Share via


Azure Data Lake Storage Gen2 と Blob Storage に接続する

Note

この記事では、Azure Data Lake Storage Gen2 へのアクセスを構成するための従来のパターンについて説明します。 Databricks は、Unity Catalog を使用して、ファイルを直接操作するための Azure Data Lake Storage Gen2 とボリュームへのアクセスを構成することを推奨しています。 「Unity Catalog を使用したクラウド オブジェクト ストレージへの接続」を参照してください。

この記事では、Azure Databricks から Azure Data Lake Storage Gen2 と Blob Storage に接続する方法について説明します。

Note

Azure 資格情報を使用して Azure Data Lake Storage Gen2 または Blob Storage に接続する

次の資格情報を使用して、Azure Data Lake Storage Gen2 または Blob Storage にアクセスできます。

  • OAuth 2.0 と Microsoft Entra ID サービス プリンシパル: Databricks では、Microsoft Entra ID サービス プリンシパルを使って Azure Storage に接続することをお勧めします。 Microsoft Entra ID サービス プリンシパルを作成し、Azure Storage アカウントへのアクセスを提供するには、サービス プリンシパルと Microsoft Entra ID (旧称 Azure Active Directory) を使用してストレージにアクセスする方法に関するページを参照してください。

    Microsoft Entra ID サービス プリンシパルを作成するには、Microsoft Entra ID (旧称 Azure Active Directory) での Application Administrator ロールまたは Application.ReadWrite.All アクセス許可が必要です。 ストレージ アカウントにロールを割り当てるには、所有者またはストレージ アカウントに対するユーザー アクセス管理者 Azure RBAC ロールを持つユーザーである必要があります。

  • Shared Access Signature (SAS): ストレージ SAS トークン を使用して Azure ストレージにアクセスできます。 SAS を使用すると、きめ細かなアクセス制御を備えた一時的なトークンを使用して、ストレージ アカウントへのアクセスを制限できます。

    自分自身がストレージ アカウント、コンテナー、またはファイルに対して持つ SAS トークン アクセス許可のみ付与できます。

  • アカウント キー: ストレージ アカウント アクセス キー を使用して、Azure Storage へのアクセスを管理できます。 ストレージ アカウント アクセス キーは、ストレージ アカウントの構成とデータへのフル アクセスを提供します。 Databricks では、アカウント キーではなく Microsoft Entra ID サービス プリンシパルまたは SAS トークンを使って Azure Storage に接続することをお勧めします。

    アカウントのアクセス キーを表示するには、ストレージ アカウントに対する所有者、共同作成者、またはストレージ アカウント キー オペレーター サービス ロールが必要です。

Databricks では、すべての資格情報の格納にシークレット スコープを使うことをお勧めします。 ワークスペース内のユーザー、サービス プリンシパル、グループにシークレット スコープを読み取るアクセス権を付与することができます。 これにより、ユーザーが Azure ストレージにアクセスできるようにしながら、Azure 資格情報を保護します。 シークレット スコープを作成するには、「シークレット スコープ」を参照してください。

Spark プロパティを設定して Azure ストレージにアクセスする Azure サインイン情報を構成する

Spark プロパティを設定して、Azure ストレージにアクセスするための Azure 資格情報を構成できます。 資格情報のスコープは、クラスターまたはノートブックのいずれかに設定できます。 クラスター のアクセス制御とノートブックのアクセス制御の両方を一緒に使用して、Azure ストレージへのアクセスを保護します。 「コンピューティングのアクセス許可」と「Databricks ノートブックを使用して共同作業する」をご覧ください。

Note

Microsoft Entra ID サービス プリンシパルを使って、SQL ウェアハウスから Azure Storage にアクセスすることもできます。詳細については、「データ アクセス構成を有効にする」を参照してください。

Spark プロパティを設定するには、クラスターの Spark 構成またはノートブックで次のスニペットを使用します。

Azure サービス プリンシパル

クラスターの Spark 構成を設定するには、次のフォーマットを使用します。

spark.hadoop.fs.azure.account.auth.type.<storage-account>.dfs.core.windows.net OAuth
spark.hadoop.fs.azure.account.oauth.provider.type.<storage-account>.dfs.core.windows.net org.apache.hadoop.fs.azurebfs.oauth2.ClientCredsTokenProvider
spark.hadoop.fs.azure.account.oauth2.client.id.<storage-account>.dfs.core.windows.net <application-id>
spark.hadoop.fs.azure.account.oauth2.client.secret.<storage-account>.dfs.core.windows.net {{secrets/<secret-scope>/<service-credential-key>}}
spark.hadoop.fs.azure.account.oauth2.client.endpoint.<storage-account>.dfs.core.windows.net https://login.microsoftonline.com/<directory-id>/oauth2/token

