次の方法で共有


Azure Developer CLI の使用を開始する

Node.js テンプレートを実行する

基本的な Azure Developer CLI (azd) コマンドをテストし、いずれかの Node.js テンプレート アプリケーションを実行してみます。 このガイドでは、Azure 上で Node.js API と MongoDB を使用した React Web アプリのテンプレートを使用します。

完了すると、開発環境でコードが取得されるので、Azure でアプリをビルド、デプロイ、監視するコマンドを実行できるようになります。

好みの環境を選択して続行します。

前提条件

プロジェクトを初期化する

  1. [ファイル エクスプローラー] または [ターミナル] で、新しい空のディレクトリを作成し、それに変更します。

  2. azd init コマンドを実行し、パラメーターとして使用するテンプレートを指定します。

    azd init --template todo-nodejs-mongo
    

注: このコマンドは、GitHub リポジトリの複製を含め、アプリケーションを初期化します。

  1. 環境名の入力を求められます。これは、Azure リソースを保持するために作成されるリソース グループのプレフィックスを設定します。 azd での環境名とは何ですか?

環境が指定されると、azd はテンプレート プロジェクトをコンピューターに複製し、プロジェクトを初期化します。

アプリ リソースをプロビジョニングしてデプロイする

  1. azd up コマンドを実行します。

    azd up
    
  2. Azure にまだサインインしていない場合は、ブラウザーが起動し、サインインするように求められます。

  3. Azure にサインインすると、次の情報の入力を求められます。

パラメーター 説明
Azure Location リソースがデプロイされる Azure の場所。
Azure Subscription リソースがデプロイされる Azure のサブスクリプション。

これらの値が指定されると、azd up コマンドは次を実行します。

  • 次も含む必要なすべての Azure リソース (azd provision) を作成して構成します。
    • アカウントのアクセス ポリシーとロール
    • マネージド ID を使用したサービス間通信
  • コードをパッケージ化してデプロイする (azd deploy)

azd up コマンドが正常に完了すると、CLI には作成されたリソースを表示するための 2 つのリンクが表示されます。

  • ToDo API アプリ
  • ToDo Web アプリ フロントエンド

Screenshot of command output listing endpoint URLs.

Note

azd up を何度でも呼び出して、アプリケーションに対する更新プログラムのプロビジョニングとデプロイの両方を実行できます。

Python テンプレートを実行する

基本的な Azure Developer CLI (azd) コマンドをテストし、いずれかの Python テンプレート アプリケーションを実行してみます。 このガイドでは、Azure 上で Python API と MongoDB を使用した React Web アプリのテンプレートを使用します。

完了すると、開発環境でコードが取得されるので、Azure でアプリをビルド、デプロイ、監視するコマンドを実行できるようになります。

好みの環境を選択して続行します。

前提条件

Python 仮想環境を作成してアクティブ化する

このガイドでは、アプリは Python 仮想環境を使用して、Python パッケージのインストール環境を分離します。 仮想環境を作成してアクティブにして開始します。

プロジェクトを初期化する

  1. [ファイル エクスプローラー] または [ターミナル] で、新しい空のディレクトリを作成し、それに変更します。

  2. azd init コマンドを実行し、パラメーターとして使用するテンプレートを指定します。

    azd init --template todo-python-mongo
    

注: このコマンドは、GitHub リポジトリの複製を含め、アプリケーションを初期化します。

  1. 環境名の入力を求められます。これは、Azure リソースを保持するために作成されるリソース グループのプレフィックスを設定します。 azd での環境名とは何ですか?

環境が指定されると、azd はテンプレート プロジェクトをコンピューターに複製し、プロジェクトを初期化します。

アプリ リソースをプロビジョニングしてデプロイする

  1. azd up コマンドを実行します。

    azd up
    
  2. Azure にまだサインインしていない場合は、ブラウザーが起動し、サインインするように求められます。

  3. Azure にサインインすると、次の情報の入力を求められます。

パラメーター 説明
Azure Location リソースがデプロイされる Azure の場所。
Azure Subscription リソースがデプロイされる Azure のサブスクリプション。

これらの値が指定されると、azd up コマンドは次を実行します。

  • 次も含む必要なすべての Azure リソース (azd provision) を作成して構成します。
    • アカウントのアクセス ポリシーとロール
    • マネージド ID を使用したサービス間通信
  • コードをパッケージ化してデプロイする (azd deploy)

azd up コマンドが正常に完了すると、CLI には作成されたリソースを表示するための 2 つのリンクが表示されます。

  • ToDo API アプリ
  • ToDo Web アプリ フロントエンド

Screenshot of command output listing endpoint URLs.

