AzCopy v10 の構成設定 (Azure Storage)

AzCopy は、ストレージ アカウント間の BLOB またはファイル コピーに利用できるコマンドライン ユーティリティです。 この記事には、AzCopy v10 を構成するために使用できる環境変数の一覧が含まれています。

Note

AzCopy の使用の開始に役立つコンテンツを探している場合は、「AzCopy を使ってみる」を参照してください。

AzCopy v10 の環境変数

次の表では、各環境変数について説明し、その変数の使用に役立つコンテンツへのリンクを示します。

環境変数 説明
AWS_ACCESS_KEY_ID アマゾン ウェブ サービスのアクセス キー。 アマゾン ウェブ サービスで承認を行うためのキーを提供します。「AzCopy を使用して Amazon S3 から Azure Storage にデータをコピーする
AWS_SECRET_ACCESS_KEY アマゾン ウェブ サービスのシークレット アクセス キーによって、アマゾン ウェブ サービスで承認を行うための秘密鍵が提供されます。 AzCopy を使用して Amazon S3 から Azure Storage にデータをコピーする
AZCOPY_ACTIVE_DIRECTORY_ENDPOINT 利用する Azure Active Directory エンドポイント。 この変数は自動ログインにのみ使用されます。login コマンドを呼び出すときは、代わりにコマンド ライン フラグを使用してください。
AZCOPY_AUTO_LOGIN_TYPE この変数を DEVICEMSI、または SPN に設定します。 この変数を使用すると、azcopy login コマンドを使用せずに承認できます。 このメカニズムは、お使いのオペレーティング システムに Linux の "キーリング" などのシークレット ストアがない場合に役立ちます。 「シークレット ストアなしで承認する」を参照してください。
AZCOPY_BUFFER_GB ファイルをダウンロードおよびアップロードするときに AzCopy で使用するシステム メモリの最大量を指定します。 この値はギガバイト (GB) 単位で指定します。 「メモリ使用量を最適化する」を参照してください。
AZCOPY_CACHE_PROXY_LOOKUP 既定で、Windows 上の AzCopy では、プロキシ サーバーの参照はホスト名レベルでキャッシュされます (URL パスは考慮されません)。 このキャッシュを無効にするには、"true" 以外の任意の値に設定してください。
AZCOPY_CONCURRENCY_VALUE 同時に行える要求の数を指定します。 この変数を使用すると、スループットを向上させることができます。 コンピューターの CPU が 5 個未満の場合、この変数の値は 32 に設定されます。 それ以外の場合、既定値は CPU の数に 16 を掛けた数です。 この変数の最大の既定値は 3000 ですが、この値は手動で高い値または低い値に設定できます。 「コンカレンシーを向上させる」を参照してください。
AZCOPY_CONCURRENT_FILES 同時に転送を開始するファイルの数を制御することによって、同時に進行中となるファイルの (概算の) 数をオーバーライドします。
AZCOPY_CONCURRENT_SCAN スキャン中に使用される並列処理の (最大) 次数を制御します。 Azure Files または BLOB とローカル ファイル システムを含む、並列化された列挙子にのみ影響します。
AZCOPY_CONTENT_TYPE_MAP オペレーティング システムによって定義されている 1 つ以上の既定の MIME の種類のマッピングをオーバーライドします。 この変数を、いずれかのマッピングを定義する JSON ファイルのパスに設定します。 JSON ファイルの例の内容を次に示します。

