Azure Blob Storage 監視データのリファレンス

この記事には、このサービスのすべての監視参照情報が含まれています。

Azure Blob Storage 用に収集できるデータとその使用方法の詳細については、Azure Blob Storage の監視に関するページを参照してください。

メトリック

このセクションでは、このサービスに対して自動的に収集されたすべてのプラットフォーム メトリックの一覧を示します。 これらのメトリックは、Azure Monitor でサポートされているすべてのプラットフォーム メトリックの グローバル リストにも含まれます

メトリックのリテンション期間の詳細については、「Azure Monitor メトリックの概要」を参照してください

Microsoft.Storage/storageAccounts でサポートされているメトリック

次の表に、Microsoft.Storage/storageAccounts リソースの種類で使用できるメトリックを示します。

テーブル見出し

  • メトリック - Azure portal に表示されるメトリックの表示名。
  • Rest API の名前 - REST API で参照されるメトリック名。
  • 単位 - 測定単位。
  • 集計 - 既定の集計の種類。 有効な値: Average、Minimum、Maximum、Total、Count。
  • ディメンション - メトリックで使用できるディメンション。
  • 時間グレイン - メトリックをサンプリングする間隔。 たとえば、PT1Mメトリックが 1 分ごと、30 分PT1Hごと、 PT30M 1 時間ごとにサンプリングされることを示します。
  • DS エクスポート- メトリックが診断設定を介して Azure Monitor ログにエクスポート可能かどうか。 メトリックのエクスポートの詳細については、「Azure Monitor での診断設定の作成」を参照してください
カテゴリ メトリック REST API の名前 出荷単位 集計 Dimensions 時間グレイン DS エクスポート
取引 可用性

ストレージ サービスまたは指定された API 操作の可用性の割合。 可用性は、TotalBillableRequests の値を取得し、それを該当する要求の数 (予期しないエラーが発生した要求を含む) で割ることによって、計算されます。 予期しないエラーすべてが、ストレージ サービスまたは指定された API 操作の可用性の低下をもたらします。

Availability パーセント Average、Minimum、Maximum GeoTypeApiNameAuthentication PT1M はい
取引 エグレス

エグレス データの量。 この数値には、Azure Storage から外部クライアントへのエグレスおよび Azure 内でのエグレスが含まれます。 したがって、この値には、課金対象のエグレスが反映されません。

Egress バイト Total、Average、Minimum、Maximum GeoTypeApiNameAuthentication PT1M はい
取引 イングレス

イングレス データの量 (バイト単位)。 この値には、外部クライアントから Azure Storage へのイングレスおよび Azure 内でのイングレスが含まれます。

Ingress バイト Total、Average、Minimum、Maximum GeoTypeApiNameAuthentication PT1M はい
取引 成功した場合の E2E 待機時間

ストレージ サービスまたは指定された API 操作に対して行われた成功した要求の平均エンド ツー エンド待機時間 (ミリ秒単位)。 この値には、要求の読み取り、応答の送信、および応答の受信確認を受け取るために Azure Storage 内で必要な処理時間が含まれます。

SuccessE2ELatency MilliSeconds Average、Minimum、Maximum GeoTypeApiNameAuthentication PT1M はい
取引 成功した場合のサーバー待機時間

Azure Storage による成功した要求の平均処理時間。 この値には、SuccessE2ELatency で指定されているネットワーク待機時間は含まれません。

SuccessServerLatency MilliSeconds Average、Minimum、Maximum GeoTypeApiNameAuthentication PT1M はい
取引 トランザクション

ストレージ サービスまたは指定された API 操作に対して行われた要求の数。 この数には、成功した要求と失敗した要求およびエラーが発生した要求が含まれます。 別の種類の応答の数には ResponseType ディメンションを使います。

Transactions Count 合計 ResponseTypeGeoType, ApiName, AuthenticationTransactionType PT1M はい
容量 使用済み容量

ストレージ アカウントによって使用されているストレージの量。 Standard ストレージ アカウントについては、Blob、Table、File、および Queue で使用される容量の合計です。 Premium ストレージ アカウントと BLOB ストレージ アカウントについては、BlobCapacity または FileCapacity と同じです。

