Share via


チュートリアル:Azure Red Hat OpenShift 4 クラスターを作成する

このチュートリアルは、3 部構成のパート 1 です。OpenShift 4 が実行される Azure Red Hat OpenShift クラスターを作成する環境を準備し、クラスターを作成します。 学習内容は次のとおりです。

  • 前提条件を設定する
  • 必要な仮想ネットワークとサブネットを作成する
  • クラスターのデプロイ

開始する前に

CLI をローカルにインストールして使用する場合、このチュートリアルでは、Azure CLI バージョン 2.30.0 以降を実行している必要があります。 バージョンを確認するには、az --version を実行します。 インストールまたはアップグレードする必要がある場合は、Azure CLI のインストールに関するページを参照してください。

OpenShift クラスターを作成して実行するには、Azure Red Hat OpenShift に少なくとも 40 コアが必要です。 新しい Azure サブスクリプションの既定の Azure リソース クォータは、この要件を満たしていません。 リソースの制限の引き上げを依頼するには、「標準クォータ:VM シリーズでの制限の引き上げ」を参照してください。

  • たとえば、サポートされる仮想マシン ファミリの最小 SKU "Standard DSv3" の現在のサブスクリプション クォータを確認するには、次のコマンドを実行します。

    LOCATION=eastus
    az vm list-usage -l $LOCATION \
    --query "[?contains(name.value, 'standardDSv3Family')]" \
    -o table
    

アクセス許可を確認する

このチュートリアルでは、クラスターの仮想ネットワークを含むリソース グループを作成します。 これを行うために、共同作成者とユーザー アクセス管理者のアクセス許可、または仮想ネットワークに対する直接の所有者アクセス許可、またはそれを含むリソース グループまたはサブスクリプションに対する所有者アクセス許可が必要です。

また、ツールがあなたの代理でクラスターに対してアプリケーションやサービス プリンシパルを作成するために、十分な Microsoft Entra アクセス許可 (テナントのメンバー ユーザー、またはアプリケーション管理者ロールが割り当てられたゲスト) も必要になります。 詳細については、「メンバーとゲスト」および「Microsoft Entra ID を使用したユーザーに対する管理者および管理者以外のロールの割り当て」を参照してください。

リソース プロバイダーを登録する

  1. 複数の Azure サブスクリプションがある場合は、適切なサブスクリプション ID を指定します。

    az account set --subscription <SUBSCRIPTION ID>
    
  2. Microsoft.RedHatOpenShift リソース プロバイダーを登録します。

    az provider register -n Microsoft.RedHatOpenShift --wait
    
  3. Microsoft.Compute リソース プロバイダーを登録します。

    az provider register -n Microsoft.Compute --wait
    
  4. Microsoft.Storage リソース プロバイダーを登録します。

    az provider register -n Microsoft.Storage --wait
    
  5. Microsoft.Authorization リソース プロバイダーを登録します。

    az provider register -n Microsoft.Authorization --wait
    

Red Hat プル シークレットを取得する (省略可能)

Note

ARO プル シークレットを使用することで、ARO の RH OpenShift ライセンスのコストが変わることはありません。

Red Hat プル シークレットを使用すると、クラスターは OperatorHub からのオペレーター ハブの他のコンテンツと共に Red Hat コンテナー レジストリにアクセスできます。 この手順は省略可能ですが、実施することをお勧めします。 後でプル シークレットを追加する場合は、このガイダンス に従ってください。 pull-secret に cloud.openshift.com フィールドが含まれている場合でも、このフィールドはシークレットから削除されます。 このフィールドにより、RedHat にデータを送信する追加の監視機能が有効になるので、既定では無効になっています。 この機能を有効にするには、https://docs.openshift.com/container-platform/4.11/support/remote_health_monitoring/enabling-remote-health-reporting.html を参照してください。

