Azure Data Box Disk の制限

Microsoft Azure Data Box Disk ソリューションをデプロイおよび運用する際には、以下の制限事項を考慮してください。

Data Box サービスの制限

  • Data Box サービスは、利用可能なリージョン に記載されている Azure リージョンで利用可能です。
  • Data Box Disk では 1 つのストレージ アカウントがサポートされます。

Data Box Disk のパフォーマンス

USB 3.0 で接続したディスクでテストしたところ、ディスクのパフォーマンスは最大 430 MB/s でした。 実際の数値は、使用するファイルのサイズによって異なります。 ファイルのサイズが小さい場合は、パフォーマンスが低下する可能性があります。

Azure Storage の制限

ここでは、Data Box サービスに適用される Azure Storage サービスの制限および Azure Files、Azure ブロック BLOB、Azure ページ BLOB に必要な名前付け規則について説明します。 ストレージの制限を十分に確認し、すべての推奨事項に従ってください。

Azure Storage サービスの制限と共有、コンテナー、およびファイルの名前付けのベスト プラクティスに関する最新情報については、以下のページをご覧ください。

重要

Azure Storage サービスの制限を超えているファイル/ディレクトリ、または Azure Files/BLOB の名前付け規則に準拠していないファイル/ディレクトリは、Data Box サービスを通じて Azure Storage に取り込まれません。

データのコピーとアップロードに関する注意事項

  • ディスクに直接データをコピーしないでください。 事前に作成した BlockBlob フォルダー、PageBlob フォルダー、および AzureFile フォルダーにデータをコピーします。

  • BlockBlob および PageBlob の下位のフォルダーはコンテナーです。 たとえば、BlockBlob/container および PageBlob/container としてコンテナーが作成されます。

  • フォルダーに既存のコンテナーと同じ名前が付いている場合、フォルダーの内容はコンテナーの内容とマージされます。 クラウドにまだ存在していないファイルまたは BLOB はコンテナーに追加されます。 ファイルまたは BLOB に、コンテナーに既に存在するファイルまたは BLOB と同じ名前が付いている場合、既存のファイルまたは BLOB は上書きされます。

  • BlockBlob 共有と PageBlob 共有に書き込まれる各ファイルは、それぞれブロック BLOB およびページ BLOB としてアップロードされます。

  • BLOB と Azure Files の両方で、ファイルの階層はクラウドにアップロードするときに保持されます。 たとえば、<container folder>\A\B\C.txt というパスでファイルをコピーしたとします。 このファイルは、クラウド内の同じパスにアップロードされます。

  • BlockBlob フォルダーと PageBlob フォルダーの下に作成される空のディレクトリ階層 (ファイルを含まない) はアップロードされません。

  • クライアントで長いパスが有効になっていない場合、データ コピー内のパスやファイル名が 256 文字を超えていると、Data Box 分割コピー ツール (DataBoxDiskSplitCopy.exe) または Data Box ディスク検証ツール (DataBoxDiskValidation.cmd) によってエラーが報告されます。 このようなエラーを回避するには、Windows クライアントで長いパスを有効にします

  • データのアップロード中のパフォーマンスを向上させるために、ストレージ アカウントで大きいファイルの共有を有効にし、共有容量を 100 TiB に増やすことをお勧めします。 大きいファイルの共有は、ローカル冗長ストレージ (LRS) を持つストレージ アカウントでのみサポートされます。

  • Azure へのデータのアップロード時にエラーが発生した場合は、ターゲット ストレージ アカウントにエラー ログが作成されます。 このエラー ログへのパスは、アップロードが完了するとポータルに表示されます。ログを確認して、是正措置を行うことができます。 アップロードしたデータを確認せずにソースからデータを削除しないでください。

  • データが Azure Files にアップロードされた場合、ファイル メタデータと NTFS のアクセス許可は保持されません。 たとえば、ファイルの最後に変更された属性は、データがコピーされるときに保持されません。

  • マネージド ディスクを順に指定した場合は、以下の追加の考慮事項を確認してください。

    • 事前に作成されたすべてのフォルダーにわたり、また、すべての Data Box Disk にわたって 1 つのリソース グループ内で特定の名前を持つマネージド ディスクを 1 つだけ保持できます。 これは、事前に作成されたフォルダーにアップロードされた VHD は一意の名前でなければならないことを意味します。 指定した名前が、リソース グループ内の既存のマネージド ディスクと一致しないようにしてください。 VHD の名前が同じである場合、1 つの VHD のみがその名前を持つマネージド ディスクに変換されます。 その他の VHD は、ステージング ストレージ アカウントにページ BLOB としてアップロードされます。
    • VHD は必ず、事前に作成されたフォルダーの 1 つにコピーします。 これらのフォルダー以外または自分で作成したフォルダーに VHD をコピーすると、VHD はマネージド ディスクではなく、ページ BLOB として Azure Storage アカウントにアップロードされます。
    • マネージド ディスクを作成するためにアップロードできるのは、容量固定の VHD のみです。 動的 VHD、差分 VHD、VHDX ファイルはサポートされていません。
    • 事前に作成されたマネージド ディスク フォルダーにコピーされた非 VHD ファイルは、マネージド ディスクに変換されません。