UsedCapacity バイト Average <なし> PT1H いいえ

Microsoft.Storage/storageAccounts/blobServices でサポートされているメトリック

次の表に、Microsoft.Storage/storageAccounts/blobServices リソースの種類で使用できるメトリックを示します。

テーブル見出し

  • メトリック - Azure portal に表示されるメトリックの表示名。
  • Rest API の名前 - REST API で参照されるメトリック名。
  • 単位 - 測定単位。
  • 集計 - 既定の集計の種類。 有効な値: Average、Minimum、Maximum、Total、Count。
  • ディメンション - メトリックで使用できるディメンション。
  • 時間グレイン - メトリックをサンプリングする間隔。 たとえば、PT1Mメトリックが 1 分ごと、30 分PT1Hごと、 PT30M 1 時間ごとにサンプリングされることを示します。
  • DS エクスポート- メトリックが診断設定を介して Azure Monitor ログにエクスポート可能かどうか。 メトリックのエクスポートの詳細については、「Azure Monitor での診断設定の作成」を参照してください
カテゴリ メトリック REST API の名前 出荷単位 集計 Dimensions 時間グレイン DS エクスポート
取引 可用性

ストレージ サービスまたは指定された API 操作の可用性の割合。 可用性は、TotalBillableRequests の値を取得し、それを該当する要求の数 (予期しないエラーが発生した要求を含む) で割ることによって、計算されます。 予期しないエラーすべてが、ストレージ サービスまたは指定された API 操作の可用性の低下をもたらします。

Availability パーセント Average、Minimum、Maximum GeoTypeApiName、、 AuthenticationTier PT1M はい
容量 BLOB 容量

ストレージ アカウントの Blob service によって使われているストレージの量 (バイト単位)。

BlobCapacity バイト Average BlobType, Tier PT1H いいえ
容量 BLOB の数

ストレージ アカウントに格納されている BLOB オブジェクトの数。

BlobCount Count Average BlobType, Tier PT1H いいえ
容量 BLOB のプロビジョニング済みサイズ

ストレージ アカウントの Blob service にプロビジョニングされたストレージの量 (バイト単位)。

BlobProvisionedSize バイト Average BlobType, Tier PT1H いいえ
容量 BLOB コンテナーの数

ストレージ アカウントのコンテナーの数。

ContainerCount Count Average <なし> PT1H はい
取引 エグレス

エグレス データの量。 この数値には、Azure Storage から外部クライアントへのエグレスおよび Azure 内でのエグレスが含まれます。 したがって、この値には、課金対象のエグレスが反映されません。

Egress バイト Total、Average、Minimum、Maximum GeoTypeApiName、、 AuthenticationTier PT1M はい
容量 インデックス容量

Azure Data Lake Storage Gen2 階層構造インデックスで使用されるストレージの容量。

IndexCapacity バイト Average <なし> PT1H いいえ
トランザクション イングレス

イングレス データの量 (バイト単位)。 この値には、外部クライアントから Azure Storage へのイングレスおよび Azure 内でのイングレスが含まれます。

Ingress バイト Total、Average、Minimum、Maximum GeoTypeApiName、、 AuthenticationTier PT1M はい
取引 成功した場合の E2E 待機時間

ストレージ サービスまたは指定された API 操作に対して行われた成功した要求の平均エンド ツー エンド待機時間 (ミリ秒単位)。 この値には、要求の読み取り、応答の送信、および応答の受信確認を受け取るために Azure Storage 内で必要な処理時間が含まれます。

SuccessE2ELatency MilliSeconds Average、Minimum、Maximum GeoTypeApiName、、 AuthenticationTier PT1M はい
取引 成功した場合のサーバー待機時間

Azure Storage による成功した要求の平均処理時間。 この値には、SuccessE2ELatency で指定されているネットワーク待機時間は含まれません。

SuccessServerLatency MilliSeconds Average、Minimum、Maximum GeoTypeApiName、、 AuthenticationTier PT1M はい
取引 トランザクション

ストレージ サービスまたは指定された API 操作に対して行われた要求の数。 この数には、成功した要求と失敗した要求およびエラーが発生した要求が含まれます。 別の種類の応答の数には ResponseType ディメンションを使います。

Transactions Count 合計 ResponseTypeGeoType, ApiName, Authentication, TransactionTypeTier PT1M はい