  1. Red Hat OpenShift クラスター マネージャー ポータルに移動し、サインインします。

    Red Hat アカウントにログインするか、お使いのビジネス メール アドレスを使用して新しい Red Hat アカウントを作成し、使用条件に同意する必要があります。

  2. [Download pull secret] (プル シークレットのダウンロード) を選択し、ARO クラスターで使用するプル シークレットをダウンロードします。

    保存済みの pull-secret.txt ファイルは安全な場所に保管してください。 Red Hat または認定パートナーのサンプルやオペレーターを含むクラスターを作成する必要がある場合は、クラスターを作成するたびにこのファイルが使用されます。

    az aro create コマンドを実行する場合は、--pull-secret @pull-secret.txt パラメーターを使用してプル シークレットを参照できます。 pull-secret.txt ファイルを格納したディレクトリから az aro create を実行します。 それ以外の場合は、@pull-secret.txt@/path/to/my/pull-secret.txt で置き換えます。

    プル シークレットをコピーする場合や他のスクリプトで参照する場合は、プル シークレットを有効な JSON 文字列として書式設定する必要があります。

クラスターのカスタム ドメインを準備する (省略可能)

az aro create コマンドを実行するときに、--domain foo.example.com パラメーターを使用してクラスターのカスタム ドメインを指定することができます。

注意

Azure CLI を使用してクラスターを作成する場合、ドメイン名の追加は省略可能ですが、ポータル経由でクラスターを追加する場合は、ドメイン名 (OpenShift コンソールと API サーバーの自動生成された DNS 名の一部として使用されるプレフィックス) が必要です。 詳細については、「クイックスタート: Azure portal を使用した Azure Red Hat OpenShift クラスターのデプロイ」を参照してください。

クラスターのカスタム ドメインを指定する場合は、次の点に注意してください。

  • クラスターを作成した後、指定した --domain に対して DNS サーバーに次の 2 つの DNS A レコードを作成する必要があります。

    • api - API サーバーの IP アドレスを指します
    • *.apps - イングレス IP アドレスを指します
    • クラスターの作成後に次のコマンドを実行して、これらの値を取得します: az aro show -n -g --query '{api:apiserverProfile.ip, ingress:ingressProfiles[0].ip}'
  • OpenShift コンソールは、組み込みのドメイン (https://console-openshift-console.apps.<random>.<location>.aroapp.io) ではなく、https://console-openshift-console.apps.example.com のような URL で使用できるようになります。

  • OpenShift では、既定で、*.apps.example.com カスタム ドメインに作成されたすべてのルートに自己署名証明書が使用されます。 クラスターに接続した後でカスタム DNS を使用する場合は、OpenShift のドキュメントに従って、イングレス コントローラー用のカスタム CA と、API サーバー用のカスタム CA を構成する必要があります。

2 つの空のサブネットを含む仮想ネットワークを作成する

次に、2 つの空のサブネットを含む仮想ネットワークを作成します。 要件を満たす仮想ネットワークが既にある場合は、この手順を省略できます。

  1. az コマンドを実行するシェル環境で、次の変数を設定します。

    LOCATION=eastus                 # the location of your cluster
    RESOURCEGROUP=aro-rg            # the name of the resource group where you want to create your cluster
    CLUSTER=cluster                 # the name of your cluster
    
  2. リソース グループを作成します。

    Azure リソース グループは、Azure リソースが展開され管理される論理グループです。 リソース グループを作成する際は、場所を指定するよう求められます。 この場所は、リソース グループのメタデータが格納される場所です。また、リソースの作成時に別のリージョンを指定しない場合は、Azure でリソースが実行される場所でもあります。 az group create コマンドを使用して、リソース グループを作成します。

