ログを使用して Azure Data Box Disk のアップロードの問題をトラブルシューティングする

この記事では、Azure データセンターで Azure Data Box Disk を使用してデータをアップロードするときに発生する問題について説明します。

アップロード ログについて

Data Box Disk から Azure データセンターにデータがアップロードされると、ストレージ アカウントごとにコピー/エラー ログと詳細ログが生成されます。 これらのログは、データのアップロードに使用されたものと同じストレージ アカウントにアップロードされます。

  • コピー ログでは、ディスクと Azure Storage アカウントの間で失敗したすべてのコピー操作のイベントが報告されます。 コピー ログの最後には、エラーの概要がエラー カテゴリ別に示されます。

  • "詳細ログ" には、すべての BLOB とファイル上で成功したコピー操作の一覧が示されます。

ログを見つける

データのアップロードからログを見つけるには、次の手順を実行します。

  1. Azure portal で注文を開きます。

  2. 各ディスクのデータのアップロードが完了すると、[概要] ウィンドウにディスクの状態と、ディスクの診断ログへのパスが表示されます。

    • 新しい注文の場合、ディスクの詳細は次の画面のようになります。 コピー ログは自動的に保存されます。 注文したときに詳細ログを保存することを選択した場合は、詳細ログへのパスも表示されます。

      Screenshot of the Overview pane for a Data Box Disk order with Copy Completed With Warnings status. A Copy Log Path and Verbose Log Path are highlighted.

      ログは、ストレージ アカウント内のコンテナー (BLOB のインポートの場合) または共有 (Azure Files へのインポートの場合) にアップロードされます。 コンテナーの名前は databoxcopylog となります。 URL の形式は次のとおりです:

      ログのタイプ URL 形式
      コピー ログ <storage-account-name>/databoxcopylog/<order-name>_<device-serial-number>_CopyLog_<job-ID>.xml
      詳細ログ <storage-account-name>/databoxcopylog/<order-name>_<device-serial-number>_VerboseLog_<job-ID>.xml
    • 以前の注文の場合、表示は次の画面のようになります。

      Azure へのデータのアップロード時にエラーが発生した場合、診断ログがあるフォルダーへのパスがコピー ログに表示されます。

      Screenshot of the Overview pane for an earlier Data Box Disk order with completed copies. The Copy Log Paths are highlighted.

      ログは、ストレージ アカウント内 waies のコンテナーにアップロードされます。 URL の形式は次のとおりです:

      ログのタイプ URL 形式
      エラー ログ (error log) <storage-account-name>/databoxlogs-<order-name>/waies/ri-<order-name>-guid_<drive-ID>_<timestamp>_error.xml
      詳細ログ <storage-account-name>/databoxlogs-<order-name>/waies/ri-<order-name>-guid_<drive-ID>_<timestamp>_verbose.xml

    Note

    databoxcopylog コンテナー内のログの形式は、waies コンテナー内のログとは異 なります。 ログの解釈については、関連付けられているドライブ ログのバージョンに関する手順を使用してください。 詳細については、ログのバージョンの識別に関するページを参照してください。

  3. ログを表示するには、ストレージ アカウントのログを格納するコンテナーを開きます。 次の図は、waies コンテナーのログを示しています。

    Screenshot of error logs and verbose logs in a storage account for an Azure Data Box Disk order. The logs in the W-A-I-E-S containers are highlighted.

  4. 各ログを選択し、ローカル コピーをダウンロードします。

ログのバージョンを特定する

コピー/エラー ログと詳細ログには、形式が異なる 2 つのバージョンがあります。 ログのバージョンについては、以下のセクションで個別に説明します。

詳細ログと共に、ドライブのリリースに応じて、コピー ログ (_copy.xml) またはエラー ログ (_error.xml) が表示されます。

コピー/エラー ログとそれに付随する詳細ログの両方のログ リリースを確認するには、コピー/エラー ログでドライブ ログのバージョンを確認してください。

ログ ファイル名 フィールド ドライブ ログのバージョン
_copy.xml DriveLogVersion 2021-08-01
_error.xml DriveLog Version 2018-10-01

次の図は、コピー ログの概要セクションの DriveLogVersion を示しています。

Illustration of the Summary section of a copy log for a Data Box Disk order. The Drive Log Version is highlighted.