メトリック ディメンション

メトリック ディメンションの詳細については、「多次元メトリック」を参照してください

このサービスには、メトリックに関連付けられた次のディメンションがあります。

すべてのストレージ サービスで使用可能なディメンション

ディメンション名 説明
GeoType プライマリ クラスターまたはセカンダリ クラスターからのトランザクション。 使用できる値には、PrimarySecondary が含まれています。 セカンダリ テナントからオブジェクトを読み取るときに、読み取りアクセス geo 冗長ストレージ (RA-GRS) に適用されます。
ResponseType トランザクション応答の種類。 次の値をご利用いただけます。

  • ServerOtherError: 記述されていない、その他すべてのサーバー側エラー
  • ServerBusyError:HTTP 503 ステータス コードを返した認証済み要求。
  • ServerTimeoutError:HTTP 500 ステータス コードを返した、タイムアウトした認証済み要求。 タイムアウトは、サーバー エラーが原因で発生しました。
  • AuthenticationError:サーバーによる要求の認証が失敗しました。
  • AuthorizationError:データの不正アクセスまたは承認エラーが原因で失敗した認証済み要求。
  • NetworkError:ネットワーク エラーが原因で失敗した認証済み要求。 クライアントがタイムアウト期限が切れる前に途中で接続を終了したときによく発生します。
  • ClientAccountBandwidthThrottlingError:この要求は、ストレージ アカウントのスケーラビリティの制限を超えたため、帯域幅が調整されます。
  • ClientAccountRequestThrottlingError:この要求は、ストレージ アカウントのスケーラビリティの制限を超えたため、要求レートが調整されます。
  • ClientThrottlingError:その他のクライアント側の調整エラー。 ClientAccountBandwidthThrottlingError と ClientAccountRequestThrottlingError は除外されます。
  • ClientShareEgressThrottlingError:Premium ファイル共有にのみ適用されます。 その他のクライアント側の調整エラー。 共有の制限が超えたことによるエグレス帯域幅の調整によって要求が失敗しました。 ClientAccountBandwidthThrottlingError は除外されます。
  • ClientShareIngressThrottlingError:Premium ファイル共有にのみ適用されます。 その他のクライアント側の調整エラー。 共有の制限が超えたことによるイングレス帯域幅の調整によって要求が失敗しました。 ClientAccountBandwidthThrottlingError は除外されます。
  • ClientShareIopsThrottlingError: その他のクライアント側の調整エラー。 IOPS 調整によって要求が失敗しました。 ClientAccountRequestThrottlingError は除外されます。
  • ClientTimeoutError:HTTP 500 ステータス コードを返した、タイムアウトした認証済み要求。 クライアントのネットワーク タイムアウトまたは要求タイムアウトが、ストレージ サービスで予期される値よりも低く設定されている場合、これは予期されるタイムアウトです。 それ以外の場合は、ServerTimeoutError としてレポートされます。
  • ClientOtherError:記述されていない、その他すべてのクライアント側エラー。
  • 成功:成功した要求
  • SuccessWithThrottling: 最初に試みたときは SMB クライアントが調整されたが再試行後に成功したときの、成功した要求。
  • SuccessWithShareEgressThrottling:Premium ファイル共有にのみ適用されます。 最初に試みたときはエグレス帯域幅の調整によって SMB クライアントが調整されたが再試行後に成功したときの、成功した要求。
  • SuccessWithShareIngressThrottling:Premium ファイル共有にのみ適用されます。 最初に試みたときはイングレス帯域幅の調整によって SMB クライアントが調整されたが再試行後に成功したときの、成功した要求。
  • SuccessWithShareIopsThrottling: 最初に試みたときは IOPS の調整によって SMB クライアントが調整されたが再試行後に成功したときの、成功した要求。
  • ApiName 操作の名前。 操作の名前が識別される前にエラーが発生した場合、名前は "Unknown" と表示されます。 ResponseType ディメンションの値を使用して、エラーの詳細について確認できます。
    認証 トランザクションで使用される認証の種類。 次の値をご利用いただけます。
  • AccountKey:トランザクションは、ストレージ アカウント キーを使って認証されます。
  • SAS:トランザクションは、Shared Access Signature を使って認証されます。
  • OAuth:トランザクションは、OAuth アクセス トークンを使って認証されます。
  • Anonymous:トランザクションは匿名で要求されます。 プリフライト要求は含まれません。
  • AnonymousPreflight:トランザクションは、プリフライト要求です。
  • トランザクションの種類 トランザクションの種類。 次の値をご利用いただけます。
  • ユーザー:トランザクションは顧客によって実行されました。
  • システム:トランザクションはシステム プロセスによって実行されました。
  • Blob Storage 固有のディメンション