Azure ストレージ アカウントのサイズ制限

ここでは、ストレージ アカウントにコピーできるデータのサイズに関する制限を示します。 アップロードするデータがこれらの制限に準拠していることを確認してください。

データの種類 既定の制限
ブロック BLOB、ページ BLOB これらの制限に関する最新の情報については、Azure BLOB ストレージのスケール ターゲットAzure Standard Storage のスケール ターゲットAzure Files のスケール ターゲットに関するページを参照してください。

この制限には、Data Box Disk を含むすべてのソースのデータが含まれます。

Azure オブジェクトのサイズ制限

ここでは、書き込むことのできる Azure オブジェクトのサイズを示します。 アップロードするすべてのファイルがこれらの制限に準拠していることを確認してください。

Azure オブジェクトの種類 既定の制限
ブロック BLOB ~ 4.75 TiB
ページ BLOB 8 TiB
(ページ BLOB 形式でアップロードするファイルには 512 バイトをアラインする必要があります。さもないと、アップロードは失敗します。
VHD と VHDX の両方には 512 バイトがアラインされます。)
Azure Files 1 TiB
最大 共有のサイズは 5 TiB
マネージド ディスク 4 TiB
サイズと制限の詳細については、以下をご覧ください。
  • マネージド ディスクのスケーラビリティ ターゲット
  • Azure ブロック BLOB、ページ BLOB およびファイルの名前付け規則

    Entity 規則
    ブロック BLOB とページ BLOB のコンテナー名
    Azure Files の FileShare 名
    3 ~ 63 文字の有効な DNS 名にする必要があります。
    先頭は文字か数字にします。
    小文字、数字、ハイフン (-) のみを含めることができます。
    すべてのハイフン (-) は、その直前または直後に文字または数字が使用されている必要があります。
    連続するハイフンを名前に使用することはできません。
    Azure ファイルのディレクトリ名とファイル名
  • 小文字、大文字を区別し、長さが 255 文字以内である必要があります。
  • 末尾にフォワード スラッシュ (/) を使用することはできません。
  • 使用した場合、自動的に削除されます。
  • 次の文字は使用できません: " \ / : | < > * ?
  • URL の予約文字は適切にエスケープしてください。
  • 無効な URL パス文字は使用できません。 \UE000 のようなコード ポイントは、有効な Unicode 文字ではありません。 制御文字 (0x00 ~ 0x1F、\u0081 など) など一部の ASCII または Unicode 文字も使用できません。 Http/1.1 での Unicode 文字列に適用される規則については、RFC 2616 の Section 2.2:「Basic Rules」および RFC 3987 を参照してください。
  • 以下のファイル名は使用できません。LPT1、LPT2、LPT3、LPT4、LPT5、LPT6、LPT7、LPT8、LPT9、COM1、COM2、COM3、COM4、COM5、COM6、COM7、COM8、COM9、PRN、AUX、NUL、CON、CLOCK$、ドット (.)、2 ドット(..)
  • ブロック BLOB とページ BLOB の BLOB 名 BLOB 名は、大文字と小文字が区別されます。また、名前には任意の組み合わせの文字を使用できます。
    BLOB 名は 1 文字から 1,024 文字にする必要があります。
    URL の予約文字は適切にエスケープしてください。
    BLOB 名を構成するパスのセグメントの数が 254 個を超えないようにしてください。 パスのセグメントは、仮想ディレクトリの名前に対応した連続する区切り記号文字 (スラッシュ "/" など) の間の文字列です。

    マネージド ディスクの名前付け規則

    Entity 規則
    マネージド ディスク名
  • 名前は 1 文字から 80 文字で指定する必要があります。
  • 名前の先頭は文字または数字であり、末尾は文字、数字、またはアンダースコアでなければなりません。
  • 名前に使用できるのは、文字、数字、アンダースコア、ピリオド、およびハイフンのみです。
  • 名前にはスペースまたは / は使用できません。
  • 次のステップ