Share via


Azure Recovery Services コンテナーを可用性ゾーンのサポートに移行する

この記事では、Recovery Services コンテナーを非可用性ゾーンのサポートから可用性ゾーンのサポートに移行する方法について説明します。

Recovery Services コンテナーは、ストレージのローカル冗長性、ゾーン冗長性、および geo 冗長性をサポートします。 ストレージ冗長性は、ワークロードを保護する前に構成する必要がある設定です。 Recovery Services コンテナーでワークロードが保護されると、設定はロックされ、変更できません。 さまざまなストレージ冗長性オプションの詳細については、「ストレージ冗長性の設定」に関するページを参照してください。

現在の Recovery Services コンテナーを可用性ゾーンのサポートに変更するには、新しいコンテナーをデプロイする必要があります。 次のアクションを実行して、新しいコンテナーを作成し、既存のワークロードを移行します。

Azure Backup サービスとデータ冗長性に対する可用性ゾーンとディザスター リカバリーのサポートの詳細については、Azure Backup の信頼性に関するページを参照してください。

前提条件

Standard SKU がサポートされています。

ダウンタイムの要件

新しい Recovery Services コンテナーをデプロイし、ワークロードを新しいコンテナーに移行する必要があるため、ダウンタイムが予想されます。

考慮事項

バックアップ用に復旧コンテナーを切り替える場合、既存のバックアップ データは古い復旧コンテナー内にあるため、新しいバックアップ コンテナーに移行することはできません。 

移行手順: 新しい Recovery Services コンテナーをデプロイする

Recovery Services コンテナーが特定の構成でロックされた後にストレージの冗長性を変更するには、次の手順を実行します。

  1. 新しい Recovery Services コンテナーをデプロイします

  2. 関連するストレージ冗長オプションを構成します。 ストレージの冗長性を設定する方法について説明します。

Azure サービスを選択する:

ワークロードが古いコンテナーによってバックアップされており、それらを新しいコンテナーに再割り当てする場合は、次の手順に従います。

  1. 次のバックアップを停止します。

    1. Virtual Machines

    2. Azure VM の SQL Server データベース

    3. ストレージ ファイル

    4. Azure VM の SAP HANA データベース

  2. 古いコンテナーから登録解除するには、次の手順に従います。

    1. Virtual Machines

    2. Azure VM の SQL Server データベース

      Azure VM 上の SQL データベースを別のリソース グループに移動して、古いコンテナーとの関連付けを完全に解除します。

    3. ストレージ ファイル

    4. Azure VM の SAP HANA データベース

      Azure VM 上の SAP HANA データベースを別のリソース グループに移動して、古いコンテナーとの関連付けを完全に解除します。

  3. 新しいコンテナーで保護するために、さまざまなバックアップ項目を構成します。

重要

古いコンテナー内の既存の復旧ポイントは保持され、そこからオブジェクトを復元できます。 ただし、保護が停止すると、バックアップ ポリシーは保持されたデータに適用されなくなります。 その結果、復旧ポイントがポリシーによって期限切れになることはありませんが、手動で削除する必要があります。 これが行われなければ、復旧ポイントは保持され、無期限にコストが発生します。 残っている復旧ポイントのコストを回避するには、「クラウド内の保護されたアイテムを削除する」を参照してください。

次のステップ