    ディメンション名 説明
    BlobType BLOB メトリックの BLOB の種類のみ。 サポートされる値は、BlockBlobPageBlobAzure Data Lake Storage です。 追加 BLOB は BlockBlob に含まれます。
    レベル Azure Storage からはさまざまなアクセス層が提供され、最もコスト効果の高い方法で BLOB オブジェクト データを格納できます。 詳細については、Azure Storage の BLOB 層に関する記事を参照してください。 サポートされる値は次のとおりです。

    Hot:ホット層
    Cool:クール層
    コールド: コールド層
    アーカイブ: アーカイブ層
    Premium:ブロック BLOB 用 Premium 層
    P4/P6/P10/P15/P20/P30/P40/P50/P60:Premium ページ BLOB 用の層の種類
    Standard:Standard ページ BLOB 用の層の種類
    Untiered:汎用 v1 ストレージ アカウントの層の種類

    メトリック サポート ディメンションの場合、対応するメトリック値を表示するには、ディメンション値を指定する必要があります。 たとえば、成功した応答の Transaction 値を確認する場合は、ResponseType ディメンション を Success でフィルター処理する必要があります。 ブロック BLOB の BlobCount 値を確認する場合は、BlobType ディメンションを BlockBlob でフィルター処理する必要があります。

    リソース ログ

    このセクションでは、このサービス用に収集できるリソース ログの種類を示します。 このセクションでは、Azure Monitor でサポートされているすべてのリソース ログ カテゴリの種類の 一覧から取得します

    Microsoft.Storage/storageAccounts/blobServices でサポートされているリソース ログ

    カテゴリ カテゴリの表示名 エクスポートのコスト
    StorageDelete ストレージの削除 はい
    StorageRead ストレージ読み取り はい
    StorageWrite ストレージ書き込み はい

    Azure Monitor ログ テーブル

    このセクションでは、このサービスに関連するすべての Azure Monitor ログ テーブルについて説明します。このテーブルは、Kusto クエリを使用して Log Analytics によるクエリに使用できます。

    このサービスでは、 Azure Diagnostics テーブルまたはその他の テーブルを使用して、リソース ログ情報を格納します。 関係する列を次に示します。

    次のセクションでは、Azure Monitor ログまたは Azure Storage で収集される Azure Storage リソース ログのプロパティについて説明します。 プロパティによって、操作、サービス、操作の実行に使用された承認の種類が示されます。

    操作を説明するフィールド

    {
        "time": "2019-02-28T19:10:21.2123117Z",
        "resourceId": "/subscriptions/12345678-2222-3333-4444-555555555555/resourceGroups/mytestrp/providers/Microsoft.Storage/storageAccounts/testaccount1/blobServices/default",
        "category": "StorageWrite",
        "operationName": "PutBlob",
        "operationVersion": "2017-04-17",
        "schemaVersion": "1.0",
        "statusCode": 201,
        "statusText": "Success",
        "durationMs": 5,
        "callerIpAddress": "192.168.0.1:11111",
        "correlationId": "ad881411-201e-004e-1c99-cfd67d000000",
        "location": "uswestcentral",
        "uri": "http://mystorageaccount.blob.core.windows.net/cont1/blobname?timeout=10"
    }
    
