クイックスタート: Azure ファイル共有を作成して使用する

Azure Files は、Microsoft の使いやすいクラウド ファイル システムです。 Windows、Linux、macOS オペレーティング システムで Azure ファイル共有をマウントできます。 この記事では、Azure portal、Azure CLI、または Azure PowerShell のいずれかを使用して SMB Azure ファイル共有を作成する方法について説明します。

適用対象

このクイックスタートは SMB Azure ファイル共有にのみ適用されます。 Standard SMB ファイル共有および Premium SMB ファイル共有では、ローカル冗長ストレージ (LRS) とゾーン冗長ストレージ (ZRS) がサポートされます。 Standard ファイル共有では、geo 冗長ストレージ (GRS) オプションと geo ゾーン冗長ストレージ (GZRS) オプションもサポートされます。 詳細については、「Azure Storage の冗長性」を参照してください。

ファイル共有の種類 SMB NFS
Standard ファイル共有 (GPv2)、LRS/ZRS はい いいえ
Standard ファイル共有 (GPv2)、GRS/GZRS はい いいえ
Premium ファイル共有 (FileStorage)、LRS/ZRS はい いいえ

作業の開始

Azure サブスクリプションをお持ちでない場合は、開始する前に 無料アカウント を作成してください。

ストレージ アカウントの作成

ストレージ アカウントは、Azure ファイル共有またはその他のストレージ リソース (BLOB やキューなど) をデプロイできるストレージの共有プールです。 1 つのストレージ アカウントに格納できる共有の数に制限はありません。 1 つの共有に格納できるファイルの数に制限はなく、ストレージ アカウントの容量の上限までファイルを格納できます。

Azure portal を使ってストレージ アカウントを作成するには:

  1. [Azure サービス] で、 [ストレージ アカウント] を選択します。

  2. [+ Create] を選択してストレージ アカウントを作成します。

  3. [プロジェクトの詳細] で、ストレージ アカウントを作成する Azure サブスクリプションを選びます。 利用しているサブスクリプションが 1 つだけの場合は、それが既定値となります。

  4. 新しいリソース グループを作成する場合は、[新規作成] を選択し、「myexamplegroup」などの名前を入力します。

  5. [インスタンスの詳細] で、ストレージ アカウントの名前を指定します。 グローバルに一意の名前にするために、いくつかの乱数を追加する必要がある場合があります。 ストレージ アカウント名は、すべて小文字と数字で、3 から 24 文字にする必要があります。 ストレージ アカウント名をメモしておきます。 これは後で使用します。

  6. [リージョン] で、ストレージ アカウントを作成するリージョンを選択します。

  7. [パフォーマンス] では、既定値の [Standard] を選択したままにします。

  8. [冗長] では [ローカル冗長ストレージ (LRS)] を選びます。

    Azure portal を使用してストレージ アカウントのプロジェクトとインスタンスの詳細を入力する方法を示すスクリーンショット。

  9. [確認] を選択して設定を確認します。 Azure で最終的な検証が実行されます。

  10. 検証が完了したら、[作成] を選択します。 デプロイが進行中であることを示す通知が表示されます。

Azure ファイル共有を作成する

Azure ファイル共有を作成するには:

  1. ダッシュボードからストレージ アカウントを選択します。

  2. ストレージ アカウント ページの [サービス] セクションで、[ファイル] を選択します。

    ストレージ アカウントの [データ ストレージ] セクションのスクリーンショット。[ファイル共有] を選択します。

  3. [File サービス] ページの上部にあるメニューで、[+ File share] をクリックします。 [新しいファイル共有] ページが表示されます。

  4. [名前] で、「myshare」と入力します。 [レベル] では [トランザクションが最適化されました] をオンのままにします。

  5. [作成] を選択して、Azure ファイル共有を作成します。

共有名は、すべて小文字の英字、数字、単一ハイフンにする必要があります。ただし、最初にハイフンを使用することはできません。 ファイル共有とファイルの名前付けの詳細については、「 共有、ディレクトリ、ファイル、およびメタデータの名前付けおよび参照」を参照してください。

ディレクトリを作成する

Azure ファイル共有のルートで myDirectory という名前の新しいディレクトリを作成するには:

  1. [ファイル共有の設定] ページで、myshare ファイル共有を選びます。 ファイル共有のページが開き、"ファイルが見つからない" ことが示されます。
  2. ページ上部のメニューで、[+ ディレクトリの追加] を選択します。 [新しいディレクトリ] ページが表示されます。
  3. myDirectory」と入力し、[OK] を選択します。

ファイルをアップロードする

まず、アップロードするファイルを作成または選択する必要があります。 これは、必要に応じた方法で実行します。 アップロードするファイルを決定したら、次の手順に従います。

  1. myDirectory ディレクトリを選択します。 myDirectory パネルが開きます。

  2. 上部のメニューで、[アップロード] を選択します。 [ファイルのアップロード] パネルが開きます。

    [ファイルのアップロード] パネルのスクリーンショット

  3. フォルダー アイコンを選択して、ローカル ファイルを参照するためのウィンドウを開きます。

  4. ファイルを選択して、 [開く] を選択します。

  5. [ファイルのアップロード] ページで、ファイル名を確認して [アップロード] を選択します。

  6. 完了したら、ファイルが myDirectory ページの一覧に表示されます。

ファイルをダウンロードする

ファイルを右クリックして [ダウンロード] を選ぶと、アップロードしたファイルのコピーをダウンロードできます。 正確なエクスペリエンスは、使用しているオペレーティング システムとブラウザーによって異なります。

リソースをクリーンアップする

作業が終わったら、リソース グループを削除できます。 リソース グループを削除すると、ストレージ アカウント、Auzre ファイル共有、およびリソース グループ内にデプロイしたリソースがすべて削除されます。

  1. [ホーム] を選択し、[リソース グループ] を選択します。
  2. 削除するリソース グループを選択します。
  3. [リソース グループの削除] を選択します。 ウィンドウが開き、リソース グループと共に削除されるリソースに関する警告が表示されます。
  4. リソース グループの名前を入力し、[削除] を選択します。

次のステップ