アップロード ログのサンプル

コピー/エラー ログと詳細ログのログ形式は、2 つのログ バージョンで異なります。 ログのバージョンが分からない場合は、「ログのバージョンを特定する」を参照してください。

ディスクのデータ転送ごとにコピー ログが生成されます。 注文を行ったときに詳細ログを保存することを選択した場合は、詳細ログも同じフォルダーにあります。

詳細ログ

詳細ログは省略可能なファイルで、注文時に有効にできます。 これは、ドライブから正常にインポートされたすべてのファイルの簡単な一覧です。各ファイルに関する次の情報が含まれます。 詳細ログには概要情報は示されません。

フィールド 説明
CloudFormat BlockBlob、PageBlob、AzureFile。
パス ストレージ アカウント内のファイルへのパス。
サイズ ファイルまたは BLOB のサイズ。
crc64 データ転送中、データ整合性の確認に使用された循環冗長検査 64 (CRC64) チェックサム。

詳細ログのサンプル

次の詳細ログのサンプルには、ブロック BLOB、ページ BLOB、Azure ファイルのインポートに対する、サンプル ファイルのエントリが含まれています。

<File CloudFormat="BlockBlob" Path="$root\file26fd6b4bd-25f7-4019-8d0d-baa7355745df.vhd" Size="1024" crc64="14179624636173788226">
</File><File CloudFormat="BlockBlob" Path="$root\file49d220295-9cfd-469e-b69e-5c7c885133df.vhd" Size="1024" crc64="14179624636173788226">
</File>
----------CUT--------------------
<File CloudFormat="AzureFile" Path="e579954d-1f94-40cf-955f-afd39e9ca217\file1876f73ad-6213-43bc-9467-67fe0c794e99.block" Size="1024" crc64="1410470866535975213">
</File><File CloudFormat="AzureFile" Path="05407abe-81c8-4b44-b846-3a2c8c198316\file28d7868be-e6a7-4441-8d09-2b127f7d049e.vhd" Size="1024" crc64="1410470866535975213">
</File><File CloudFormat="AzureFile" Path="eb7666a7-c026-4375-9c08-3dea37a57713\file4448aeaf5-53dc-4bff-b798-4776e367ab5e.vhd" Size="1024" crc64="1410470866535975213">
</File>
----------CUT--------------------
<File CloudFormat="PageBlob" Path="tesdir8b1d0acd-2d37-46dd-96cf-edeb0f772e6b\file1.txt" Size="83886080" crc64="1680234237456714851">
</File><File CloudFormat="PageBlob" Path="tesdirf631630d-8098-4c84-be7b-40f6bbdb73fb\file_size0.txt" Size="0" crc64="0">
</File><File CloudFormat="PageBlob" Path="tesdirf631630d-8098-4c84-be7b-40f6bbdb73fb\Dir1/file_size0.txt" Size="0" crc64="0">
</File>

コピー ログ

コピー ログには、インポートに失敗した各ファイルのエラー エントリが、エラーの詳細と共に含まれています。 コピー ログの最後には、インポート中に発生した検証エラーとコピー エラーの概要が示されます。

各エラー エントリには、次の情報が含まれています。

フィールド 説明
Path コンテナーまたはファイル共有内のコピー先の共有。
カテゴリ 15 のエラー カテゴリの 1 つ。 詳細については、「ログ バージョン 2021-08-01データ アップロード エラー」を参照してください。
ErrorCode エラーの数値コード。
ErrorMessage エラーについて説明します。

ログの最後にある概要 (CopyLog Summary を検索) には次の情報が示されます:

  • ドライブ ログのバージョン (この場合は 2021-08-01)
  • ドライブ ID
  • データ コピーの状態
  • 検証エラーの概要 (エラー カテゴリ別)
  • コピー エラーの概要 エラー カテゴリ別

サンプル コピー ログ

次のサンプルは、Azure Files と Azure Blob Storage の両方に対するインポートのコピー ログです。

このコピーは失敗しました。検証エラーは発生していませんが、3 つのコピー エラーが発生しました。 1 つのファイル共有の名前が変更され (ShareRenamed エラー)、2 つのコンテナーの名前が変更されました (ContainerRenamed エラー)。 エラー エントリには、元のファイル名と新しいファイル名が示されます。