    プロパティ 説明
    time ストレージで要求が受信された協定世界時 (UTC) での時刻。 (例: 2018/11/08 21:09:36.6900118)。
    resourceId ストレージ アカウントのリソース ID。 例: /subscriptions/208841be-a4v3-4234-9450-08b90c09f4/resourceGroups/
    myresourcegroup/providers/Microsoft.Storage/storageAccounts/mystorageaccount/storageAccounts/blobServices/default
    category 要求された操作のカテゴリ。 例: StorageReadStorageWrite、またはStorageDelete
    operationName 実行された REST 操作の種類。
    操作の完全な一覧については、「ストレージ分析のログに記録された操作とステータスメッセージ」のトピックを参照してください。
    operationVersion 要求が行われたときに指定されたストレージ サービスのバージョン。 これは、x-ms-version ヘッダーの値と同じです (例: 2017-04-17)。
    schemaVersion ログのスキーマ バージョン (例: 1.0)。
    statusCode 要求の HTTP または SMB ステータス コード。 HTTP 要求が中断された場合、この値は Unknown に設定される可能性があります。
    例: 206
    statusText 要求された操作のステータス。 ステータス メッセージの完全な一覧については、「ストレージ分析のログに記録された操作とステータスメッセージ」のトピックを参照してください。 バージョン 2017-04-17 以降では、ステータス メッセージ ClientOtherError は使用されません。 代わりに、このフィールドにはエラー コードが含まれています。 例: SASSuccess
    durationMs 要求された操作の実行に要した合計の時間 (ミリ秒単位)。 これには、受信要求を読み取り、要求元に応答を送信する時間が含まれます (例: 12)。
    callerIpAddress ポート番号を含む要求元の IP アドレス (例: 192.100.0.102:4362)。
    correlationId リソース間でログを関連付けるために使用される ID (例: b99ba45e-a01e-0042-4ea6-772bbb000000)。
    location ストレージ アカウントの場所 (例: North Europe)。
    protocol 操作で使用されるプロトコル。 例: HTTPHTTPSSMBNFS
    uri 要求された Uniform Resource Identifier

    操作がどのように認証されたかを説明するフィールド

    {
        "identity": {
            "authorization": [
                {
                    "action": "Microsoft.Storage/storageAccounts/blobServices/containers/blobs/read",
                    "denyAssignmentId": "821ddce4-021d-4d04-8a41-gggggggggggg",
                    "principals": [
                        {
                            "id": "fde5ba15-4355-4223-b811-cccccccccccc",
                            "type": "User"
                        }
                    ],
                    "reason": "Policy",
                    "result": "Granted",
                    "roleAssignmentId": "ecf75cb8-491c-4a25-ad6e-aaaaaaaaaaaa",
                    "roleDefinitionId": "b7e6dc6d-f1e8-4753-8033-ffffffffffff",
                    "type": "RBAC"
                }
            ],
            "properties": {
                "metricResponseType": "Success",
                "objectKey": "/samplestorageaccount/samplecontainer/sampleblob.png"
               },
            "requester": {
                "appId": "691458b9-1327-4635-9f55-bbbbbbbbbbbb",
                "audience": "https://storage.azure.com/",
                "objectId": "fde5ba15-4355-4223-b811-cccccccccccc",
                "tenantId": "72f988bf-86f1-41af-91ab-dddddddddddd",
                "tokenIssuer": "https://sts.windows.net/72f988bf-86f1-41af-91ab-eeeeeeeeeeee/"
               },
            "type": "OAuth"
        },
    }
    