{
  "MIMETypeMapping": {
    ".323": "text/h323",
    ".aaf": "application/octet-stream",
    ".aca": "application/octet-stream",
    ".accdb": "application/msaccess",
     }
}
AZCOPY_DEFAULT_SERVICE_API_VERSION AzCopy が Azure Stack などのカスタム環境に対応できるように、サービス API のバージョンをオーバーライドします。
AZCOPY_DISABLE_HIERARCHICAL_SCAN Azure BLOB がコピー元の場合にのみ適用されます。 同時スキャンの方が高速ですが、階層型一覧表示 API が使用されるため、IO またはコストが増加する可能性があります。 パフォーマンスを犠牲にしてコストを節約するには、"true" を指定します。
AZCOPY_JOB_PLAN_LOCATION ディスクがいっぱいにならないように、(進行状況の追跡と再開に使用される) ジョブ プラン ファイルの格納場所をオーバーライドします。
AZCOPY_LOG_LOCATION ディスクがいっぱいにならないように、ログ ファイルの格納場所をオーバーライドします。
AZCOPY_MSI_CLIENT_ID ユーザー割り当てマネージド ID のクライアント ID。 AZCOPY_AUTO_LOGIN_TYPEMSI に設定されている場合に使用します。 「シークレット ストアなしで承認する」を参照してください。
AZCOPY_MSI_OBJECT_ID ユーザー割り当てマネージド ID のオブジェクト ID。 AZCOPY_AUTO_LOGIN_TYPEMSI に設定されている場合に使用します。 「シークレット ストアなしで承認する」を参照してください。
AZCOPY_MSI_RESOURCE_STRING ユーザー割り当てマネージド ID のリソース ID。 「シークレット ストアなしで承認する」を参照してください。
AZCOPY_PACE_PAGE_BLOBS ページ BLOB のスループットを、サービスの制限に合わせて自動的に調整する必要があるかどうか。 既定値は true です。 無効にするには "false" に設定します
AZCOPY_PARALLEL_STAT_FILES ローカル ファイル システムをスキャンするときに、AzCopy によって並列 "スレッド" のファイル プロパティが検索されます。 スレッドは、AZCOPY_CONCURRENT_SCAN によって定義されたプールから取得されます。 これを true に設定すると、Linux でのスキャンのパフォーマンスが向上する場合があります。 Windows では不要であり、推奨もされていません。
AZCOPY_SHOW_PERF_STATES これを何らかに設定すると、画面上の出力には、状態別のチャンクの数が含まれます。
AZCOPY_SPA_APPLICATION_ID サービス プリンシパルのアプリ登録のアプリケーション ID。 AZCOPY_AUTO_LOGIN_TYPESPN に設定されている場合に使用します。 「シークレット ストアなしで承認する」を参照してください。
AZCOPY_SPA_CERT_PASSWORD 証明書のパスワード。 AZCOPY_AUTO_LOGIN_TYPESPN に設定されている場合に使用します。 「シークレット ストアなしで承認する」を参照してください。
AZCOPY_SPA_CERT_PATH 証明書ファイルへの相対または完全修飾パス。 AZCOPY_AUTO_LOGIN_TYPESPN に設定されている場合に使用します。 「シークレット ストアなしで承認する」を参照してください。
AZCOPY_SPA_CLIENT_SECRET クライアント シークレット。 AZCOPY_AUTO_LOGIN_TYPESPN に設定されている場合に使用します。 「シークレット ストアなしで承認する」を参照してください。
AZCOPY_TENANT_ID OAuth デバイス対話型ログインに使用する Azure Active Directory テナント ID。 この変数は自動ログインにのみ使用されます。login コマンドを呼び出すときは、代わりにコマンド ライン フラグを使用してください。
AZCOPY_TUNE_TO_CPU (ベンチマーク コマンドなどで) コンカレンシー レベルを自動調整するときに AzCopy で CPU 使用率が考慮されないようにするには、false に設定します。
AZCOPY_USER_AGENT_PREFIX 既定の AzCopy ユーザー エージェントにプレフィックスを追加します。これはテレメトリの目的で使用されます。 スペースが自動的に挿入されます。
GOOGLE_APPLICATION_CREDENTIALS サービス アカウント キー ファイルへの絶対パスによって、Google Cloud Storage での承認を行うためのキーが提供されます。 AzCopy を使用して Google Cloud Storage から Azure Storage にデータをコピーする (プレビュー)
HTTPS_PROXY AzCopy のプロキシ設定を構成します。 この変数は、プロキシ IP アドレスとプロキシ ポート番号に設定します。 たとえば、「 xx.xxx.xx.xxx:xx 」のように入力します。 Windows で AzCopy を実行すると、AzCopy によって自動的にプロキシ設定が検出されるため、Windows でこの設定を使用する必要はありません。 Windows でこの設定を使用することを選択した場合は、自動検出がオーバーライドされます。 「プロキシ設定の構成」を参照してください。

プロキシ設定の構成

AzCopy v10 のプロキシ設定を構成するには、HTTPS_PROXY 環境変数を設定します。 Windows で AzCopy を実行すると、AzCopy によって自動的にプロキシ設定が検出されるため、Windows でこの設定を使用する必要はありません。 Windows でこの設定を使用することを選択した場合は、自動検出がオーバーライドされます。

オペレーティング システム コマンド
Windows コマンド プロンプトでは、set HTTPS_PROXY=<proxy IP>:<proxy port> を使用します
PowerShell では、$env:HTTPS_PROXY="<proxy IP>:<proxy port>" を使用します
Linux export HTTPS_PROXY=<proxy IP>:<proxy port>
macOS export HTTPS_PROXY=<proxy IP>:<proxy port>

現在のところ、AzCopy は、NTLM または Kerberos による認証を必要とするプロキシをサポートしていません。

プロキシのバイパス

Windows で AzCopy を実行していて、プロキシを使用しないように (設定の自動検出ではなく) 指定する場合、次のコマンドを使用します。 これらの設定を使用すると、AzCopy はプロキシを検索したり、使用したりしません。

オペレーティング システム 環境 コマンド
Windows コマンド プロンプト (CMD) set HTTPS_PROXY=dummy.invalid
set NO_PROXY=*
Windows PowerShell $env:HTTPS_PROXY="dummy.invalid"
$env:NO_PROXY="*"

他のオペレーティング システムでは、プロキシを使用しない場合は HTTPS_PROXY 変数の設定を解除してください。

関連項目