チュートリアル: Azure Import/Export を使用して Azure Blob Storage からデータをエクスポートする

この記事では、Azure Import/Export サービスを使用して大量のデータを Azure Blob Storage から安全にエクスポートする手順について説明します。 このサービスを利用するには、Azure データセンターに空のドライブを送付する必要があります。 このサービスでは、ストレージ アカウントからドライブにデータをエクスポートし、ドライブを返送します。

このチュートリアルでは、以下の内容を学習します。

  • Azure Import/Export を使用して Azure Blob Storage からデータをエクスポートするための前提条件
  • 手順 1:エクスポート ジョブの作成
  • 手順 2:ドライブを送付する
  • 手順 3:追跡情報を使用してジョブを更新する
  • 手順 4:ディスクを受け取る
  • 手順 5:ディスクのロックを解除する

前提条件

Azure Blob Storage からデータを転送するエクスポート ジョブを作成する前に、このサービスの次の前提条件の一覧を慎重に確認してください。 次の手順が必要です。

  • Import/Export サービスに使用できるアクティブな Azure サブスクリプションがある。

  • Azure Storage アカウントが少なくとも 1 つある。 Import/Export サービスでサポートしているストレージ アカウントとストレージの種類の一覧を参照してください。 新しいストレージ アカウントの作成については、「 ストレージ アカウントの作成方法」を参照してください。

  • 十分な数のサポートされている種類のディスクがある。 Azure Import/Export ツールを使用して、提供するディスクの数を特定できます。 手順については、使用するドライブ数の特定に関するページを参照してください。

  • 有効な運送業者アカウントと注文の追跡番号がある:

    • 注文時には、[発送] タブの [Carrier names](運送業者名) 一覧にある運送業者を使用する必要があります。 運送業者アカウントがない場合は、その運送業者に連絡して作成してください。
    • 運送業者アカウントは有効である必要があり、残高があり、返送機能を備えている必要があります。 Microsoft は、選択された運送業者を使用して、すべての記憶媒体を返送します。
    • 運送業者アカウントのインポート/エクスポート ジョブの追跡番号を生成します。 すべてのジョブに個別の追跡番号が必要です。 同じ追跡番号を使用する複数のジョブはサポートされていません。

手順 1:エクスポート ジョブの作成

次の手順を実行して、Azure Import/Export のインポート ジョブを注文します。 Azure Import/Export サービスでは、"Data Box" という種類のジョブが作成されます。

  1. Microsoft Azure 資格情報を使用して、次の URL にサインインします。https://portal.azure.com

  2. [+ リソースの作成] を選択し、Azure Data Box を検索します。 [Azure Data Box] を選択します。

    Illustration showing the Plus Create A Resource button, and the text box for selecting the service to create the resource in. Azure Data Box is highlighted.

  3. [作成] を選択します。

    Screenshot of the top of the Azure portal screen after selecting Azure Data Box. The Create button is highlighted.

  4. インポート注文を開始するには、次のオプションを選択します。

    1. 転送の種類として [Azure からエクスポート] を選択します。
    2. インポート/エクスポート ジョブに使用するサブスクリプションを選択します。
    3. リソース グループを選択します。
    4. ジョブの [ソース Azure リージョン] を選択します。
    5. ジョブの [宛先の国/地域] を選択します。
    6. 次に、[適用] を選択します。

    Screenshot of Get Started options for a new export order in Azure Import/Export's portal. The Export From Azure transfer type and the Apply button are highlighted.

  5. [インポート/エクスポート ジョブ][選択] ボタンを選択します。

    Screenshot showing product options for a new Data Box order. The Select button for Import Export Job is highlighted.

  6. [基本] で次のようにします。

    • ジョブのわかりやすい名前を入力します。 この名前を使用して、ジョブの進行状況を追跡します。
      • 名前は 3 から 24 文字で指定する必要があります。
      • 名前に含めることができるのは、文字、数字、ハイフンのみです。
      • 名前の最初と最後は、文字か数字にする必要があります。

    Screenshot showing the Basics tab for an export job in Azure Import/Export. The Basics tab, the Import Job Name text box, and the Next: Job Details button are hightlighted.

    [次へ: ジョブの詳細 >] を選択して続行します。

  7. [ジョブの詳細] で、次の操作を実行します。

    1. データが現在存在するソース Azure リージョンを選択します。

    2. エクスポートするデータがあるストレージ アカウントを選択します。 所在地に近いストレージ アカウントを使用します。

      持ち込み場所は、選択したストレージ アカウントのリージョンに基づいて自動的に入力されます。

    3. ストレージ アカウントから空のドライブにエクスポートする BLOB データを指定します。 [エクスポートする BLOB] で、次の 3 つの方法のいずれかを選択します。

      • ストレージ アカウントの [すべてのオブジェクト] のエクスポートを選択します。

        Screenshot of the Job Details tab for a new export job in the Azure Import Export Jobs portal. Export All is highlighted beside Blobs To Export.