    
    プロパティ 説明
    identity / type 要求の作成に使用された認証の種類。
    例: OAuthKerberosSAS KeyAccount KeyAnonymous
    identity / tokenHash 要求で使用される認証トークンの SHA-256 ハッシュ。
    認証の種類が Account Key である場合、形式は "key1 | key2 (キーの SHA256 ハッシュ)" になります。
    (例: key1(5RTE343A6FEB12342672AFD40072B70D4A91BGH5CDF797EC56BF82B2C3635CE))。
    認証の種類が SAS Key である場合、形式は "key1 | key2 (キーの SHA 256 ハッシュ),SasSignature (SAS トークンの SHA 256 ハッシュ)" になります。
    (例: key1(0A0XE8AADA354H19722ED12342443F0DC8FAF3E6GF8C8AD805DE6D563E0E5F8A),SasSignature(04D64C2B3A704145C9F1664F201123467A74D72DA72751A9137DDAA732FA03CF))。 認証の種類が OAuth の場合、形式は "OAuth トークンの SHA 256 ハッシュ" になります。
    例: B3CC9D5C64B3351573D806751312317FE4E910877E7CBAFA9D95E0BE923DD25C
    その他の認証の種類では、tokenHash フィールドはありません。
    authorization / action 要求に割り当てられているアクション。
    認可 / denyAssignmentId 拒否の割り当てでアクセスが拒否された日付 (GUID 形式)。
    拒否の割り当ては、Azure Blueprints またはマネージド アプリケーションからのものである可能性があります。
    拒否の割り当ての詳細については、Azure 拒否割り当てについてをご覧ください
    認可 / 理由 要求の認可結果の理由。
    たとえば、PolicyNoApplicablePolicyMissingAttributes などがあります。
    認可 / 結果 要求の認可結果。
    例: Granted または Denied
    authorization / roleAssignmentId ロールの割り当て ID
    (例: 4e2521b7-13be-4363-aeda-111111111111)。
    authorization / roleDefinitionId ロール定義 ID
    (例: ba92f5b4-2d11-453d-a403-111111111111)。
    認可 / 種類 要求の認可結果のソース。
    例: RBAC または ABAC
    principals / id セキュリティ プリンシパルの ID
    (例: a4711f3a-254f-4cfb-8a2d-111111111111)。
    principals / type セキュリティ プリンシパルの種類
    (例: ServicePrincipal)。
    プロパティ / metricResponseType メトリック トランザクションからの応答。
    例については、ご使用のストレージ サービスの ResponseType メトリック ディメンションをご覧ください。
    blobs
    files
    queues
    tables
    プロパティ / objectKey アクセスするオブジェクトへのパス。
    (例: samplestorageaccount/container1/blob.png)。
    requester / appID 要求元として使用される Open Authorization (OAuth) アプリケーション ID
    (例: d3f7d5fe-e64a-4e4e-871d-333333333333)。
    requester / audience 要求の OAuth 対象ユーザー
    (例: https://storage.azure.com)。
    requester / objectId 要求元の OAuth オブジェクト ID。 Kerberos 認証の場合は、Kerberos で認証されたユーザーのオブジェクト識別子を表します
    (例: 0e0bf547-55e5-465c-91b7-2873712b249c)。
    requester / tenantId 識別子の OAuth テナント ID
    (例: 72f988bf-86f1-41af-91ab-222222222222)。
    requester / tokenIssuer OAuth トークン発行者
    (例: https://sts.windows.net/72f988bf-86f1-41af-91ab-222222222222/)。
    requester / upn 要求元のユーザー プリンシパル名 (UPN)
    (例: someone@contoso.com)。
    requester / userName このフィールドは、内部使用専用として予約されています。

    サービスを説明するフィールド

    {
        "properties": {
            "accountName": "testaccount1",
            "requestUrl": "https://testaccount1.blob.core.windows.net:443/upload?restype=container&comp=list&prefix=&delimiter=/&marker=&maxresults=30&include=metadata&_=1551405598426",
            "userAgentHeader": "Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/64.0.3282.140 Safari/537.36 Edge/17.17134",
            "referrerHeader": "blob:https://portal.azure.com/6f50025f-3b88-488d-b29e-3c592a31ddc9",
            "clientRequestId": "",
            "etag": "",
            "serverLatencyMs": 63,
            "serviceType": "blob",
            "operationCount": 0,
            "requestHeaderSize": 2658,
            "requestBodySize": 0,
            "responseHeaderSize": 295,
            "responseBodySize": 2018,
            "contentLengthHeader": 0,
            "requestMd5": "",
            "serverMd5": "",
            "lastModifiedTime": "",
            "conditionsUsed": "",
            "smbTreeConnectID" : "0x3",
            "smbPersistentHandleID" : "0x6003f",
            "smbVolatileHandleID" : "0xFFFFFFFF00000065",
            "smbMessageID" : "0x3b165",
            "smbCreditsConsumed" : "0x3",
            "smbCommandDetail" : "0x2000 bytes at offset 0xf2000",
            "smbFileId" : " 0x9223442405598953",
            "smbSessionID" : "0x8530280128000049",
            "smbCommandMajor" : "0x6",
            "smbCommandMinor" : "DirectoryCloseAndDelete"
        }
    }
    