次の例に示すようにノートブックで spark.conf.set を使用できます。

service_credential = dbutils.secrets.get(scope="<secret-scope>",key="<service-credential-key>")

spark.conf.set("fs.azure.account.auth.type.<storage-account>.dfs.core.windows.net", "OAuth")
spark.conf.set("fs.azure.account.oauth.provider.type.<storage-account>.dfs.core.windows.net", "org.apache.hadoop.fs.azurebfs.oauth2.ClientCredsTokenProvider")
spark.conf.set("fs.azure.account.oauth2.client.id.<storage-account>.dfs.core.windows.net", "<application-id>")
spark.conf.set("fs.azure.account.oauth2.client.secret.<storage-account>.dfs.core.windows.net", service_credential)
spark.conf.set("fs.azure.account.oauth2.client.endpoint.<storage-account>.dfs.core.windows.net", "https://login.microsoftonline.com/<directory-id>/oauth2/token")

  • <secret-scope> を Databricks シークレット スコープ名に置き換えます。
  • <service-credential-key> をクライアント シークレットを含むキーの名前に置き換えます。
  • <storage-account> は Azure ストレージ アカウントの名前に置き換えます。
  • <application-id> を Microsoft Entra ID アプリケーションのアプリケーション (クライアント) ID に置き換えます。
  • <directory-id> を Microsoft Entra ID アプリケーションのディレクトリ (テナント) ID に置き換えます。

SAS トークン

同じ Spark セッション内の複数のストレージ アカウント用に SAS トークンを構成できます。

spark.conf.set("fs.azure.account.auth.type.<storage-account>.dfs.core.windows.net", "SAS")
spark.conf.set("fs.azure.sas.token.provider.type.<storage-account>.dfs.core.windows.net", "org.apache.hadoop.fs.azurebfs.sas.FixedSASTokenProvider")
spark.conf.set("fs.azure.sas.fixed.token.<storage-account>.dfs.core.windows.net", dbutils.secrets.get(scope="<scope>", key="<sas-token-key>"))

  • <storage-account> は、Azure ストレージ アカウントの名前に置き換えます。
  • <scope> は、Azure Databricks シークレット スコープの名前に置き換えます。
  • <sas-token-key> は、Azure ストレージ SAS トークンが含まれるキーの名前に置き換えます。

アカウント キー

spark.conf.set(
    "fs.azure.account.key.<storage-account>.dfs.core.windows.net",
    dbutils.secrets.get(scope="<scope>", key="<storage-account-access-key>"))

  • <storage-account> は、Azure ストレージ アカウントの名前に置き換えます。
  • <scope> は、Azure Databricks シークレット スコープの名前に置き換えます。
  • <storage-account-access-key> は、Azure ストレージ アカウントのアクセス キーが含まれるキーの名前に置き換えます。

Azure ストレージへのアクセス

Azure ストレージ コンテナーにアクセスするための資格情報を適切に構成したら、URI を使ってストレージ アカウント内のリソースを操作できます。 Databricks では、セキュリティを強化するために abfss ドライバーを使うことが推奨されます。

spark.read.load("abfss://<container-name>@<storage-account-name>.dfs.core.windows.net/<path-to-data>")

dbutils.fs.ls("abfss://<container-name>@<storage-account-name>.dfs.core.windows.net/<path-to-data>")
CREATE TABLE <database-name>.<table-name>;

COPY INTO <database-name>.<table-name>
FROM 'abfss://container@storageAccount.dfs.core.windows.net/path/to/folder'
FILEFORMAT = CSV
COPY_OPTIONS ('mergeSchema' = 'true');

ノートブックの例

ADLS Gen2 OAuth 2.0 と Microsoft Entra ID (旧称 Azure Active Directory) サービス プリンシパル ノートブック

ノートブックを入手

Azure Data Lake Storage Gen2 の既知の問題

Azure portal を使用して作成されたストレージ コンテナーにアクセスしようとすると、下記のエラーが表示されることがあります。

StatusCode=404
StatusDescription=The specified filesystem does not exist.
ErrorCode=FilesystemNotFound
ErrorMessage=The specified filesystem does not exist.

階層型名前空間が有効になっている場合は、Azure portal を使用してコンテナーを作成する必要はありません。 この問題が発生した場合は、Azure portal を使用して BLOB コンテナーを削除してください。 数分後に、コンテナーにアクセスできます。 abfss URI を変更して別のコンテナーを使用することもできますが、このコンテナーが Azure portal を使用して作成されていないことが条件です。

Microsoft ドキュメントの「Azure Data Lake Storage Gen2 に関する既知の問題」を参照してください。

Azure Databricks のデータの格納とアクセスに推奨されないパターン

非推奨のストレージ パターンを次に示します。