    Note

    Azure Red Hat OpenShift は、Azure リソース グループを作成できるすべてのリージョンで使用可能なわけではありません。 Azure Red Hat OpenShift がサポートされている場所については、「使用可能なリージョン」を参照してください。

    az group create \
      --name $RESOURCEGROUP \
      --location $LOCATION
    

    次の出力例では、正常に作成されたリソース グループが示されています。

    {
      "id": "/subscriptions/<guid>/resourceGroups/aro-rg",
      "location": "eastus",
      "name": "aro-rg",
      "properties": {
        "provisioningState": "Succeeded"
      },
      "type": "Microsoft.Resources/resourceGroups"
    }
    
  3. 仮想ネットワークを作成します。

    OpenShift 4 を実行する Azure Red Hat OpenShift クラスターでは、マスター ノードとワーカー ノード用の 2 つの空のサブネットを持つ仮想ネットワークが必要です。 これのために新しい仮想ネットワークを作成することも、既存の仮想ネットワークを使用することもできます。

    先ほど作成したのと同じリソース グループ内に新しい仮想ネットワークを作成します。

    az network vnet create \
       --resource-group $RESOURCEGROUP \
       --name aro-vnet \
       --address-prefixes 10.0.0.0/22
    

    次の出力例では、正常に作成された仮想ネットワークが示されています。

    {
      "newVNet": {
        "addressSpace": {
          "addressPrefixes": [
            "10.0.0.0/22"
          ]
        },
        "dhcpOptions": {
          "dnsServers": []
        },
        "id": "/subscriptions/<guid>/resourceGroups/aro-rg/providers/Microsoft.Network/virtualNetworks/aro-vnet",
        "location": "eastus",
        "name": "aro-vnet",
        "provisioningState": "Succeeded",
        "resourceGroup": "aro-rg",
        "type": "Microsoft.Network/virtualNetworks"
      }
    }
    
  4. マスター ノード用の空のサブネットを追加します。

    az network vnet subnet create \
      --resource-group $RESOURCEGROUP \
      --vnet-name aro-vnet \
      --name master-subnet \
      --address-prefixes 10.0.0.0/23
    
  5. ワーカー ノード用の空のサブネットを追加します。

    az network vnet subnet create \
      --resource-group $RESOURCEGROUP \
      --vnet-name aro-vnet \
      --name worker-subnet \
      --address-prefixes 10.0.2.0/23
    

クラスターを作成する

次のコマンドを実行して、クラスターを作成します。 次のいずれかのオプションを使用する場合は、必要に応じてコマンドを変更してください。

  • 必要に応じて、Red Hat プル シークレットを渡して、クラスターが他のコンテンツと共に Red Hat コンテナー レジストリにアクセスできるよう設定できます。 --pull-secret @pull-secret.txt 引数をコマンドに追加します。
  • 必要に応じて、カスタム ドメインを使用することもできます。 --domain foo.example.com 引数をコマンドに追加し、foo.example.com を独自のカスタム ドメインで置き換えます。

Note

省略可能な引数をコマンドに追加する場合は、先行するコマンド行の引数の末尾に、円記号を付けて閉じてください。

az aro create \
  --resource-group $RESOURCEGROUP \
  --name $CLUSTER \
  --vnet aro-vnet \
  --master-subnet master-subnet \
  --worker-subnet worker-subnet

az aro create コマンドを実行した後、クラスターが作成されるまでに通常約 35 分かかります。

ARO の別のバージョンの選択

クラスターの作成時に、特定のバージョンの ARO を使用することを選択できます。 まず、CLI を使用して、使用可能な ARO のバージョンを調べます。

az aro get-versions --location <region>

バージョンを選択したら、az aro create コマンドに --version パラメーターを使用してそれを指定します。

az aro create \
  --resource-group $RESOURCEGROUP \
  --name $CLUSTER \
  --vnet aro-vnet \
  --master-subnet master-subnet \
  --worker-subnet worker-subnet \
  --version <x.y.z>

次のステップ

チュートリアルのこの部分で学習した内容は次のとおりです。

  • 前提条件を設定し、必要な仮想ネットワークとサブネットを作成する
  • クラスターのデプロイ

次のチュートリアルに進みます。