    プロパティ 説明
    accountName ストレージ アカウントの名前。 (例: mystorageaccount)。
    requestUrl 要求された URL
    userAgentHeader 引用符で囲んだ User-Agent ヘッダー値 (例: WA-Storage/6.2.0 (.NET CLR 4.0.30319.42000; Win32NT 6.2.9200.0))。
    referrerHeader Referrer ヘッダー値 (例: http://contoso.com/about.html)。
    clientRequestId 要求の x-ms-client-request-id ヘッダー値 (例: 360b66a6-ad4f-4c4a-84a4-0ad7cb44f7a6)。
    etag 引用符で囲まれている、返されたオブジェクトの ETag 識別子 (例: 0x8D101F7E4B662C4)。
    serverLatencyMs 要求された操作の実行に要した合計の時間 (ミリ秒単位)。 この値には、ネットワークの遅延 (受信要求を読み取り、要求元に応答を送信する時間) は含まれません (例: 22)。
    serviceType この要求に関連付けられたサービス。 例: blobtablefilesqueue
    operationCount 要求に関連する、ログに記録された各操作の数。 このカウントはインデックス 0 で始まります。 要求によっては、複数の操作が必要になる場合があります。 ほとんどの要求では 1 つの操作だけが実行されます (例: 1)。
    requestHeaderSize 要求ヘッダーのサイズ (バイト単位) (例: 578)。
    要求が成功しなかった場合、この値は空になることがあります。
    requestBodySize ストレージ サービスによって読み取られた要求パケットのサイズ (バイト単位)
    (例: 0)。
    要求が成功しなかった場合、この値は空になることがあります。
    responseHeaderSize 応答ヘッダーのサイズ (バイト単位) (例: 216)。
    要求が成功しなかった場合、この値は空になることがあります。
    responseBodySize ストレージ サービスによって書き込まれた応答パケットのサイズ (バイト単位)。 要求が成功しなかった場合、この値は空になることがあります (例: 216)。
    requestMd5 要求の Content-MD5 ヘッダーまたは x-ms-content-md5 ヘッダーの値。 このフィールドに指定された MD5 ハッシュ値は、要求の内容を表します (例: 788815fd0198be0d275ad329cafd1830)。
    このフィールドは空になる場合があります。
    serverMd5 ストレージ サービスによって計算された MD5 ハッシュの値 (例: 3228b3cf1069a5489b298446321f8521)。
    このフィールドは空になる場合があります。
    lastModifiedTime 返されたオブジェクトの最終更新日時 (LMT) (例: Tuesday, 09-Aug-11 21:13:26 GMT)。
    複数のオブジェクトを返すことができる操作に対しては、このフィールドは空になります。
    conditionsUsed 条件を表すキーと値のペアをセミコロンで区切った一覧。 条件は次のいずれかになります。
  • If-Modified-Since
  • If-Unmodified-Since
  • If-Match
  • If-None-Match
    (例: If-Modified-Since=Friday, 05-Aug-11 19:11:54 GMT)。
  • contentLengthHeader ストレージ サービスに送信された要求の Content-Length ヘッダーの値。 要求が成功した場合、この値は requestBodySize と同じです。 要求が成功しなかった場合、この値は requestBodySize と同じ値にならないことや、空になることがあります。
    tlsVersion 要求の接続で使用される TLS のバージョン (例: TLS 1.2)。
    smbTreeConnectID ツリー接続時に確立したサーバー メッセージ ブロック (SMB) の treeConnectId。 例: 0x3
    smbPersistentHandleID ネットワーク再接続を維持する SMB2 CREATE 要求の永続的ハンドル ID。 MS-SMB2 2.2.14.1 では SMB2_FILEID.Persistent として参照されます。 例: 0x6003f
    smbVolatileHandleID ネットワーク再接続時に再利用される SMB2 CREATE 要求の揮発性ハンドル ID。 MS-SMB2 2.2.14.1 では SMB2_FILEID.Volatileとして参照されます。 例: 0xFFFFFFFF00000065
    smbMessageID 接続の相対的な MessageId。 例: 0x3b165
    smbCreditsConsumed 要求で消費されるイングレスまたはエグレス (64k 単位)。 例: 0x3
    smbCommandDetail 一般的な種類の要求ではなく、この特定の要求に関する詳細情報。 例: 0x2000 bytes at offset 0xf2000
    smbFileId ファイルまたはディレクトリに関連付けられている FileId。 NTFS FileId とほぼ同じです。 例: 0x9223442405598953
    smbSessionID セッションのセットアップ時に確立される SMB2 の SessionId。 例: 0x8530280128000049
    smbCommandMajor uint32 SMB2_HEADER.Command の値。 現在、これは 0 から 18 まで (両端を含む) の数値です。 例: 0x6
    smbCommandMinor 必要に応じて SmbCommandMajor のサブクラス。 例: DirectoryCloseAndDelete

    アクティビティ ログ

    リンク テーブルには、このサービスのアクティビティ ログに記録できる操作が一覧表示されます。 これは、アクティビティ ログで使用可能なすべてのリソース プロバイダー操作のサブセットです。

    アクティビティ ログ エントリのスキーマの詳細については、「アクティビティ ログ スキーマ」を参照してください