Share via


ノートブックの機能へのアクセスの管理

ワークスペース管理者ユーザーは、次のようにノートブック機能へのユーザーのアクセスを管理できます。

ノートブックから結果をダウンロードする機能を管理する

ノートブックから結果をダウンロードする機能は、既定で有効になっています。

  1. [設定] ページに移動します。
  2. [セキュリティ] タブをクリックします。
  3. [Notebook results download] (Notebook の結果のダウンロード) トグルをクリックします。

ユーザーがノートブックからクリップボードにデータをコピーできるようにする

ワークスペース管理者は、ユーザーがノートブックから表形式データをクリップボードにコピーする機能の有効と無効を切り替えることができます。

  1. [設定] ページに移動します。
  2. [セキュリティ] タブをクリックします。
  3. [Notebook table clipboard features] (Notebook テーブルのクリップボード機能) トグルをクリックします。

ユーザーがノートブックをエクスポートできるようにする

ワークスペース管理者は、ワークスペースからノートブックをエクスポートする機能を有効または無効にすることができます。

  1. [設定] ページに移動します。
  2. [セキュリティ] タブをクリックします。
  3. [Notebook exporting] (ノートブックのエクスポート) トグルをクリックします。

ユーザーが SQL クエリの結果をダウンロードできるようにする

ワークスペース管理者は、ユーザーがクエリ結果をダウンロードする機能を有効または無効にすることができます。

  1. [設定] ページに移動します。
  2. [セキュリティ] タブをクリックします。
  3. [SQL results download] (SQL 結果のダウンロード) トグルをクリックします。

ノートブックの結果の格納場所を管理する

一部のノートブック コマンドの結果が保存される Databricks が管理するコントロール プレーンの既定の場所ではなく、すべての対話型ノートブックの結果をご自分のクラウド アカウントのルート ストレージ インスタンスに保存します。 詳細と手順については、「ノートブックの結果の保存場所を構成する」を参照してください。