Share via


Azure Data Lake Storage のマルチプロトコル アクセス

Blob API は、階層型名前空間があるアカウントで機能します。 これにより、階層型名前空間があるアカウントに対するいくつかの BLOB ストレージ機能だけでなく、ツール、アプリケーション、およびサービスのエコシステムを使用できます。

最近まで、オブジェクト ストレージと分析ストレージ用に別々のストレージ ソリューションを管理する必要がありました。 このため、Azure Data Lake Storage Gen2 によるエコシステムのサポートが制限されていました。 さらに、診断ログなどの BLOB サービスの機能へのアクセスも制限されていました。 さまざまなシナリオを実現するにはアカウント間でデータを移動する必要があるため、寸断されたストレージ ソリューションは管理が容易ではありません。 もう、それを行う必要はありません。

Data Lake Storage のマルチプロトコル アクセスでは、ツール、アプリケーション、およびサービスのエコシステムを使用してデータを操作できます。 これには、サードパーティのツールとアプリケーションも含まれています。 それらを変更することなく、それらで階層型名前空間があるアカウントをポイントすることができます。 BLOB API で階層型名前空間があるアカウントのデータを操作できるようになったため、これらのアプリケーションで BLOB API を呼び出した場合でも、現状のままで動作します。

階層型名前空間があるアカウントで、診断ログアクセス レベルBLOB ストレージ ライフサイクル管理ポリシーなどの BLOB ストレージの機能が動作するようになりました。 そのため、これらの重要な機能へのアクセスを失うことなく、BLOB ストレージ アカウントで階層型名前空間を有効にできます。

注意

マルチプロトコル アクセスによって有効にされている一部の Azure サービスまたは BLOB ストレージ機能は、引き続きプレビュー段階です。 これらのアーティクルでは、BLOB ストレージの機能と Azure サービスの統合の現在のサポートについてまとめています。

Azure Storage アカウントでの Blob Storage 機能のサポート

Azure Data Lake Storage Gen2 がサポートされている Azure のサービス

Azure Data Lake Storage のマルチプロトコル アクセスの実行方法

階層型名前空間があるストレージ アカウントの同じデータに対して、BLOB API と Data Lake Storage Gen2 API を操作できます。 Data Lake Storage Gen2 では階層型名前空間を使用して BLOB API がルーティングされるため、第一級のディレクトリ操作と POSIX 準拠のアクセス制御リスト (ACL) のメリットを活用できます。

Azure Data Lake Storage のマルチプロトコル アクセスの概念

BLOB API を使用している既存のツールとアプリケーションでは、これらのメリットが自動的に活用されます。 開発者は、それらを変更する必要はありません。 Data Lake Storage Gen2 では、データにアクセスするためにツールとアプリケーションで使用されるプロトコルに関係なく、ディレクトリとファイルレベルの ACL が一貫して適用されます。

関連項目