルダーは、Azure Storage アカウント内のコンテナーになります。 コンテナーの名前は Azure の名前付け規則に従う必要があります。

    <?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
    <ErrorLog Version="2018-10-01">
        <SessionId>bbsession</SessionId>
        <ItemType>BlockBlob</ItemType>
        <SourceDirectory>E:\BlockBlob</SourceDirectory>
        <Errors>
        <Error Code="InvalidShareContainerFormat">
            <List>
            <Container Name="Azu-reFile" />
            <Container Name="bbcont ainer1" />
            </List>
            <Count>2</Count>
        </Error>
        </Errors>
        <Warnings />
    </ErrorLog>
    

検証ツールのエラー

error.xml に含まれるエラーと、対応する推奨アクションを次の表にまとめています。

エラー コード 説明 推奨アクション
None データが正常に検証されました。 必要な操作はありません。
InvalidXmlCharsInPath ファイル パスに無効な文字が含まれているため、マニフェスト ファイルを作成できませんでした。 続行するには、これらの文字を削除します。
OpenFileForReadFailed ファイルを処理できませんでした。 アクセスの問題またはファイル システムの破損が考えられます。 エラーのためのファイルを読み取れませんでした。 エラーの詳細は例外にあります。
Not512Aligned このファイルは PageBlob フォルダーに対して有効な形式ではありません。 PageBlob フォルダーには、512 バイトでアラインメントされたデータのみをアップロードしてください。 PageBlob フォルダーからファイルを削除するか、BlockBlob フォルダーに移動します。 検証を再試行します。
InvalidBlobPath Azure BLOB の名前付け規則のとおりに、ファイル パスがクラウド内の有効な BLOB パスにマップしません。 Azure の名前付けガイドラインに従ってファイル パスの名前を変更してください。
EnumerationError 検証用のファイルを列挙できませんでした。 このエラーには複数の理由が考えられます。 最も可能性が高い理由は、ファイルへのアクセスです。
ShareSizeExceeded このファイルが原因で、Azure ファイル共有のサイズが Azure の制限である 5 TB を超えました。 Azure オブジェクトのサイズ制限に準拠するよう、共有内のデータのサイズを減らしてください。 検証を再試行します。
AzureFileSizeExceeded ファイル サイズが Azure ファイルのサイズ制限を超えています。 Azure オブジェクトのサイズ制限に準拠するよう、ファイルまたはデータのサイズを減らしてください。 検証を再試行します。
BlockBlobSizeExceeded ファイル サイズが Azure ブロック BLOB のサイズ制限を超えています。 Azure オブジェクトのサイズ制限に準拠するよう、ファイルまたはデータのサイズを減らしてください。 検証を再試行します。
ManagedDiskSizeExceeded ファイル サイズが Azure マネージド ディスクのサイズ制限を超えています。 Azure オブジェクトのサイズ制限に準拠するよう、ファイルまたはデータのサイズを減らしてください。 検証を再試行します。
PageBlobSizeExceeded ファイル サイズが Azure マネージド ディスクのサイズ制限を超えています。 Azure オブジェクトのサイズ制限に準拠するよう、ファイルまたはデータのサイズを減らしてください。 検証を再試行します。
InvalidShareContainerFormat ディレクトリ名が、コンテナーまたは共有の Azure 名前付け規則に準拠していません。 ディスク上の既存のフォルダー下に作成された最初のフォルダーが、ストレージ アカウント内のコンテナーになります。 この共有またはコンテナーの名前が Azure の名前付け規則に準拠していません。 Azure の名前付け規則に準拠するようにファイルの名前を変更してください。 検証を再試行します。
InvalidBlobNameFormat Azure BLOB の名前付け規則のとおりに、ファイル パスがクラウド内の有効な BLOB パスにマップしません。 Azure の名前付け規則に準拠するようにファイルの名前を変更してください。 検証を再試行します。
InvalidFileNameFormat Azure ファイルの名前付け規則のとおりに、ファイル パスがクラウド内の有効なファイル パスにマップしません。 Azure の名前付け規則に準拠するようにファイルの名前を変更してください。 検証を再試行します。
InvalidDiskNameFormat Azure マネージド ディスクの名前付け規則のとおりに、ファイル パスがクラウド内の有効なディスク名にマップしません。 Azure の名前付け規則に準拠するようにファイルの名前を変更してください。 検証を再試行します。
NotPartOfFileShare ファイルのアップロード パスが無効です。 Azure Files 内のフォルダーにファイルをアップロードしてください。 エラーのあるファイルを削除し、事前に作成されたフォルダーにそれらのファイルをアップロードしてください。 検証を再試行します。
NonVhdFileNotSupportedForManagedDisk VHD 以外のファイルはマネージド ディスクとしてアップロードできません。 VHD 以外のファイルはサポートされていないため、これらのファイルを ManagedDisk フォルダーから削除するか、PageBlob フォルダーに移動します。 検証を再試行します。

次のステップ