Azure Pipelines とは

Azure DevOps Services | Azure DevOps Server 2022 - Azure DevOps Server 2019 | TFS 2018

Azure Pipelines では、自動的にコード プロジェクトがビルドおよびテストされます。 すべての主要な言語とプロジェクトの種類がサポートされており、継続的インテグレーション継続的デリバリー継続的テストを組み合わせて、コードをビルドしてテストし、任意の宛先に配信します。

Azure Pipelines の概要のスクリーンショット。

継続的インテグレーション

継続的インテグレーション (CI) は、開発チームがコードの自動化、マージ、テストで使用するプラクティスです。 CI は、開発サイクルの早い段階でバグを検出するのに役立ちます。これにより、修正コストが削減されます。 自動テストは、品質を保証するために CI プロセスの一環として実行されます。 CI システムでは、成果物を生成し、それをリリース プロセスにフィードして頻繁なデプロイを促進します。

Azure DevOps Server のビルド サービスは、アプリケーションの CI の設定と管理に役立ちます。

継続的デリバリー

継続的デリバリー (CD) は、コードがビルドされてテストされ、1 つ以上のテストおよび運用環境にデプロイされるプロセスです。 複数の環境にデプロイしてテストすることにより、品質が向上します。 CD システムでは、インフラストラクチャやアプリなどのデプロイ可能な成果物が生成されます。 自動リリース プロセスでは、これらの成果物を利用して、新しいバージョンと修正プログラムを既存のシステムにリリースします。 アラートを監視および送信するシステムは、CD プロセス全体の可視性を高めるために継続的に実行されます。

継続的テスト

アプリがオンプレミスかクラウドかに関係なく、ビルド-デプロイ-テストのワークフローを自動化し、テクノロジとフレームワークを選択できます。 その後、迅速でスケーラブル、かつ効率的な方法で変更を継続的にテストできます。 継続的テストには、次の利点があります。

  • 開発時に、品質を維持し、問題を検出します。 Azure DevOps Server を使用した継続的なテストにより、チェックインとビルドを行うたびにアプリは引き続き動作することが保証され、ビルドごとにテストを自動的に実行することで、問題を早期に検出することができます。
  • 任意の種類のテストと任意のテスト フレームワークを使用します。 優先されるテスト テクノロジとフレームワークを選択します。
  • 豊富な分析とレポートを表示します。 ビルドが完了したら、テスト結果を確認し、問題を解決できます。 実行可能なビルド時のビルド レポートでは、ビルドの正常性が向上しているかどうかを即座に確認できます。 しかし、速度だけではありません。詳細でカスタマイズ可能なテスト結果によって、アプリの品質を測定できます。

バージョン コントロール システム

Azure Pipelines では、ソース コードがバージョン管理システムに格納されている必要があります。 Azure DevOps では、Git tp Azure Repos の 2 つの形式のバージョン管理がサポートされています。 バージョン管理リポジトリにプッシュした変更はすべて、自動的にビルドされ、検証されます。

言語とアプリケーション

Node.js、Python、Java、PHP、Ruby、C#、C++、Go、XCode、.NET、Android、iOS のアプリケーションをビルド、テスト、デプロイできます。 これらのアプリは、Linux、macOS、Windows で、並列で実行されます。

Azure DevOps には、.NET、Java、Node、Android、Xcode、C++ のアプリケーションをビルドしてテストするタスクが用意されています。 同様に、多くのテスト フレームワークとテスト サービスを使用してテストを実行するタスクもあります。 また、自動化でコマンド ライン、PowerShell、または Shell スクリプトを実行することもできます。

展開ターゲット

Azure Pipelines を使うと、コードを複数のターゲットにデプロイできます。 ターゲットとしては、仮想マシン、環境、コンテナー、オンプレミスおよびクラウド プラットフォーム、PaaS サービスがあります。 また、モバイル アプリケーションをストアに発行することもできます。

継続的インテグレーションを構成したら、リリース定義を作成して、1 つ以上の環境へのアプリケーションのデプロイを自動化します。 この自動化プロセスは、タスクのコレクションとして定義されます。

パッケージの形式

他のユーザーが使用できるパッケージを作成するには、NuGet、npm、または Maven パッケージを Azure Pipelines 内の組み込みのパッケージ管理リポジトリに発行します。 また、その他の任意のパッケージ管理リポジトリを使うこともできます。

Azure Pipelines を使用するための要件

Azure Pipelines を使用するには、次のタスクを完了します。

Azure DevOps の料金

Azure DevOps Services

パブリック プロジェクトを使用する場合、Azure Pipelines は無料ですが、並列ジョブの無料の許可を要求する必要があります。 この許可を要求するには、要求書を送信します。 既存の組織とプロジェクトは影響を受けません。

詳細については、パブリック プロジェクトとは何かに関するページを参照してください。 プライベート プロジェクトを使用する場合は、毎月最長 1,800 分 (30 時間) までパイプライン ジョブを無料で実行できます。

詳細については、並列ジョブに基づく価格に関するページとAzure DevOps Services の価格に関するページを参照してください。

Azure DevOps Server

アクティブ ユーザーが 5 人以下の場合、Azure DevOps Express は無料で、簡単に設定でき、クライアントとサーバーの両方のオペレーティング システムにインストールできます。 Azure DevOps Server 2019 と同じ機能がすべてサポートされています。

詳細については、Azure DevOps Server の価格に関するページを参照してください。

Azure Pipelines を使用する必要がある理由

Azure Pipelines を使用すると、プロジェクトの構築を迅速で簡単かつ安全に自動化でき、一貫性があり、品質が高く、ユーザーがすぐに使用できるコードを格納できます。

Azure Pipelines を使用してサポートされるシナリオは、次のとおりです。

  • 任意の言語またはプラットフォームで作業する
  • 異なる種類のターゲットに同時にデプロイする
  • Azure デプロイと統合する
  • Windows、Linux、または Mac マシン上でビルドする
  • GitHub と統合する
  • オープンソース プロジェクトで作業する

次のステップ