      • [選択されているコンテナーと BLOB] を選択し、エクスポートするコンテナーと BLOB を指定します。 複数の選択方法を使用できます。 [追加] オプションを選択すると右側のパネルが開き、選択文字列を追加できます。

        オプション 説明
        コンテナーの追加 コンテナー内のすべての BLOB をエクスポートします。
        [コンテナーの追加] を選択し、各コンテナーの名前を入力します。
        BLOB の追加 エクスポートする個々の BLOB を指定します。
        [BLOB の追加] を選択します。 その後、コンテナー名から始まる BLOB への相対パスを指定します。 ルート コンテナーを指定するには、" $root " を使用します。
        処理中のエラーを回避するには、このスクリーンショットに示すように、有効な形式で BLOB のパスを指定する必要があります。 詳細については、「有効な BLOB パスの例」を参照してください。
        プレフィックスの追加 似た名前のコンテナーやコンテナー内の似た名前の BLOB のセットを選択するには、プレフィックスを使用します。 プレフィックスには、コンテナー名のプレフィックス、コンテナー名全体、またはコンテナー名全体の後に BLOB 名のプレフィックスを付けた名前を指定できます。

        Screenshot showing selected containers and blobs for a new Azure Import/Export export job in the portal.

    • [BLOB リスト ファイルからエクスポートする (XML 形式)] を選択し、ストレージ アカウントからエクスポートする BLOB のパスとプレフィックスの一覧を含む XML ファイルを選択します。 XML ファイルを作成し、ストレージ アカウントのコンテナーに格納する必要があります。 ファイルを空にすることはできません。

      重要

      XML ファイルを使用してエクスポートする BLOB を選択する場合は、XML に有効なパスまたはプレフィックスが含まれていることを確認してください。 ファイルが無効な場合、または指定されたパスと一致するデータがない場合は、一部のデータまたはすべてのデータがエクスポートされずに終了します。

      XML ファイルをコンテナーに追加する方法については、「XML ファイルを使用した注文のエクスポート」を参照してください。

      Screenshot of Job Details for Azure Import Export job that selects blobs using a blob list file. Blob list file option and selected file are highlighted.

    Note

    データ コピー時にエクスポートする BLOB が使用中の場合、Azure Import/Export サービスによって BLOB のスナップショットが作成され、そのスナップショットがコピーされます。

    [次へ: 返送 >] を選択して続行します。

  8. [返送] で、次の操作を実行します。

    1. [運送業者] のドロップダウン リストから運送業者を選択します。 選択した地域の Microsoft データセンターの場所によって、利用可能な運送業者が決まります。

    2. 運送業者のアカウント番号を入力します。 有効な運送業者アカウントのアカウント番号が必要です。

    3. [差出人住所] 領域で、[+ 住所の追加] を使用して配送先の住所を追加します。

      Screenshot of the Return Shipping tab for an import job in Azure Data Box. The Return Shipping tab and the Plus Add Address button are highlighted.

      [住所の追加] ブレードでは、住所を追加することも、既存の住所を使用することもできます。 住所情報の入力が完了したら、[配送先住所の追加] を選択します。

      Screenshot showing an address on the Add Address blade for an import job in Azure Import Export portal. The Add Shipping Address button is highlighted.

    4. [通知] 領域で、ジョブの進行状況を通知するユーザーのメール アドレスを入力します。

      ヒント

      管理者が不在の場合でも通知を受け取ることができるように、1 人のユーザーのメール アドレスを指定するのではなく、グループのメール アドレスを指定します。

    Screenshot of the Return Shipping tab for an import job in Azure Data Box with all fields filled in. The Return Shipping tab and the Review Plus Create button are highlighted.

    [確認および作成] を選択して続行します。

  9. [確認および作成] で、次の操作を実行します。

    1. [使用条件] を確認し、[指定したすべての情報が正しいことを確認しました。上記の利用規約に同意します。] をオンにします。その後、検証が実行されます。
    2. ジョブ情報を確認します。 ジョブ名と、ディスクの返送先である Azure データセンターの配送先住所をメモします。 この情報は、後で配送先住所ラベルに使用します。
    3. [作成] を選択します。

    Screenshot showing the Review Plus Create tab for an Azure Import/Export job in the portal. The validation status, Terms, and Create button are highlighted.

