Azure Remote Rendering アカウントを作成する

この章では、Azure Remote Rendering サービスのアカウントを作成する手順について説明します。 クイックスタートまたはチュートリアルを完了するには、有効なアカウントが必要です。

アカウントを作成する

Azure Remote Rendering サービスのアカウントを作成するには、次の手順を実行する必要があります。

  1. Azure portal portal.azure.com に移動します。
  2. [リソースの作成] をクリックします。
  3. 検索フィールド ([marketplace を検索]) で「Remote Rendering」と入力し、Enter キーを押します。
  4. 結果の一覧で、[Remote Rendering] タイルをクリックします。
  5. 次の画面で、[作成] ボタンをクリックします。 フォームが開き、新しい Remote Rendering アカウントが作成されます。
    1. [リソース名] をアカウントの名前に設定します。
    2. 必要に応じて、[サブスクリプション] を更新します。
    3. [リソース グループ] を任意のリソース グループに設定します。
    4. [場所] ドロップダウンから、このリソースを作成するリージョンを選択します。 下のアカウント リージョンにの解説を参照してください。
  6. アカウントが作成されたら、そのアカウントに移動し、次の操作を行います。
    1. [概要] タブで、[アカウント ID] をメモします。
    2. [設定] [アクセス キー] タブで、[主キー] をメモします。これはアカウントの秘密アカウント キーです。
    3. [設定] > [ID] タブで、[システム割り当て済み] > [ステータス] がオンになっていることを確認します。

[Remote Rendering アカウント] ページのスクリーンショット。サブメニュー [設定]、[ID] で [System assigned](システム割り当て) の [ステータス] オプションがオンになっています。

アカウント リージョン

アカウントの作成時に指定された場所によって、アカウント リソースが割り当てられるリージョンが決まります。 作成後にこれを変更することはできません。 ただし、アカウントの場所に関係なく、アカウントを使用して、任意のサポートされているリージョンの Remote Rendering セッションに接続できます。

アカウント情報を取得する

サンプルとチュートリアルでは、アカウント ID とキーを指定する必要があります。 たとえば、PowerShell サンプル スクリプトに使用される arrconfig.json ファイルの場合は、次のようになります。

"accountSettings": {
    "arrAccountId": "<fill in the account ID from the Azure portal>",
    "arrAccountKey": "<fill in the account key from the Azure portal>",
    "region": "<select from available regions>"
},

region オプションを入力するには、使用可能なリージョンの一覧を参照してください。

arrAccountIdarrAccountKey の値は、次の手順に従ってポータルで確認できます。

  • Azure portal に移動します
  • "Remote Rendering アカウント" を見つけます。これは、 [最近のリソース] 一覧に表示されます。 また、上部にある検索バーで検索することもできます。 その場合は、使用するサブスクリプションが [既定のサブスクリプション フィルター] (検索バーの横にあるフィルター アイコン) で選択されていることを確認します。

Azure portal のサブスクリプション フィルター一覧のスクリーンショット。

アカウントをクリックするとこの画面が表示され、[アカウント ID] がすぐに表示されます。

Remote Rendering アカウントの [概要] サブメニューのスクリーンショット。

キーについては、左側のパネルで [アクセス キー] を選択します。 次のページには、プライマリ キーとセカンダリ キーが表示されます。

Remote Rendering アカウントの [アクセス キー] サブメニューのスクリーンショット。

arrAccountKey の値には、プライマリ キーとセカンダリ キーのどちらかを指定できます。

この段落では、ストレージ アカウントを Remote Rendering アカウントにリンクする方法について説明します。 ストレージ アカウントがリンクされている場合は、アカウント内のデータを操作するたびに SAS URI を生成する必要はありません。たとえば、モデルを読み込む場合などです。 代わりに、モデルの読み込みに関するセクションの説明に従って、ストレージ アカウント名を直接使用できます。

このアクセス方法を使用する必要があるストレージ アカウントごとに、この段落の手順を実行する必要があります。 ストレージ アカウントをまだ作成していない場合は、レンダリング用のモデルの変換に関するクイックスタートの各手順に従ってください。

  1. Azure portal のストレージ アカウントに移動します

  2. [アクセス制御 (IAM)] を選択します。

  3. [追加][ロールの割り当ての追加] の順に選択して、[ロールの割り当ての追加] ページを開きます。

    このストレージ アカウントに所有者のアクセス許可がない場合、[ロールの割り当てを追加する] オプションは無効になります。

  4. 次のロールを割り当てます。 詳細な手順については、「Azure portal を使用して Azure ロールを割り当てる」を参照してください。

    1. [ストレージ BLOB データ共同作成者] ロールを選択し、[次へ] をクリックします。
    2. マネージド ID へのアクセス割り当てを選択します。
    3. [メンバーの選択] を選択してサブスクリプションを選択し、[Remote Rendering アカウント] を選択して、ご利用の Remote Rendering アカウントを選択し、[選択] をクリックします。
    4. [レビューと割り当て] を選択し、もう一度 [レビューと割り当て] を選択します。

    Azure portal の [ロールの割り当てを追加] ページを示すスクリーンショット。

警告

Remote Rendering アカウントが表示されない場合は、このトラブルシューティングに関するセクションを参照してください。

重要

Azure ロールの割り当ては Azure Storage によってキャッシュされるため、Remote Rendering アカウントへのアクセスを許可してから、ストレージ アカウントへのアクセスに使用できるようになるまでに、最大 30 分の遅延が発生する場合があります。 詳細については、Azure ロールベースのアクセス制御 (Azure RBAC) に関するドキュメントをご覧ください。

次のステップ