Note

azd up を何度でも呼び出して、アプリケーションに対する更新プログラムのプロビジョニングとデプロイの両方を実行できます。

C# テンプレートを実行する

基本的な Azure Developer CLI (azd) コマンドをテストし、いずれかの C# テンプレート アプリケーションを実行してみます。 このガイドでは、Azure 上で C# API と MongoDB を使用した React Web アプリのテンプレートを使用します。

完了すると、開発環境でコードが取得されるので、Azure でアプリをビルド、デプロイ、監視するコマンドを実行できるようになります。

好みの環境を選択して続行します。

前提条件

プロジェクトを初期化する

  1. [ファイル エクスプローラー] または [ターミナル] で、新しい空のディレクトリを作成し、それに変更します。

  2. azd init コマンドを実行し、パラメーターとして使用するテンプレートを指定します。

    azd init --template todo-csharp-cosmos-sql
    

注: このコマンドは、GitHub リポジトリの複製を含め、アプリケーションを初期化します。

  1. 環境名の入力を求められます。これは、Azure リソースを保持するために作成されるリソース グループのプレフィックスを設定します。 azd での環境名とは何ですか?

環境が指定されると、azd はテンプレート プロジェクトをコンピューターに複製し、プロジェクトを初期化します。

アプリ リソースをプロビジョニングしてデプロイする

  1. azd up コマンドを実行します。

    azd up
    
  2. Azure にまだサインインしていない場合は、ブラウザーが起動し、サインインするように求められます。

  3. Azure にサインインすると、次の情報の入力を求められます。

パラメーター 説明
Azure Location リソースがデプロイされる Azure の場所。
Azure Subscription リソースがデプロイされる Azure のサブスクリプション。

これらの値が指定されると、azd up コマンドは次を実行します。

  • 次も含む必要なすべての Azure リソース (azd provision) を作成して構成します。
    • アカウントのアクセス ポリシーとロール
    • マネージド ID を使用したサービス間通信
  • コードをパッケージ化してデプロイする (azd deploy)

azd up コマンドが正常に完了すると、CLI には作成されたリソースを表示するための 2 つのリンクが表示されます。

  • ToDo API アプリ
  • ToDo Web アプリ フロントエンド

Screenshot of command output listing endpoint URLs.

Note

azd up を何度でも呼び出して、アプリケーションに対する更新プログラムのプロビジョニングとデプロイの両方を実行できます。

Java テンプレートを実行する

基本的な Azure Developer CLI (azd) コマンドをテストし、いずれかの Java テンプレート アプリケーションを実行してみます。 このガイドでは、Azure 上で Java API と MongoDB を使用した React Web アプリのテンプレートを使用します。

完了すると、開発環境でコードが取得されるので、Azure でアプリをビルド、デプロイ、監視するコマンドを実行できるようになります。

好みの環境を選択して続行します。

前提条件

プロジェクトを初期化する

  1. [ファイル エクスプローラー] または [ターミナル] で、新しい空のディレクトリを作成し、それに変更します。

  2. azd init コマンドを実行し、パラメーターとして使用するテンプレートを指定します。

    azd init --template todo-java-mongo
    

注: このコマンドは、GitHub リポジトリの複製を含め、アプリケーションを初期化します。

  1. 環境名の入力を求められます。これは、Azure リソースを保持するために作成されるリソース グループのプレフィックスを設定します。 azd での環境名とは何ですか?

環境が指定されると、azd はテンプレート プロジェクトをコンピューターに複製し、プロジェクトを初期化します。

アプリ リソースをプロビジョニングしてデプロイする

  1. azd up コマンドを実行します。

    azd up
    
  2. Azure にまだサインインしていない場合は、ブラウザーが起動し、サインインするように求められます。

  3. Azure にサインインすると、次の情報の入力を求められます。

パラメーター 説明
Azure Location リソースがデプロイされる Azure の場所。
Azure Subscription リソースがデプロイされる Azure のサブスクリプション。

これらの値が指定されると、azd up コマンドは次を実行します。

  • 次も含む必要なすべての Azure リソース (azd provision) を作成して構成します。
    • アカウントのアクセス ポリシーとロール
    • マネージド ID を使用したサービス間通信
  • コードをパッケージ化してデプロイする (azd deploy)

azd up コマンドが正常に完了すると、CLI には作成されたリソースを表示するための 2 つのリンクが表示されます。

  • ToDo API アプリ
  • ToDo Web アプリ フロントエンド

Screenshot of command output listing endpoint URLs.

Note

azd up を何度でも呼び出して、アプリケーションに対する更新プログラムのプロビジョニングとデプロイの両方を実行できます。

リソースをクリーンアップする

この記事で作成したリソースが不要になったら、次のコマンドを実行して、アプリをパワーダウンしてください。

azd down

サポートを要求します

バグ報告、支援要請、または Azure Developer CLI の新機能の提案を行う方法については、トラブルシューティングとサポートのページを参照してください。

次のステップ