  10. ジョブが作成されると、次のメッセージが表示されます。

    Screenshot of the status message for a completed order for an Azure Import Export job in the portal. The status and the Go To Resource button are highlighted.

    [リソースに移動] を選択して、ジョブの [概要] を開くことができます。

    Screenshot showing the Overview pane for an Azure Import Export job in Created state in the portal.

手順 2:ドライブを送付する

必要なドライブの数がわからない場合は、「必要なドライブ数を決定する」を参照してください。 ドライブの数がわかっている場合は、ドライブの送付に進みます。

Azure データセンターにパッケージを発送するには、FedEx、UPS、または DHL を利用できます。 FedEx または DHL 以外の運送業者を使用する場合、adbops@microsoft.com から Azure Data Box Operations チームまでお問い合わせください。

  • Microsoft がドライブを返送するときに利用する FedEx、UPS、または DHL の有効な運送業者アカウント番号を入力してください。
    • 米国およびヨーロッパの場所からドライブを返送する場合は、FedEx、UPS、または DHL のアカウント番号が必要です。
      • アジアおよびオーストラリアの場所からドライブを返送する場合は、DHL アカウント番号が推奨されます。
      • アカウント番号をお持ちでない場合は、FedEx または DHL の運送業者アカウントを作成してください。
  • パッケージを発送する際には、Microsoft Azure サービス条件に従う必要があります。
  • 破損や処理の遅延の可能性を回避するために、ディスクを適切に梱包してください。

手順 3:追跡情報を使用してジョブを更新する

ディスクを発送したら、Azure portal のジョブに戻り、追跡情報を入力します。

追跡の詳細を指定すると、ジョブの状態が [発送] に変わるため、ジョブを取り消すことはできません。 ジョブを取り消すことができるのは、その状態が [作成中] である間のみです。

重要

追跡番号がジョブ作成後 2 週間以内に更新されない場合、ジョブは期限切れになります。

ポータルで作成したジョブの追跡情報を完成させるには、次の手順を実行します。

  1. Azure portal でジョブを開きます。

  2. [概要] ペインで下にスクロールして [追跡情報] を表示し、エントリを完成させます。

    1. [運送業者][追跡番号] を入力します。
    2. [配送先住所] が正しいことを確認します。
    3. [ドライブは上記の住所に発送されました。] の横のチェック ボックスをオンにします。
    4. 終了したら、[更新] を選択します。

    Screenshot of tracking information on the Overview pane for an Azure Import Export job in Completed state as it appears in the Preview portal.

ジョブの進行状況は、[概要] ペインで追跡できます。 各ジョブの状態の詳細については、ジョブの状態の表示に関する記事を参照してください。

Screenshot showing status tracking on the Overview pane for an Azure Import Export job in the Preview portal.

手順 4:ディスクを受け取る

ダッシュボードでジョブの完了が報告されると、ディスクが返送され、ポータルで配送の追跡番号を利用できるようになります。

  1. エクスポートされたデータが保存されたドライブを受け取ったら、BitLocker キーを取得してドライブのロックを解除する必要があります。 Azure portal でエクスポート ジョブに移動します。 [インポート/エクスポート] タブを選択します。

  2. リストからエクスポート ジョブを選択します。 [暗号化] に移動し、キーをコピーします。

    Screenshot of the Encryption blade for an export job in Azure Import Export Jobs. The Encryption menu item and Copy button for the key are highlighted.

  3. BitLocker キーを使用してディスクのロックを解除します。

これでエクスポートは完了です。

手順 5:ディスクのロックを解除する

ドライブのロックを解除するには、次のコマンドを使用します。

WAImportExport Unlock /bk:<BitLocker key (base 64 string) copied from Encryption blade in Azure portal> /driveLetter:<Drive letter>

サンプル入力の例を次に示します。

WAImportExport.exe Unlock /bk:CAAcwBoAG8AdQBsAGQAIABiAGUAIABoAGkAZABkAGUAbgA= /driveLetter:e

ジョブからコピー ログを使用して、すべてのデータが正常に転送されたことを確認できます。

  • 詳細ログを使用して、正常に転送された各ファイルを確認します。
  • コピー ログを使用して、失敗した各データ コピーのソースを特定します。

ログの場所を検索するには、Azure portal でジョブを開きます。 データ コピーの詳細には、注文に含まれていた各ドライブのコピー ログ パス詳細ログ パスが表示されます。

Screenshot showing a completed export job in Azure Import Export. In Data Copy Details, the Copy Log Path and Verbose Log Path are highlighted.

この時点で、ジョブを削除するか、そのままにしておくことができます。 ジョブは、90 日後に自動的に削除されます。

次のステップ