<ErroredEntity Path="New Folder">
  <Category>ShareRenamed</Category>
  <ErrorCode>1</ErrorCode>
  <ErrorMessage>The original container/share/Blob has been renamed to: DataBox-f55763d4-8ef7-458f-b029-f36b51ada34f :from: New Folder :because either name has invalid character(s) or length is not supported</ErrorMessage>
  <Type>Container</Type>
</ErroredEntity>
<ErroredEntity Path="CV">
  <Category>ContainerRenamed</Category>
  <ErrorCode>1</ErrorCode>
  <ErrorMessage>The original container/share/Blob has been renamed to: DataBox-6bcae46f-04c8-4385-8442-3a28b962c930 :from: CV :because either name has invalid character(s) or length is not supported</ErrorMessage>
  <Type>Container</Type>
</ErroredEntity><ErroredEntity Path="New_ShareFolder">
  <Category>ContainerRenamed</Category>
  <ErrorCode>1</ErrorCode>
  <ErrorMessage>The original container/share/Blob has been renamed to: DataBox-96d8e2ee-ffd4-4529-9ec0-f666674b70d9 :from: New_ShareFolder :because either name has invalid character(s) or length is not supported</ErrorMessage>
  <Type>Container</Type>
</ErroredEntity>
<CopyLog Summary="Summary">
  <DriveLogVersion>2021-08-01</DriveLogVersion>
  <DriveId>72a1914a-7fb2-4e34-a135-5c7176c3ee41</DriveId>
  <Status>Failed</Status>
  <TotalFiles_Blobs>60</TotalFiles_Blobs>
  <FilesErrored>0</FilesErrored>
  <Summary>
    <ValidationErrors>
      <None Count="3" />
    </ValidationErrors>
    <CopyErrors>
      <ShareRenamed Count="1" Description="Renamed the share as the original share name does not follow Azure conventions." />
      <ContainerRenamed Count="2" Description="Renamed the container as the original container name does not follow Azure conventions." />
    </CopyErrors>
  </Summary>
</CopyLog>

データのアップロード エラー

ログで報告されるエラーは、2 つのログ バージョンで若干異なります。 ログのバージョンが分からない場合は、「ログのバージョンを特定する」を参照してください。

2018-10-01 コピー ログで見つかったエラーを以下に示します。

エラーのカテゴリ 説明
UploadErrorWin32 ファイル システム エラー。
UploadErrorCloudHttp サポートされていない BLOB の種類。 このカテゴリのエラーの詳細については、「アップロード エラーの概要」を参照してください。
UploadErrorDataValidationError データ インジェスト中に計算された CRC が、アップロード中に計算された CRC と一致しません。
UploadErrorManagedConversionError インポート中の BLOB のサイズが無効です。 BLOB サイズは <blob-size> バイトです。 サポートされているサイズは、20,971,520 バイトから 8,192 GiB までです。 詳細については、「アップロード エラーの概要」を参照してください。
UploadErrorUnknownType 不明なエラー。
ContainerRenamed 元のコンテナー名が Azure の名前付け規則に従っていないため、コンテナーの名前が変更されました。 元のコンテナーの名前は、<original container name> から DataBox-<GUID> に変更されました。
ShareRenamed 元の共有名が Azure の名前付け規則に従っていないため、共有の名前が変更されました。 元の共有の名前は、<original folder name> から DataBox-<GUID> に変更されました。
BlobRenamed 元の BLOB 名が Azure の名前付け規則に従っていないため、BLOB の名前が変更されました。 元の BLOB の名前は、<original name> から BlockBlob/DataBox-<GUID> に変更されました。
FileRenamed 元のファイル名が Azure の名前付け規則に従っていないため、ファイルの名前が変更されました。 元の BLOB の名前は、<original name> から AzureFile/DataBox-<GUID> に変更されました。
DiskRenamed 元のファイル名が Azure の名前付け規則に従っていないため、マネージド ディスク ファイルの名前が変更されました。 元のマネージド ディスク ファイルの名前は、<original name> から ManagedDisk/DataBox-<GUID> に変更されました。
ExportCloudHttp サポートされていない BLOB の種類。

次の手順

Microsoft サポートにお問い合わせください