Azure Front Door Standard から Premium レベルへのアップグレード (プレビュー)

Azure Front Door では、Standard レベルから、より高度な機能と上限が引き上げられたクォータ制限を提供する Premium レベルへのアップグレードがサポートされています。 アップグレードが原因で、サービスまたはアプリケーションにダウンタイムが発生することはありません。 Standard と Premium レベルの違いの詳細については、レベルの比較に関するページを参照してください。

重要

Azure Front Door レベルのアップグレードは現在プレビュー段階です。 ベータ版、プレビュー版、または一般提供としてまだリリースされていない Azure の機能に適用される法律条項については、「Microsoft Azure プレビューの追加使用条件」を参照してください。

この記事では、Front Door Standard プロファイルの構成ページでレベルをアップグレードする方法について説明します。 アップグレードすると、Azure Front Door Premium の月額基本料金が 1 時間あたりの料金で課金されます。

重要

Premium から Standard レベルへのダウングレードはサポートされていません。

前提条件

アップグレードするサブスクリプションで Azure Front Door Standard プロファイルが使用可能であることを確認します。

レベルのアップグレード

  1. アップグレードする Azure Front Door Standard プロファイルに移動し、[設定] から [構成 (プレビュー)] を選択します。

    Front Door Standard プロファイルの [設定] の下にある [構成] ボタンのスクリーンショット。

  2. [アップグレード] を選んでアップグレード プロセスを開始します。 Front Door Standard プロファイルに関連付けられている WAF ポリシーがない場合は、アップグレードの続行を確認するメッセージが表示されます。

    Front Door Standard プロファイルの [構成] ページにある [アップグレード] ボタンのスクリーンショット。

  3. Front Door Standard プロファイルに WAF ポリシーが関連付けられている場合は、[WAF ポリシーのアップグレード] ページに移動します。 このページでは、WAF ポリシーのコピーを作成するか、既存の Premium WAF ポリシーを使用するかを決めます。 この手順では、新しい WAF ポリシーのコピーの名前を変更することもできます。

    [WAF ポリシーのアップグレード] ページのスクリーンショット。

    注意

    新しい Premium WAF ポリシーのコピーにマネージド WAF ルールを適用するには、アップグレード後に手動で有効にする必要があります。

  4. WAF ポリシーの設定が完了したら、[アップグレード] を選択します。 [はい] を選択して、アップグレードの続行を確認します。

    [WAF ポリシーのアップグレード] ページからの確認メッセージのスクリーンショット。

  5. アップグレード プロセスでは、新しい Premium WAF ポリシーのコピーが作成され、アップグレードされた Front Door プロファイルに関連付けられます。 Front Door プロファイルの複雑さによっては、アップグレードが完了するまで数分かかる場合があります。

    アップグレードが進行中の状態の [構成] ページのスクリーンショット。

  6. アップグレードが完了すると、[構成] ページに [レベル: Premium] と表示されます。

    [構成] ページの Front Door レベルが Premium にアップグレードされたスクリーンショット。

    注意

    これで、Azure Front Door Premium の基本料金が時間単位で課金されます。

次のステップ