Share via


チュートリアル:Azure Red Hat OpenShift 4 クラスターを削除する

3 部構成の第 3 部であるこのチュートリアルでは、OpenShift 4 を実行する Azure Red Hat OpenShift クラスターを削除します。 学習内容は次のとおりです。

  • Azure Red Hat OpenShift クラスターを削除する

開始する前に

前のチュートリアルでは、Azure Red Hat OpenShift クラスターを作成し、OpenShift Web コンソールを使用して接続しました。 これらの手順を完了しておらず、順番に進めたい場合は、チュートリアル 1 - Azure Red Hat Openshift 4 クラスターを作成する方法に関するページから開始してください。

CLI をローカルにインストールして使用する場合、このチュートリアルでは、Azure CLI バージョン 2.6.0 以降を実行していることが要件です。 バージョンを確認するには、az --version を実行します。 インストールまたはアップグレードする必要がある場合は、Azure CLI のインストールに関するページを参照してください。

Azure へのサインイン

Azure CLI をローカルで実行している場合は、az login を実行して Azure にサインインします。

az login

複数のサブスクリプションへのアクセス権がある場合は、az account set -s {subscription ID} を実行して、{subscription ID} を、使用するサブスクリプションに置き換えます。

クラスターを削除する

前のチュートリアルでは、次の変数を設定しました。

RESOURCEGROUP=yourresourcegroup

この値を使って、クラスターを削除します。

az group delete --name $RESOURCEGROUP

その後、この操作を実行してもよいかどうか確認するメッセージが表示されます。 y で確認した後、クラスターが削除されるまでに数分かかります。 コマンドが終了すると、リソース グループ全体とそれに含まれるすべてのリソース (クラスターや仮想ネットワークなど) が削除されます。

次のステップ

チュートリアルのこの部分で学習した内容は次のとおりです。

  • Azure Red Hat OpenShift 4 クラスターを削除する

OpenShift の使用の詳細については、公式の Red Hat OpenShift ドキュメントを参照してください